ウイルス性内耳炎

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 突発性難聴の病理
  • 野村 恭也
  • AUDIOLOGY JAPAN 49(6), 777-781, 2006
  • … また実験的ウイルス性内耳炎においても上記の病変を観察することができ, この場合ウイルス抗原は蓋膜の他に歯間細胞にも存在していた。 … 蓋膜には rolled-up 像以外の様々な病態がみられるが, いずれも実験的ウイルス性内耳炎に類似している。 …
  • NAID 130003863783
  • 耳鼻科疾患とウイルス感染症 (特大号/新しい臨床ウイルス学) -- (臓器別ウイルス感染症)
  • Cochleosaccular degeneration を呈した高度難聴耳の側頭骨病理
  • 三枝 華子,飯野 ゆき子,中本 吉紀,宮澤 哲夫,村上 嘉彦,小寺 一興
  • 日本耳鼻咽喉科學會會報 107(3), "107-195"-"107-198", 2004-03-20
  • NAID 10013293738

関連リンク

内耳炎の多くは、中耳炎から移行して発症しますが、他にもウイルス性内耳炎、髄膜炎 性内耳炎があります。 ウイルス性内耳炎は、おたふくかぜやインフルエンザ、はしかなど の原因となるウイルスが血液中に入り込み、体内を回って、内耳に感染するものです。 ...
先の中耳炎から内耳炎へ拡大するケース以外として、体内の血管の血液を経由して 細菌やウイルスから内耳炎を発症するケースもあります。例えばインフルエンザなどの ウイルスが血液中から内耳へ侵入しウイルス性内耳炎を発症するケースや髄膜炎が 発病 ...

関連画像

聞こえも徐々に悪くなって 徐々に進行していく難聴には 図1:突発性難聴の発症機序難聴まいんどクリニック」より matuococo-2.jpg


★リンクテーブル★
関連記事ウイルス」「内耳炎」「」「内耳

ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




内耳炎」

  [★]

labyrinthitisinternal otitis
otitis interna
迷路炎 labyrinthitis



炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


内耳」

  [★]

inner ear
auris interna
迷路 labyrinth






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡