アルキル化薬

出典: meddic

alkylatingagent



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アルキル化薬と出血性膀胱炎 (がん薬物療法のマネジメント : 副作用のマネジメント(副作用と支持療法))
  • 杉山 圭司,小島 勇貴,坂 英雄
  • がん治療レクチャー : チーム医療のための 3(1), 148-151, 2012-00-00
  • NAID 40019179497
  • シクロホスファミドの仲間たち(アルキル化薬) (治療に伴う看護特集 「なぜ?」からわかる 抗がん剤の副作用のケア)
  • 藤澤 めぐみ
  • プロフェッショナルがんナーシング 1(5), 586-592, 2011-10-00
  • NAID 40019065728
  • 新規抗腫瘍薬ベンダムスチンの作用機序と臨床効果
  • 古川 雄祐,平岡 信弥,和田 妙子 [他],菊池 次郎,加納 康彦
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 138(1), 26-32, 2011-07-01
  • … アナログ様骨格にアルキル基が結合したハイブリッドな抗がん薬である.作用機序はDNAアルキル化が主体と考えられ,代謝拮抗作用については明確な結論は出ていない.がん細胞に作用させた場合に他のアルキル化薬に比べて多彩な作用を示すのが特徴で,(1)架橋形成~DNA鎖切断によるネクローシス誘導,(2)DNA損傷チェックポイント活性化によるp53依存性アポトーシスおよび活性酸素種(ROS)を介するp53非依 …
  • NAID 10029417927

関連リンク

アルキル化基が結合した状態でがん細胞が分裂・増殖しようを続けようとすると、DNAがちぎれてしまうため、がん細胞は死滅してしまいます。 アルキル化剤は体内で一定の濃度に達すると作用し、白血病や悪性リンパ腫などに特に効果 ...
アルキル剤は第一次世界大戦で使用された毒ガス(マスタードガス)に起源を持っています。1940年代になると,このガスが細胞の核に作用し,細胞分裂を抑える機能があることがわかり,がんへの治療が試みられたのです。

関連画像

看護学生のために(by 白鳥恭介 代謝拮抗薬(主な薬剤を イホマイド(イホスファミド アルキル化薬は遺伝子(DNA)と 抗がん薬はなぜがんに効くの!?クスリの大図鑑 ガン> 3人に1


★リンクテーブル★
国試過去問099E039
リンク元alkylating agent」「トリエチレンメラミン」「alkylator」「alkylating drug」「アルキル化試薬
拡張検索抗腫瘍性アルキル化薬
関連記事

099E039」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 099E038]←[国試_099]→[099E040

alkylating agent」

  [★]

アルキル化剤アルキル化薬アルキル化試薬

alkylating drugalkylator


トリエチレンメラミン」

  [★]

triethylenemelamine TEM
トレタミン tretamine
アルキル化薬


alkylator」

  [★]

alkylating agentalkylating drug

alkylating drug」

  [★]

alkylating agentalkylator

アルキル化試薬」

  [★]

alkylating agent
アルキル化剤アルキル化薬


抗腫瘍性アルキル化薬」

  [★]

alkylating antineoplastic agent

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡