アデノシンデアミナーゼ欠損症

出典: meddic

adenosine deaminase deficiency
ADA欠損症 ADA deficiency
アデノシンデアミナーゼ

遺伝

参考

  • 1. [charged] Adenosine deaminase deficiency: Pathogenesis, clinical manifestations, and diagnosis - uptodate [1]
  • 2. [charged] Adenosine deaminase deficiency: Treatment - uptodate [2]
  • 3. ADENOSINE DEAMINASE; ADA - OMIM
[display]http://omim.org/entry/608958


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 膠原病・アレルギー疾患に対する遺伝子治療 原発性免疫不全症 (遺伝子診療学(第2版)--遺伝子診断の進歩とゲノム治療の展望) -- (遺伝子治療と核酸治療(Nucleic Acid-Based Therapeutics)--現状と展望)
  • 酵素関係(アイソザイムを含む) アデノシンデアミナーゼ(ADA) (広範囲 血液・尿化学検査,免疫学的検査(第7版・1)その数値をどう読むか) -- (生化学的検査(1))
  • 新しい遺伝子治療技術開発の最前線:我々のグランドデザイン (特集 九州大学病院統合1周年記念企画)
  • 米満 吉和,居石 克夫
  • 福岡医学雑誌 95(10), 258-264, 2004-10-25
  • 1990年の米国NIHによるアデノシンデアミナーゼ欠損症への遺伝子治療は,20世紀の医療において画期的な出来事であった.以来多数の臨床プロトコールが実施されてきたにもかかわらず明確な治療効果を得るには至っておらず,NIHのOrkin-Motulskyパネルは1995年「むやみに臨床試験を行うべきではなく,ベクター開発を中心とした基礎研究を重視すべきである」との見解を示した.さらに汎用されてきたアデ …
  • NAID 120002834522

関連リンク

アデノシンデアミナーゼ (ADA) 欠損症 (OMIM#102700) は原発性免疫不全症 (PID) であると同時に先天性代謝異常としての側面をもつ常染色体劣性遺伝疾患である。ADA欠損症は20番染色体q13.11にあるADA遺伝子の変異が病因で発症 ...
先天性アデノシンデアミナーゼ(ADA)欠損症。先天性アデノシンデアミナーゼ(ADA)欠損症とはどんな病気か アデノシンデアミナーゼは、アデノシン、デオキシアデノシンをイノシン、デオキシイノシンに変換するプリン ... ...
先天性アデノシンデアミナーゼ(ADA)欠損症の概要。アデノシンデアミナーゼは、アデノシン、デオキシアデノシンをイノシン、デオキシイノシンに変換するプリン代謝系酵素のひとつです。この酵素が先天的に欠けていると、血液中 ...


★リンクテーブル★
リンク元ADA deficiency
関連記事アデノシン」「アデノシンデアミナーゼ

ADA deficiency」

  [★] アデノシンデアミナーゼ欠損症


アデノシン」

  [★]

adenosine
6-アミノ-9-β-D-リボフラノシル-9H-プリン, Ado
Adenocard
プリンヌクレオチド


神経伝達物質

代謝産物

  • 運動により筋肉より乳酸、二酸化炭素と共に放出され、筋血管の拡張を引き起こす


薬理

概念

  • 海外では上室性頻拍の薬物治療として用いられる。日本ではATPが用いられる。(用量:ATP 10mg⇔アデノシン6mg (改訂3版 救急蘇生法の指針 2005 医療従事者用))

構造

作用機序

  • アデノシンを結合するGタンパク質共役型受容体に結合→心房、洞房、房室結節でアセチルコリン感受性のK電流を増加→膜の過分極→活動電位持続時間を短縮。
  • Ca電流を減らす

薬理作用

心血管における作用
SP.590

適応

  • 上室性不整脈 (GOO.917)
  • first drug for most forms of stable narrow-complex SVT. Effective to reentry involving AV node or sinus node. AF, AFL, VTは適応外。(Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)

用法

  • 上室性頻拍:
  • ACLS:アデノシン6mgを急速静注(1-3秒)、次いで生食を20ml入れる。その後、注射した肢を挙上。必要があれば2回目の投与は12mgを1-2分かけて静注。(Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)
  • PALS:1回目 0.1mg/kgを急速静注/骨髄内投与(max 6mg) 2回目 0.2mg/kgをを急速静注/骨髄内投与(max 12mg)

禁忌

  • 薬剤誘発性の頻拍、二度房室ブロック、三度房室ブロック(Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)

注意

Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)
  • テオフィリン・カフェインを摂取・投与されている場合、効果が低下する。
  • ジピリダモール、カルバマゼピン、心臓移植、あるいは中心静脈ルートが確保されている患者では投与量を3mgとする。

副作用

Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)
  • SVT後に洞徐脈、心室異所性調律(ventricular ectopy)が出現することが多い(common)。

妊婦

Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)
  • 投与可能


アデノシンデアミナーゼ」

  [★]

adenosine deaminase, ADA
アデノシンアミノヒドロラーゼ adenosine aminohydrolase

結核

  • 結核による結核性髄膜炎では、T細胞により産生されたアデノシンデアミナーゼが脳脊髄液に高値に認められる。

臨床関連

  • アデノシンデアミナーゼ欠損症





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡