アンタゴニスト

出典: meddic

antagonist
拮抗薬遮断薬類似体拮抗物質 analog inhibitor


アゴニスト 作用薬 agonist 内因性の化学情報伝達物質と同じ受容体に結合し、同じ生理作用を呈する
アンタゴニスト 拮抗薬 antagonist 内因性の化学情報伝達物質と同じ受容体に結合するが、生理作用を呈しない
  部分作用薬 partial agonist 拮抗薬のうち、弱いながら生理作用を呈する
部分拮抗薬 partial antagonist


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/11/24 12:32:56」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ART卵巣刺激におけるGnRHアナログの使い分け (特集 排卵誘発Update)
  • 伊藤 啓二朗,森本 義晴
  • 産科と婦人科 79(7), 883-889, 2012-07
  • NAID 40019366233
  • ヒト膵臓がん細胞の浸潤・転移に対する経口可能なリゾホスファチジン酸受容体アンタゴニストKi16198の抑制作用
  • 佐藤 幸市,小町 麻由美,当房 雅之,茂木 千尋,岡島 史和
  • 脂質生化学研究 54, 111-113, 2012-05-28
  • NAID 10030581368
  • 抗ヒスタミン薬のインバース・アゴニスト作用 (特集 最近のトピックス2012 Clinical Dermatology 2012) -- (皮膚科医のための臨床トピックス)

関連リンク

アンタゴニスト (antagonist)とは生体内の受容体分子に働いて神経伝達物質や ホルモンなど働きを阻害する薬のこと。 [編集] 概要. 拮抗薬(きっこうやく)、拮抗剤(— ざい)、拮抗物質(—ぶっしつ)、遮断薬(しゃだんやく)、ブロッカーとも呼ぶ。作用自体は ないが ...
アゴニストとアンタゴニスト. メッセンジャーと同様または似た働きをする薬の場合、結果 としてそのメッセンジャーの働きを強めることになる。このように、生体の作用を強める ことによって作用する薬を「アゴニスト(作動薬)」という。 また、メッセンジャーの働きを 阻害 ...

関連画像

アンタゴニストアンタゴニスト法は卵巣刺激 アンタゴニスト法での体外受精  とGnRHアンタゴニストの相違点 アンタゴニスト / Antagonistアンタゴニスト法の  、アンタゴニストの解説GnRHアンタゴニストを使用


★リンクテーブル★
先読みantagonist
リンク元アゴニスト」「インバースアゴニスト」「拮抗剤」「拮抗物質」「拮抗的
拡張検索受容体アンタゴニスト」「興奮性アミノ酸アンタゴニスト」「インターロイキン1受容体アンタゴニストタンパク質

antagonist」

  [★] 拮抗薬

WordNet   license wordnet

「a drug that neutralizes or counteracts the effects of another drug」

WordNet   license wordnet

「a muscle that relaxes while another contracts; "when bending the elbow the triceps are the antagonist"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「対立する人,敵対者,競争相手(opponent)」


アゴニスト」

  [★]

agonist
作用薬作動薬


アゴニスト 作用薬 agonist 内因性の化学情報伝達物質と同じ受容体に結合し、同じ生理作用を呈する
アンタゴニスト 拮抗薬 antagonist 内因性の化学情報伝達物質と同じ受容体に結合するが、生理作用を呈しない
  部分作用薬 partial agonist 拮抗薬のうち、弱いながら生理作用を呈する
部分拮抗薬 partial antagonist


-作動薬
-agonist


インバースアゴニスト」

  [★]

inverse agonist
逆作動薬
アゴニスト部分アゴニスト
GOO. 23,25-26,37
  • レセプターには少なくと2つの構造的な状態、活性化した構造と不活性化した構造がある (GOO.25)
  • 薬剤がいずれの構造に強く結合するかで、完全アゴニスト部分アゴニスト、不活性物質、インバースアゴニストに分けられる (GOO.25)
  • 作用はアゴニストの反対の作用を示す
ここが非競合的なアンタゴニストと異なる


拮抗剤」

  [★]

antagonist
アンタゴニスト拮抗筋拮抗物質拮抗薬遮断薬

拮抗物質」

  [★]

antagonist
アンタゴニスト拮抗筋拮抗剤拮抗薬遮断薬


拮抗的」

  [★]

antagonisticantagonistically
アンタゴニスト拮抗性


受容体アンタゴニスト」

  [★]

receptor antagonist
受容体拮抗薬レセプター拮抗薬レセプターアンタゴニストレセプター拮抗剤受容体遮断薬受容体拮抗剤レセプター遮断薬


興奮性アミノ酸アンタゴニスト」

  [★]

excitatory amino acid antagonist
グルタミン酸拮抗薬興奮性アミノ酸遮断薬グルタミン酸受容体遮断薬


インターロイキン1受容体アンタゴニストタンパク質」

  [★]

interleukin-1 receptor antagonist protein
アナキンラ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡