クレアチンリン酸

出典: meddic

ホスホクレアチン
[[]]
ホスホクレアチン


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/08/11 05:29:56」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

関連リンク

クレアチンは筋肉に運ばれるとクレアチンリン酸となって貯蔵され、急激な運動などによって筋肉におけるATPが不足した場合、リン酸基をはずしてADPからATPを再生する。ここで生じたクレアチンの一部はクレアチニンとなって腎臓を ...
クレアチンリン酸 くれあちんりんさん クレアチンのグアニジン基がリン酸化された化合物で、アルギニンリン酸と同様フォスファーゲンとよばれる高エネルギーリン酸化合物の一つである。クレアチンリン酸の化学式は 図 のように ...
クレアチンはアルギニン、グリシンおよびメチオニンの3種類のアミノ酸から作られるものです。体内のクレアチンは、95%が骨格筋内に存在し、肝臓、腎臓、膵臓で合成されます。体内のクレアチンの約60%はクレアチンリン酸(PCr ...

関連画像

クレアチンリン酸は クレアチンリン酸クレアチンとクレアチンリン酸 nutrition0702-thumb-1200x1200-3012.jpgjp_kreatin_im_koerper_1.gifクレアチンリン酸


★リンクテーブル★
リンク元phosphocreatine」「ホスホクレアチン
関連記事リン」「クレアチン」「

phosphocreatine」

  [★] クレアチンリン酸ホスホクレアチン

WordNet   license wordnet

「an organic compound of creatine and phosphoric acid; found in the muscles of vertebrates where its hydrolysis releases energy for muscular contraction」
creatine phosphate, creatine phosphoric acid

ホスホクレアチン」

  [★]

phosphocreatine
クレアチンリン酸 creatine phosphate




リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





クレアチン」

  [★]

creatine (K)
メチルグリコシアミン methylglycocyamine
クレアチニン尿クレアチン


意義

  • 肝臓で産生され、脳や筋肉内でATPのリザーバーとして機能する。組織中で再利用されており、不要となったものはクレアチニンに変換され末梢血に出現する。従ってクレアチンの尿中への排出はほとんどないが、筋疾患など存在する場合には、崩壊した筋からの(大量の?)クレアチンが尿中に排出される。よって、尿クレアチンは筋崩壊の指標となる、と思う。

検査

  • 性差あり。女性>男性

検体



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡