ガストリン受容体

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • CCK_B/ガストリン受容体拮抗薬Z-360の慢性逆流性食道炎モデルに対する効果
  • 鵜川 英樹,森田 仁,堀 裕子,三浦 直良,米田 智幸,栗本 忠,伊藤 漸
  • 実験潰瘍 = ULCER RESEARCH 30(1), 56-59, 2003-05-20
  • NAID 10012090341
  • 新規ガストリン受容体拮抗薬Z-360の各種刺激胃酸分泌および実験潰瘍モデルに対する効果
  • 鵜川 英樹,森田 仁,堀 裕子,三浦 直良,米田 智幸,栗本 忠,伊藤 漸
  • 実験潰瘍 = ULCER RESEARCH 29(2), 175-178, 2002-09-20
  • NAID 10012578293

関連リンク

抗コリン作用を示します。ヒスタミン産生細胞のM 1 受容体を選択的に遮断することにより ... プログルミドは、抗ガストリン薬です。胃酸を生成する壁細胞などのガストリン受容体を遮断することで
3)ガストリン受容体⇒ガストリン刺激→細胞内Ca 2+ 濃度上昇→protein kinase 活性化 ②プロトンポンプ H +-K + ATPase活性化により、H +-K + ポンプが作動し、H + が分泌。 胃粘膜防御機構 胃粘膜は常に塩酸・ペプシン・活性酸素など ...
抗ガストリン薬 ガストリン受容体拮抗作用+G細胞のガストリン放出を抑制する。抗ガストリン作用による胃酸の分泌抑制、表面麻酔薬として局所麻酔作用(マイスナー神経叢の内在性知覚ニューロン終末の局所麻酔による求心性の ...

関連画像

セクレチンにより、胃の運動 プロトンポンプ阻害剤 細胞には、 ガストリン受容体 ザンタック(ラニチジン)の


★リンクテーブル★
拡張検索ガストリン受容体拮抗薬
関連記事受容体」「ガストリン」「リン」「受容」「

ガストリン受容体拮抗薬」

  [★]

ガストリン受容体


受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

ガストリン」

  [★]

gastrin
消化管ホルモン

概念

  • 胃粘膜に存在し胃酸分泌を刺激する消化管ホルモンの代表で、胃分泌の胃相を司る情報伝達物質。

分類

性状

  • ポリペプチド 17aa

産生組織

標的組織

  • 胃:胃体部壁細胞ガストリン受容体

受容体

  • ガストリン受容体

作用

  • 食道のLES:収縮 (SP.720)
  • 胃の壁細胞:H+分泌↑
  • 粘液産生細胞:粘液層増強 (First Aid step 1 p.269)
  • 腸クロム親和性細胞からのヒスタミンの放出 (Q book p.103)
  • 主細胞からのペプシノゲン分泌 (Q book p.103)
  • 胃:運動性↑ (First Aid step 1 p.269)。血流↑ (Q book p.103)
  • (胆汁の分泌に関して?)胆嚢を収縮させる。作用は弱い (SP.706)

分泌の調節

YN.A-11

  • 胃の拡張
  • アミノ酸・ペプチド

分子機構

生合成

基準値

  • 血清ガストリン濃度:30-150pg/ml

臨床関連



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡