アセチルセロトニンメチル基転移酵素

出典: meddic

acetylserotonin N-methyltransferase
アセチルセロトニン-O-メチルトランスフェラーゼヒドロキシインドール-O-メチルトランスフェラーゼアセチルセロトニンメチルトランスフェラーゼ

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

アセチルセロトニン-O-メチルトランスフェラーゼ(acetylserotonin O-methyltransferase, ASMT)は、メラトニン生合成の最終反応を触媒する酵素で、ノルメラトニンをメラトニンに 変換する。この反応は、トリプトファン代謝経路にも組み込まれており、そちらでは5- ...
必須アミノ酸であるトリプトファンは、脳内でセロトニンに変換される。松果体では、酵素( N-アセチル-トランスフェラーゼおよびヒドロキシ-インドール-o-メチルトランスフェラーゼ) の作用により、セロトニンがメラトニンに変換される。メラトニン分泌は暗所で調節され、 ...

関連画像

第86回薬剤師国家試験(平成13


★リンクテーブル★
リンク元アセチルセロトニン-O-メチルトランスフェラーゼ」「ヒドロキシインドール-O-メチルトランスフェラーゼ」「acetylserotonin methyltransferase」「アセチルセロトニンメチルトランスフェラーゼ
関連記事セロトニン」「転移」「酵素」「転移酵素」「アセチル

アセチルセロトニン-O-メチルトランスフェラーゼ」

  [★]

acetylserotonin O-methyltransferase
ヒドロキシインドール-O-メチルトランスフェラーゼアセチルセロトニン-O-メチル基転移酵素アセチルセロトニンメチル基転移酵素


ヒドロキシインドール-O-メチルトランスフェラーゼ」

  [★]

hydroxyindole O-methyltransferase
アセチルセロトニン-O-メチルトランスフェラーゼヒドロキシインドール-O-メチル基転移酵素アセチルセロトニンメチル基転移酵素


acetylserotonin methyltransferase」

  [★]

アセチルセロトニンメチル基転移酵素アセチルセロトニンメチルトランスフェラーゼ

acetylserotonin O-methyltransferase、hydroxyindole O-methyltransferase


アセチルセロトニンメチルトランスフェラーゼ」

  [★]

acetylserotonin N-methyltransferase
アセチルセロトニンメチル基転移酵素


セロトニン」

  [★]

serotonin, 5-HT, 5-hydroxytryptamine
神経伝達物質セロトニン受容体セロトニン作動性ニューロン5-ヒドロキシインドール酢酸 5-HIAA
生合成
 トリプトファン          →      5-ヒドロキシトリプトファン
         トリプトファン5-モノオキシゲナーゼ

                                     OH
                   /\                      /\/
 -OOC-CH(NH3+)-CH2----|○| → -OOC-CH(NH3+)-CH2----| ○|
             ||    |  |                ||    |  |
               \ / \/                 \ / \/
                  NH                      NH
          +                              +
    テトラヒドロビオプテリン     ジヒドロビオプテリン
          +
          O2

 5-ヒドロキシトリプトファン   →      セロトニン
         芳香族アミノ酸デカルボキシラーゼ

                                OH
                   /\                  /\/
 -OOC-CH(NH3+)-CH2----|○ | → H2N-CH2-CH2----| ○|
             ||    |  |            ||    |   |
               \ / \/              \ /\/
                  NH                  NH


薬理学

セロトニン再取り込み阻害薬

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬




転移」

  [★]

腫瘍の転移

metastasis
metastatic potentialskip metastasismetastatic disease


原発 転移
リンパ節が最多。肝臓、胸膜、対側肺、副腎、心膜、骨(肋骨、椎骨)、大脳(圧迫症状出現)
遠隔転移:肺内>骨>脳>肝>副腎
小細胞癌が最も転移しやすい。
分化型:血行性に肝臓、未分化型:腹膜播種
大腸 肝臓、肺
卵巣 腹腔内播種、リンパ性転移(後腹膜)。血行性は希
腎臓 肺>骨>肝。副腎もありうる。能は多くない。
骨肉腫 肺>骨
発見時に10-20%の症例で肺転移。
  • 転移性脳腫瘍は原発巣が肺であることが最も多い、らしい。
  • 転移性の硬膜外腫瘍は原発巣が肺癌>乳癌>リンパ腫



精神医学

transference
感情転移

分子遺伝学の転移(トランスポゾン)

transposition



酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





転移酵素」

  [★]

transferase
トランスフェラーゼ
酵素


アセチル」

  [★]

acetylAc
アクチニウム




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡