イヌリンクリアランス

出典: meddic

inulin clearance CIN
糸球体濾過値クレアチニンクリアランスクリアランスイヌリン


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ステロイド投与による血清シスタチンC測定値への影響
  • 亀井 宏一,佐藤 舞,石川 智朗 [他]
  • 日本小児科学会雑誌 115(1), 74-76, 2011-01
  • NAID 40018699539
  • 糸球体ろ過量が20mL/min/1.73m2以下の症例における血清Cr,Ccr,推算GFRと実測GFRの関係
  • 堀尾 勝,今井 圓裕,安田 宜成,渡辺 毅,松尾 清一
  • 日本透析医学会雑誌 44(1), 55-58, 2011
  • NAID 130000431904

関連リンク

要 旨. 腎機能の基本である糸球体濾過量(率)(GFR)の. 国際標準測定法はイヌリン クリアランス(Cin)測. 定であるが、わが国では種々の事情により、実地診. 療(保険診療 )には導入されず、他の方法が代用さ. れてきた。本稿では、まず、従来わが国で GFR 測 ...
糸球体濾過量を測定する検査には以下の物がある。 イヌリンクリアランス · イヌリンは、 人体に無害であり、体内にトラップされることなく糸球体で濾過され、濾過後は尿細管で 何ら分泌再吸収されない。この性質の為に、糸球体濾過量を測定するのに都合がよい。

関連画像

イヌリンクリアランス イヌリンクリアランスとはcoor201208_2


★リンクテーブル★
先読みクリアランス
リンク元糸球体濾過量」「尿素クリアランス
関連記事リンク」「リン」「イヌリン

クリアランス」

  [★]

clearance
清掃値浄化値


定義

  • 1. ある物質について、単位時間あたりどれだけの量の血液をきれいにできるか。
  • 2. ある物質が排泄されるために必要な単位時間あたりの血漿量
  • 3. ある物質が単位時間に腎によって完全に除去(清掃)される血漿の量 (生理学実習1 実習テキスト p.4,SP.777-778)
  • 4. it is defined as the rate of elimination of the drug from the body relative to the concentration of the drug in plasma

(PPC.42) [(amount/time)/(amount/volume)]

  • 5. clearance is the rate at which plasma would have to be cleared of the drug to account for the observed kinetics of change of the total amount of drug in the body, assuming that all the drug in the body is present at the same concentration as that in the plasma.(PPC.42)

意味

  • クリアランス↑→物質の排出能が高い、排出されやすい、再吸収されにくい
  • クリアランス↓→物質の排出能が低い、排出されにくい、再吸収されやすい

  • 定義1~3に基づくと
UX: Xの尿中濃度
V : 尿量~
PX: Xの血漿濃度~
CX: クリアランス(前述の定義参照)
UX・V = PX・CX
CX= V・UX/PX
  • 定義4に基づくと
Clearance = (amount/time)/(amount/volume) = 血漿からの薬物の除去速度 / 血中薬物濃度 = 単位時間あたり尿量 x 尿中薬物濃度 / 血中薬物濃度
  • 上記の式は定常状態(単位時間あたりの薬物濃度が変化しなくなった状態)における血中薬物濃度を規定する式に変形できる。定常状態では単位時間に排泄される薬物量と単位時間に取り込まれる薬物量が等しくなった状態であるから、以下の通りとなる。(PPC.44)
血中薬物濃度 = 血漿からの薬物の除去速度 / クリアランス = 薬物の血漿への投与速度 / クリアランス = bioavility x dose / (dosing interval x clearance)
  • これによれば、同一の投与間隔でdoseを2倍量にすれば、血中濃度が2倍になるということが分かる。

備考

  • 一般的にクリアランスはGFRと正比例の関係にある(TP.469)。
  • クリアランスは尿細管での再吸収や分泌と関係するので、対象とする物質の血漿濃度により変化する(TP.469)。



糸球体濾過量」

  [★]

glomerular filtration rate, GFR
糸球体濾過率 「糸球体濾過量」の方がよく使われているらしい
糸球体濾過値イヌリンクリアランスクレアチニンクリアランス慢性腎不全推算糸球体濾過量 eGFR


概念

  • 糸球体で濾過される血漿の量(厳密には時間あたりの量)
  • 糸球体で完全に排泄される物質を使って算出する
  • 成人のGFR:100-150 ml/min (SP.778)

試験

GFRに影響を与える因子

  • 上昇:妊娠、糖尿病性早期腎症、蛋白の過剰摂取(尿中のクレアチニンの影響を受ける(出典不明))、アンジオテンシンII
  • 低下:脱水
考える技術 第2版 p.528
輸入細動脈抵抗低下不能 輸出細動脈抵抗上昇負荷 腎血管閉塞
高血圧
動脈硬化
慢性高血圧
慢性腎臓病
悪性高血圧
NSAID
COX-2阻害薬
敗血症
高カルシウム血症
シクロスポリン
タクロリムス
腎動脈狭窄
ACE阻害薬
ARB
腎動脈狭窄

理論値

  • (1) Ccrからの近似する方法
  • Ccr=((140-年齢)×体重(kg))/(72×Cr(mg/dL))(女性では×0.85)
  1. ref(GFR_fig.png,[糸球体濾過量])



尿素クリアランス」

  [★]

urea clearance, CU
ウレアクリアランス
イヌリンクリアランスクレアチニンクリアランス


  • 尿中には300mM含まれる
  • 18-27 g/day (尿量を1.0-1.5 l/dayとしたとき)
  • 尿素クリアランスはイヌリンクリアランス(GFR)の約1/2
  • 濾過量の約1/2は尿細管で再吸収されることを示す。
  • 尿素クリアランスは尿素の血漿濃度に非依存的→再吸収は受動的な過程
  • 関連

[[1]]


リンク」

  [★]

検索エンジン

  • Google
http://www.google.com

辞書

  • 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 医薬品医療情報提供ホームページ
http://www.info.pmda.go.jp/psearch/

英英

  • THE FREE DICTIONARY
http://www.thefreedictionary.com/
医学用語辞典もあるよ。発音記号付き。重い
  • Dictionary.com
http://dictionary.reference.com
発音記号付き。重い

なんでもかんでも

  • bab.la
http://ja.bab.la
重いし使いづらい

百科辞典

  • ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/

医学用語辞典

  • ライフサイエンス辞書
http://lsd.pharm.kyoto-u.ac.jp/ja/service/weblsd/index.html
  • 英辞朗
http://www.alc.co.jp/

医学一般(教科書的な位置づけ)

  • Mymed
http://www.mymed.jp/search.php

個人

  • 医学ノート Ver.2
[2]
  • 電子医学ノート
[3]

データベース

  • ライフサイエンス分野のデータベースについての情報が収集、整理、分類されている
[4]

医薬品

  • 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 医薬品医療機器情報提供ホームページ
http://www.info.pmda.go.jp/
医薬品の添付文書がPDFで手にはいるよ。ところで、こんな独法初耳・・・
  • 日本医薬品一般名称データベース
http://jpdb.nihs.go.jp/jan/Default.aspx
一般名がしりたーいってときに使う

ケミカル

  • 化合物検索(英語)
[5]

動画

  • YOUTUBE
http://www.youtube.com
異常運動を呈する疾患は動画を見た方が理解が進むことがある

その他

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





イヌリン」

  [★]

inulin
イヌリード
機能検査用試薬





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡