ウリジン

出典: meddic

uridine Urd
ウラシル




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/03/07 05:50:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 原発性痛風患者におけるインスリン抵抗性と血漿ウリジンの検討
  • 高橋 澄夫,堤 善多,奥田 千尋,井野口 卓,華 常祥,森脇 優司,波田 壽一,山本 徹也
  • 痛風と核酸代謝 = Gout and nucleic acid metabolism 34(1), 31, 2010-07-01
  • NAID 10026550541
  • ヌクレオシドの合成化学から抗ウイルス剤の創生へ
  • 田中 博道,早川 弘之,原口 一広 [他]
  • 昭和大学薬学雑誌 1(2), 109-125, 2010-12
  • NAID 40018735982

関連リンク

ウリジン(Uridine)は、ピリミジンヌクレオシドの1つでウラシルがリボース環にβ-N1- グリコシド結合で接続した構造をもつ物質〈ヌクレオチド参照〉である。 RNAの構成成分 の一つである。一方ウラシルがデオキシリボース環に接合しているものは、デオキシ ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みUrd」「ウラシル
リンク元チミン」「U」「ジヒドロウリジン
拡張検索5-フルオロデオキシウリジン」「イドクスウリジン」「シュードウリジン」「フロクスウリジン
関連記事リジン

Urd」

  [★]

WordNet   license wordnet

「goddess of fate: a giantess who personified the past」
Urth

ウラシル」

  [★]

uracil Ura
2,4(1H,3H)-ピリミジンジオン 2,4(1H,3H)-pyrimidinedione


チミン」

  [★]

thymine Thy
5-メチルウラシル 5-methyluracil
ピリミジン塩基核酸

派生化合物 FB.29

  プリン塩基 ピリミジン塩基
塩基 アデニン グアニン シトシン チミン ウラシル
Ade Gua Cyt Thy Ura
A G C T U
ヌクレオシド アデノシン グアノシン シチジン デオキシチミジン ウリジン
Ado Guo Cyd dThd Urd
A G C dT U
ヌクレオチド   アデニル酸 グアニル酸 シチジル酸 デオキシチミジル酸 ウリジル酸
アデノシン一リン酸 グアノシン一リン酸 シチジン一リン酸 デオキシチミジン一リン酸 ウリジン一リン酸
for DNA dAMP dGMP dCMP dTMP  
for RNA AMP GMP CMP   UMP




U」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 21st letter of the Roman alphabet」
u

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「uraniumの化学記号」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「上流の,上流階級にふさわしい / (映画が)児童観覧用の」


ジヒドロウリジン」

  [★]

dihydrouridine
ウリジン


5-フルオロデオキシウリジン」

  [★]

5-fluorodeoxyuridine, FUdR
フロクスウリジン floxuridine, 5-フルオロデオキシウリジン 5-fluoro-2′-deoxyuridine 5-FUdR


  • 抗悪性腫瘍薬



イドクスウリジン」

  [★]

idoxuridine
IDU眼軟膏、IDU点眼液
抗ウイルス薬



シュードウリジン」

  [★]

pseudouridine
Ψ, ψrd
プソイドウリジン



フロクスウリジン」

  [★] 5-フルオロデオキシウリジン

リジン」

  [★]

lysine, Lys, K ≠ ricin
リシン
アミノ酸アルギニンヒスチジン
  • 極性、塩基性
  • 側鎖
 -CH2-CH2-CH2-CH2-NH2
   α  β  γ  ε >εアミノ基を有する。即ち、側鎖には炭素が4つ含まれる。
  • ヒストンにLysが豊富なこと、Lysのεアミノ基がアセチル化を受けると正電荷が失われる。-NH-CO-CH3






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡