ウイルス性肺炎

出典: meddic

viral pneumonia
ウイルス肺炎


マイコプラズマ肺炎

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 重症ウイルス性肺炎とその治療 (特集 重症呼吸器感染症とその診療)
  • 重症肺炎,感染症 (特集 ステロイド薬(含吸入薬)の基礎と呼吸器疾患への臨床応用)
  • インフルエンザによるARDS : 新型インフルエンザ,鳥インフルエンザ(H5,H7) (特集 種々の疾患におけるARDS)

関連リンク

ウイルス性肺炎。ウイルス性肺炎とはどんな病気か ウイルスによる肺の病気は「かぜ 症候群」として広く知られています。その多くは自然に治癒しますが、なかには下気道へ と進展し肺炎を合併することがあります。 肺炎の原因には、( gooヘルスケア 家庭の ...

関連画像

ウイルス性肺炎(16 ウイルス 性 肺炎 22 抗生物質 ウイルス性肺炎(ヒトメタニ ウイルス性肺炎(22)(抗生物質 ウイルス性肺炎(17 ウイルス性肺炎?(14)


★リンクテーブル★
国試過去問098A003
リンク元ウイルス肺炎
関連記事肺炎」「ウイルス」「

098A003」

  [★]

  • 生後24日の新生児。在胎27週、968gで出生。Apgarスコア6点(1分)、7点(5分)。
  • 出生後からチアノーゼとうめき声とがあり、陥没呼吸を認めた。呼吸数54回/分。ただちに気管内挿管し、人工換気を開始した。生後1日の血清IgM値は50mg/dl(基準0~20)。20日目で人工換気を中止し、酸素投与のみで経過をみた。
  • 抜管後、症状は4日間は落ちついていたが、次第に喘鳴が聴取されるようになった。
  • 生後24日の白血球12,000、CRP0.1mg/dl(基準0.3以下)。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 生後24日の状態で考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 098A002]←[国試_098]→[098A004

ウイルス肺炎」

  [★]

viral pneumonia
ウイルス性肺炎


肺炎」

  [★]

pneumonia pneumonitis

疫学

  • 日本の肺炎の受療率は人口10万対3、死亡率は人口10万対7。死因順位は第4位である。
  • 受療率・罹患率共に高齢になるに従い急激に増加し、85歳以上の男性では死因第2位、90歳以上の男性では死因第1位となる(ガイドライン1)。
  • 死亡者の95%以上が高齢者である。
年代と病原体
乳児 RSウイルス インフルエンザウイルス 肺炎球菌 インフルエンザ菌  
小児 RSウイルス インフルエンザウイルス 肺炎球菌 クラミジア・ニューモニエ マイコプラズマ・ニューモニエ
青年期 肺炎球菌 インフルエンザ菌 マイコプラズマ・ニューモニエ    
成人 肺炎球菌 インフルエンザ菌      
高齢者 肺炎球菌 インフルエンザ菌 レジオネラ・ニューモニエ インフルエンザウイルス  

日本における肺炎の年齢階級別受療率と死亡率(人口10 万対,2002 年)

ガイドライン1 2004 年「国民衛生の動向」 改変
  年齢階級 総数 15~ 25~ 35~ 45~ 55~ 65~ 75~ 85~ 90~
19 29 39 49 59 69 79 89  
受療率 外来 6 3 4 3 3 6 7 14 21 21
入院 19 2 3 2 3 7 21 86 309 489
死亡率 男性 76.4 0.5 0.5 1.5 4.6 15.2 69.2 339 2087 4317
女性 62.7 0.3 0.5 0.9 1.9 5.6 22.4 144 934 2291
総数 69.4 0.4 0.5 1.2 3.2 10.3 44.6 249 1291 2787

分類

発症の場

  • 市中肺炎:上気道のウイルス感染後に多い。

原因

病理

  • 上気道から連続的に下気道へ、あるいは、直接下気道に及んでいる。炎症は上皮に包まれた管腔内
  • 間質性肺炎は、肺の実質や間質に炎症が存在

ガイドライン

  • 1. 成人市中肺炎診療ガイドライン




ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡