アンドロゲン受容体

出典: meddic

androgen receptor AR
アンドロゲンレセプター男性ホルモン受容体男性ホルモンレセプター

臨床関連



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 内分泌療法の新展開 アンドロゲン合成阻害剤と新規アンドロゲン受容体拮抗剤 (前立腺癌(第2版)--基礎・臨床研究のアップデート) -- (臨床 前立腺癌の治療)
  • 内分泌療法の実際 抗アンドロゲン除去症候群 (前立腺癌(第2版)--基礎・臨床研究のアップデート) -- (臨床 前立腺癌の治療)
  • 藤本 直浩,塩田 真己,松本 哲朗
  • 日本臨床 69(-) (1001), 481-484, 2011-06
  • NAID 40018884174

関連リンク

男性ホルモン(アンドロゲン)を分泌できるものの、アンドロゲン受容体が働いていない ためアンドロゲンの全部または一部を感知できず、男性への性分化に障害が生じる。 アンドロゲンの全部を感知しないものを完全型アンドロゲン不応症(CAIS)、一部を感知 ...

関連画像

 とアンドロゲン受容体(AR説明書(表)受容体遮断薬、抗アンドロゲン 背景背景figure1


★リンクテーブル★
先読みAR」「男性ホルモンレセプター
国試過去問099G040
リンク元精巣性女性化症候群」「男性ホルモン受容体」「androgen receptor」「アンドロゲンレセプター
関連記事受容体」「アンドロゲン」「受容」「

AR」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Arkansas」

男性ホルモンレセプター」

  [★] 男性ホルモン受容体

099G040」

  [★]

  • 21歳の女性。原発性無月経を主訴に来院した。体型は女性型で乳房発育は良好である。両側の鼠径部に小腫瘤を触知する。陰毛は少ないが、腔の形成が認められる。染色体検査は46,XYである。この患者で正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099G039]←[国試_099]→[099G041

精巣性女性化症候群」

  [★]

精巣性女性化症候群 testicular feminization syndrome
アンドロゲン不応症androgen insensitivity syndrome アンドロゲン不感性症候群 アンドロゲン非感受性症候群アンドロゲン抵抗性症候群 androgen resistance syndrome
アンドロゲン受容体ライフェンスタイン症候群
[show details]

概念

  • 性染色体は46XYであり精巣が存在するにもかかわらず、男性化が生じず表現型が完全に女性である病態の総称。
  • アンドロゲン不応症のうち特に完全型を指していうことがある。

病型

完全型

  • 表現型は女性
  • 外陰部:男性化無し

不完全型

  • 精巣性女性化症候群にあてはまるが、外陰部に軽度の男性化が見られる。
  • 外陰部:軽度男性化

部分型

病因

  • アンドロゲン受容体遺伝子の突然変異
  • ヌル変異:完全型
  • 点変異 :完全型~部分型。(アンドロゲン受容体の温度不安定性が生じる)

病態

アンドロゲン受容体異常によるアンドロゲン不応症
外性器:女性、内性器:男性
  • SRYを有するため、未分化性腺は精巣となり、セルトリ細胞からはMISが分泌されミュラー管を退縮させる。ライディッヒ細胞はテストステロンを分泌し、ウォルフ管を精巣上体、精管、精嚢、射精管に分化させる。ジヒドロテストステロンを受容する受容体に異常があるため、外性器は男性化することができず、女性化する。
  • 乳房:やや未発達
  • 腋毛:なし
  • 陰毛:なし

症候

検査

YN.D-80 QB.D-294 G9M.52
  • FSH,LH:高値
  • 血中エストロゲン:正常男性より多い。
  • 血中アンドロゲン:正常男性と同じかや上昇
  • 血中テストステロンレベル:健常男性と同レベル
  • 組織5α-redactase:正常~上昇

参考

  • 1. 精巣性女性化症候群 - nurs
[display]http://www.nurs.or.jp/~academy/igaku/s3/s35221.htm

国試



男性ホルモン受容体」

  [★]

androgen receptor
男性ホルモンレセプター
アンドロゲン受容体

androgen receptor」

  [★] アンドロゲン受容体


アンドロゲンレセプター」

  [★] アンドロゲン受容体


受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

アンドロゲン」

  [★]

androgen
男性ホルモン male sex hormone
精巣性アンドロゲン

概念

アンドロゲン

  • アンドロゲンは肝臓で不活化されるため、経口投与ではほとんど効果がない。

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%B2%E3%83%B3)

種類

分類

性状

  • ステロイド

産生組織

  • 卵胞内の卵胞上皮細胞で芳香環化されてエストロゲンに変換される。

標的組織

受容体

作用

  • アンドロゲンとは雄の副生殖器の発育および機能を促進し、二次性徴を発現させる作用をもつ物質の総称であり、数種類のホルモンからなる。

分泌の調整

分子機構

生合成

臨床関連



受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡