イソプロピルアルコール

出典: meddic

isopropyl alcohol
イソプロパノール消毒用アルコール2-プロパノール


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/08/19 16:34:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 4Da14 イソプロピルアルコール高生産大腸菌の開発(遺伝子工学/発酵生理学,発酵工学,一般講演)
  • 松本 佳子,天野 仰,白井 智量,平野 淳一郎,高橋 均,竹林 のぞみ,森重 敬,舘野 俊博,古澤 力,平沢 敬,清水 浩,和田 光史
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 64, 205, 2012-09-25
  • NAID 110009609960
  • 固体面上における水液滴の濡れと局所的粘性に及ぼす壁面極性の影響に関する分子動力学解析(物性,一般)
  • 山口 康隆,スルブリス ドナタス,中岡 聡 [他],黒田 孝二,中島 但,藤村 秀夫
  • 電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波 111(158), 43-48, 2011-07-21
  • 電気的極性を有する壁面上における水および水-イソプロピルアルコール(IPA)混合液滴について,分子動力学シミュレーションにより解析を行った.上下いずれの壁面極性によっても水液滴の濡れが良くなるが,その傾向は極性の上下により異なる.また回転拡散係数により液滴内部の動的特性を抽出した結果,無極性および下向き極性の壁面付近で回転拡散係数が上昇するのに対し,上向き極性の液面では低下することが明らかになった …
  • NAID 110008800326
  • 70%イソプロピルアルコールを用いるPD接続チューブ交換手技について : 安全性と有用性の検討
  • 大谷 紘子,小倉 加代子,西分 延代 [他],壽見 佳枝,石原 則幸,中村 雅将,土田 健司,水口 潤,川島 周
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 44(3), 245-250, 2011-03-28
  • 接続チューブの交換手技は腹膜透析(peritoneal dialysis;PD)が国内に導入されて以降,メーカーの推奨する方法が見直されることなくマニュアル化されてきた.接続チューブの交換は4~6か月ごとに専用の交換キットを用い,消毒剤としてはポピドンヨード剤を使用し,滅菌手袋を交換するなど複雑な手技で,患者および医療従事者に負担をかけている.今回PD接続チューブの交換手技を見直し,使用消毒薬剤の …
  • NAID 10029406167

関連リンク

[R] IPA(イソプロピルアルコール) [14kg] 大伸化学株式会社・2-プロパノール・イソプロパノール・... 【8,640円以上送料無料】塗装面の脱脂、洗浄、既存の塗装をはがす剥離剤としてご使用いただけます。【カラーハーモニー】
フルフィルメントby Amazon™というサービスを利用している出品者の商品になります。これらの商品は、AmazonフルフィルメントセンタAm

関連画像

IPA(イソプロピルアルコール イソプロピルアルコール50P 500ml無水イソプロピルアルコールIPA(イソプロピルアルコール イソプロピルアルコール50%P  イソプロピルアルコール

添付文書

薬効分類名

  • 外皮用殺菌消毒剤

販売名

イソプロパノール「東豊」

組成

  • 1mL中 イソプロパノ−ル 1mL

禁忌

(次の部位には使用しないこと)

  • 損傷皮膚及び粘膜 [刺激作用を有するので]

効能または効果

  • 手指・皮膚の消毒、医療機器の消毒
  • 通常、イソプロパノ−ルとして、50〜70%液を用いる。


★リンクテーブル★
リンク元外皮用殺菌消毒剤」「イソプロパノール」「消毒用アルコール」「2-プロパノール」「isopropyl alcohol
関連記事アルコール」「ピル」「プロ」「イソプロ

外皮用殺菌消毒剤」

  [★]

商品


イソプロパノール」

  [★]

isopropanol
isopropanolum
イソプロピルアルコール isopropyl alcohol
イソプロイソプロピルアルコールイソプロ消アルイソプロ液グリジールスカルプスチックゼノールゼスタックネオプロパノールネオ純生消アルネオ消アルフェルビナクパッププレポダインフィールドマルプロ消毒用液モービリンヤクハンヨウチンラミテクト消エタサラコールエタプロコールエタライトB液エタライト液ネオアルコール



消毒用アルコール」

  [★]

rubbing alcohol
イソプロパノールイソプロピルアルコール2-プロパノール消毒用エタノール


2-プロパノール」

  [★]

2-propanol
イソプロパノールイソプロピルアルコール消毒用アルコール


isopropyl alcohol」

  [★]

イソプロピルアルコール

2-propanolisopropanolrubbing alcohol


アルコール」

  [★]

alcohol
エタノール



アルコールによる酩酊の分類

  • 酩酊
  • もうろう型、てんかん型
  • せんもう型

アルコールの急性症状 (血中アルコール濃度)

  • 0.5 mg/ml 以上で酒気帯び → 道路交通法(0.5 mg/ml以上で運転能力の低下、1.5 mg/ml以下では著しい低下。1.5-2.0 mg/mlがもっとも危険。これ以上では運転できない)
  • 血中アルコール濃度と酩酊の状態
  • 0.0-0.5 mg/ml::殆ど無症状か、わずかな熱覚、味覚や嗅覚の低下
  • 0.5-1.0 mg/ml:弱度酩酊:顔面紅潮、抑制からの解放、陽気、多幸感、不安や緊張の緩和、反応時間の延長など
  • 1.0-1.5 mg/ml:軽度酩酊:多弁、大胆、感覚の軽度麻痺、気分爽快、多弁など
  • 1.5-2.5 mg/ml:中程度酩酊:眠気に襲われる、言語不明瞭、平衡感覚が鈍麻し、千鳥足になる、理解・判断力鈍麻など
  • 2.5-3.5 mg/ml:強度酩酊:歩行困難、顔面蒼白、悪心、嘔吐、感覚麻痺、精神運動性興奮、言語不明瞭、諸反射の消失など
  • 3.5-4.5 mg/ml:重度酩酊、泥酔:意識消失、筋力消失、呼吸困難、体温低下、昏睡状態
  • 4.5- mg/ml:呼吸麻痺、心機能不全などで死亡する。

アルコールの慢性症状

アルコール中毒の患者において、脳神経でchromatosisが見られるが、ニューロンの脱落は末期まで見られない。小脳では虫部のニューロンが優先的に脱落する。大脳辺縁系の乳頭体に強い病変が見られる → ウェルニッケ・コルサコフ症候群と関連

アルコールによる非精神症状

  • 粘膜障害:腸壁障害により下痢

アルコールによる疾患

  • 身体疾患:アルコール性肝疾患(脂肪肝)、膵炎(急性膵炎、慢性膵炎)、大腿骨頭壊死症、末梢神経障害
  • 精神疾患:急性アルコール中毒、慢性アルコール中毒、アルコール依存症、アルコール精神病
(国試)100B077095B075

アルコールの摂取と疾患

アルコールの胎児への影響

SUB.260

アルコールの摂取量

  • 21世紀における国民健康づくり運動の目標値では節度ある適度な飲酒とは1日平均純アルコールで20g程度としている。 → ビール(5%) 400ml、日本酒(15%) 133.3ml
  • 脳卒中治療ガイドライン2009ではクモ膜下出血の発症予防には過度の飲酒(1週間に150g以上)を避けることが推奨されている。

アルコールの単位

  • アルコール摂取量の基準とされるお酒の1単位とは、純アルコールに換算して20g。


ピル」

  [★]

pill
丸剤経口避妊薬丸薬


プロ」

  [★]

pro


イソプロ」

  [★] イソプロパノール




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3