カルモジュリン依存性キナーゼ

出典: meddic

calmodulin-dependent protein kinaseCaM kinase
カルモジュリンキナーゼカルモジュリン依存性プロテインキナーゼCaMキナーゼカルシウム・カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腎尿細管細胞のK+チャネル活性と細胞内Ca2+調節に対するCa2+/カルモジュリン依存性キナーゼおよびフォスファターゼの機能的相互作業
  • 久保川 学,中村 一芳,駒切 洋
  • 岩手医学雑誌 63(4), 209-218, 2011-10-01
  • NAID 110008665522
  • ラット卵子の活性化時におけるカルモジュリン依存性キナーゼ(CaMKII)の制御
  • 伊藤 潤哉,金子 涼輔,平林 真澄
  • The Journal of reproduction and development 52(3), 439-447, 2006-06-01
  • 卵子の活性化には細胞内Ca(2+)イオンの上昇が必要でありCaMKIIがこの過程に重要な役割を果たすことは知られている。しかしCaMKIIの制御機構についてはあまり明らかにされていない。本研究では、ラット卵子の活性化時におけるCaMKIIの制御機構について検討した。その結果、電気パルスで処理した卵子では、培養時間の経過に伴いCaMKIIのリン酸化および極体の放出が誘起された。一方CaMKII抑制剤 …
  • NAID 10020352425

関連画像

Download]Download]ca2 カルモジュリン 依存 性 Download] カルモジュリン依存性キナーゼ ン依存性タンパク質キナーゼ


★リンクテーブル★
先読みカルモジュリンキナーゼ
リンク元calmodulin-dependent protein kinase」「カルシウム・カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ」「CaM kinase」「カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ
拡張検索カルモジュリン依存性キナーゼI」「カルモジュリン依存性キナーゼIV」「カルモジュリン依存性キナーゼII」「カルシウムカルモジュリン依存性キナーゼ」「Ca2+カルモジュリン依存性キナーゼ
関連記事リン」「依存」「キナーゼ」「依存性」「依存性キナーゼ

カルモジュリンキナーゼ」

  [★]

calmodulin kinase, CaM-kinase
カルモジュリン


calmodulin-dependent protein kinase」

  [★]

カルモジュリン依存性プロテインキナーゼカルモジュリン依存性キナーゼ

calcium-calmodulin-dependent protein kinasecalmodulin kinaseCaM kinaseCaMK


カルシウム・カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ」

  [★]

calcium-calmodulin-dependent protein kinase
カルモジュリンキナーゼカルモジュリン依存性キナーゼカルシウムカルモジュリン依存性キナーゼ


CaM kinase」

  [★]

カルモジュリンキナーゼカルモジュリン依存性キナーゼCaMキナーゼ

calmodulin kinasecalmodulin-dependent protein kinaseCaMK


カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ」

  [★]

calmodulin-dependent protein kinaseCaMK
カルモジュリンキナーゼカルモジュリン依存性キナーゼ


カルモジュリン依存性キナーゼI」

  [★]

calmodulin-dependent protein kinase ICaM kinase I
カルシウム・カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ1型カルモジュリンキナーゼIカルモジュリン依存性プロテインキナーゼICaMキナーゼI


カルモジュリン依存性キナーゼIV」

  [★]

calmodulin kinase IV、CaM KIV
カルモジュリン依存性プロテインキナーゼIVカルモジュリンキナーゼIVCaMキナーゼIV


カルモジュリン依存性キナーゼII」

  [★]

CaM kinase II
CaMキナーゼIIカルモジュリン依存性プロテインキナーゼIIカルモジュリンキナーゼII


カルシウムカルモジュリン依存性キナーゼ」

  [★]

calcium-calmodulin-dependent protein kinase
カルシウム・カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ


Ca2+カルモジュリン依存性キナーゼ」

  [★]

Ca2+-calmodulin-dependent protein kinase


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






依存」

  [★]

dependence
薬物依存麻薬中毒


依存の3要素

  • 1. 身体依存:精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態。身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる
  • 2. 精神依存:精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求
  • 3. 耐性  :精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態


キナーゼ」

  [★]

kinase
カイネースリン酸化酵素 phosphoenzyme phosphotransferase


依存性」

  [★]

dependencydependent
依存依存的依存型依存度


依存性キナーゼ」

  [★]

dependent kinase
依存性リン酸化酵素




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1pud 16
2Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
3ミタゾラム 効果 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 13
6多毛日本 12
7user/password 11
8user/register 10
9cefpodoxime proxetil BCS 8
10日常生活自立度 7
11盲斑 7
12ラクテック 7
131,320,568,24 HTTP/1.1 7
14サイズの原理 筋電図 5
15ルリッシュ症候群 5
16Salivary glands 5
17viraldeath解剖 5
18脳卒中リハ 阻害因子 5
19 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
20?mesterolon? Britain 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1ラクテック 4
2視床下部 3
3感染症法 3
4骨盤死腔炎とは 3
5ホスホセリン 3
6選択的iga欠損症 3
7砂粒小体 2
8先天性橈尺骨癒合症症状 2
91,1024,768,24 HTTP/1.1 2
10腸管穿孔 ハルトマン 2
11エコーウイルス 2
12胃毛細血管拡張症 2
13呼吸補助筋 2
14CD56 γδ T細胞 2
15健康指標 2
16user/register 2
17ローゼンミュラーか 1
18胃癌 ボーマン 1
19ウログラフィン 1
20再興感染症 一覧 1