エステラーゼ

出典: meddic

esterase



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/15 16:06:39」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • パーキンソン病の非運動症状 : 認知機能障害 (特集 パーキンソン病の最新情報)
  • 日本医師会雑誌 = The Journal of the Japan Medical Association 144(8), 1619-1622, 2015-11
  • NAID 40020654473
  • リバスチグミン (特集 まるごと解説! 認知症の薬物療法) -- (認知症治療薬の特徴と使い方)
  • 月刊薬事 = The pharmaceuticals monthly 57(11), 1807-1814, 2015-10
  • NAID 40020609817
  • ガランタミン (特集 まるごと解説! 認知症の薬物療法) -- (認知症治療薬の特徴と使い方)
  • 月刊薬事 = The pharmaceuticals monthly 57(11), 1801-1805, 2015-10
  • NAID 40020609815

関連リンク

デジタル大辞泉 エステラーゼの用語解説 - エステルを酸とアルコールに加水分解する酵素の総称。リパーゼなど。 ... この辞書の凡例を見る 監修:松村明 編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
A.エステラーゼNaF阻害試験 図1 骨髄(ヒト)α-NB/NaF阻害試験 骨髄(ヒト)α-NB/NaF阻害試験 (左)α-NB法にて病的単球に強陽性(茶褐色)を呈したAMoL(M5b)例. (右)NaFを添加したα-NB法では、その陽性色は明らかに ...
エステラーゼの意味は?goo辞書は無料で使える日本最大級の辞書サービスです。国語辞典、英和辞典、和英辞典、類語辞典、中国語辞典、百科事典などを提供しています。 ... コリンエステラーゼ阻害剤 コリンエステラーゼ阻害剤 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みリパーゼ
リンク元白血球」「α1アンチトリプシン」「特異的エステラーゼ」「esterase」「エステル分解酵素
拡張検索偽コリンエステラーゼ」「非特異的エステラーゼ」「ブチリルコリンエステラーゼ」「エステラーゼ反応」「ホスホジエステラーゼIII阻害薬
関連記事エス

リパーゼ」

  [★]

lipase
グリセロールエステルヒドロラーゼ glycerol ester hydrolase脂肪分解酵素 lipolytic enzyme
コリパーゼ


判別

検査の本

36IU/L以下(減少)

161-500IU/L(増加)

500IU/L以上(高度増加)

参考

  • 1.
[display]http://www5.mediagalaxy.co.jp/meito/kaseihin/lipase/jlip.html
  • 2.
[display]http://www.cmcbooks.co.jp/user_data/pdf/bp09111.pdf



白血球」

  [★]

leukocyte, leucocyte (Z), white blood cell (Z), WBC, white corpuscle, white cell
赤血球血球血液

白血球

基準値

  • 4000-9000 (/μl) (2007前期解剖学授業プリント)
異常値の出るメカニズム第5版
  • 5000- 8400 (/μl) (健常者の2/3)
  • 4500-11000 (/μl) (95%範囲)

年齢との関連

生理的な変動

  • 精神的ストレス↑  → 交感神経の刺激により好中球の血管壁遊離が促進されるため
  • 午前↓、午後↑

基準値

  07解 異メ 流マ HIM.A-1
顆粒球 好中球 桿状核球 40~70 44~66 40~60 4~14 0~5
分葉核球 43~59 40~70
好酸球 2~4 0~ 4 2~4 0~6
好塩基球 0~2 0~0.5 0~2 0~2
無顆粒球 リンパ球 25~40 30~38 26~40 20~50
単球 3~6 0~ 5 3~6 4~8
  • 07解: 2007前期解剖学授業プリント
  • 異メ: 異常値の出るメカニズム第5版 p.91
  • 流マ: 流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.10

血管外滲出 extravasation (SMB.37 BPT.37)

(margination)

  • 1. 赤血球は軽く早く流れるので血管の中央をながれ、白血球は血管のへりを流れている

(rolling)

  • 2. IL-1, TNFで血管内皮細胞が活性化し、血管内腔にE-selectinを発現する
  • 3. P-selectinヒスタミントロンビンの働きにより、血管内腔に発現する
  • 4. 白血球と血管内皮細胞の接着分子で接着することで、白血球がrollingを始める
  • 3. 次第にselectinによる接着はdown regulateされる

(adheresion & arrested)

(transmigration)

  • 6. 白血球と血管内皮細胞に発現しているPECAM-1(CD31)がお互い接着し、白血球が血管内皮細胞の間隙を通って細胞外マトリックスに入る
血管内皮細胞   白血球
Rolling
E-selectin 糖鎖(SLex)
P-selectin 糖鎖
糖鎖(GlyCAM-1)(=CD34) L-selectin
Adhestion
ICAM-1 LFA-1 integlin(CD11a/CD18), Mac-1 integlin(CD11b/CD18)
VCAM-1 VLA-1 integlin
transmigration
PECAM-1(CD31) PECAM-1(CD31)

白血球の染色

  • 好酸性:赤く染まる→ヘモグロビン
  • 好塩基性:青く染まる→リボソーム、核内のヒストン蛋白
  • 好酸性でも好塩基性でもない:淡いピンクに染まる
  • MPOをもつ:顆粒球(前骨髄球~分葉核球)、単球(前単球~単球)
  • MPOをもたない:リンパ球系細胞
  • 好中球:長鎖エステルを分解
  • 単球:短鎖エステルを分解

関節液

  •   炎症 感染
  • 200 2000 20000
  • 500 5000 50000

臨床関連

白血球のインテグリンが欠損または減少する先天性疾患
反復性の細菌皮膚感染
  • SIRSの診断基準:<4,000/ul or >12,000/ul




α1アンチトリプシン」

  [★]

alpha 1-antitrypsin, α1-antitrypsin, α1-AT AAT


  • 基準値
  • 94-150 mg/dl (CRM470を基準とした免疫測定。TIA、ネフェロメトリー。臨床検査法提要第32版 p.486)
  • α1アンチトリプシンの変異と肺気腫や肝疾患と関連が注目されている

臨床関連


特異的エステラーゼ」

  [★]

specific esterase
エステラーゼ染色エステラーゼ特異的エステラーゼ染色


esterase」

  [★] エステラーゼエステル加水分解酵素エステル分解酵素


エステル分解酵素」

  [★]

esterase
エステラーゼエステル加水分解酵素


偽コリンエステラーゼ」

  [★]

pseudocholinesterase
偽ChEアシルコリン・アシルヒドロラーゼ acetylcholine acylhydrolase偽性コリンエステラーゼ
butyrylcholinesterase
[show details]
ChE pseudocholinesterase



臨床関連

  • 偽コリンエステラーゼの血中濃度は肝障害時に減少するので、肝機能の検査項目に加えられている (SPC.156)
低値:肝硬変肝炎、有機リン系農薬中毒



非特異的エステラーゼ」

  [★]

non-specific esterase
エステラーゼ染色エステラーゼ非特異的エステラーゼ染色



ブチリルコリンエステラーゼ」

  [★]

butyrylcholinesterase
BuChE
偽コリンエステラーゼ pseudocholinesterase


エステラーゼ反応」

  [★]

esterase reaction
esterase反応
エステラーゼ染色


ホスホジエステラーゼIII阻害薬」

  [★] ホスホジエステラーゼ3阻害薬


エス」

  [★]

id
Es
イド
リビドー


  • フリードリヒ・ニーチェが使用し、ゲオルグ・グロデック(Georg・Groddeck)の『エスとの対話』("Gesellschaft")などで使われた用語で、彼と交流があったジークムント・フロイトが採用した精神分析学用語ともなった。(なお、1953年にジェイムズ・ストレイチーによるフロイト翻訳全集の英訳の際、エスはイド(ラテン語)と訳されアメリカ系の精神分析学で流布された。)自我参照。(wikipedia jaより)

参考





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡