アスパラギン酸カルバモイルトランスフェラーゼ

出典: meddic

[[]]
ATCアーゼ
[[]]


ATCアーゼ

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

代表的なアロステリック酵素の一つに,アスパラギン酸カルバモイルトランスフェラーゼ( ATCase)がある。ATCaseは CTP合成経路の一員であり,CTPの合成速度を調節して CTP濃度を一定に保つ働きもある。十分量のCTPが存在するとATCaseにCTPが結合 ...
)[編集]. EC.2.1.3.1 メチルマロニルCoAカルボキシトランスフェラーゼ · EC.2.1.3.2 アスパラギン酸カルバモイルトランスフェラーゼ · EC.2.1.3.3 オルニチンカルバモイル ...


★リンクテーブル★
先読みATCアーゼ
リンク元aspartate carbamoyltransferase」「アスパラギン酸カルバモイル基転移酵素
関連記事アスパラギン酸」「アスパラギン」「アスパラ」「カルバモイルトランスフェラーゼ」「

ATCアーゼ」

  [★]

[[]]
aspartate carbamoyltransferase, ATCase
[[]]
aspartate carbamoyltransferase, ATCase


aspartate carbamoyltransferase」

  [★]

アスパラギン酸カルバモイル基転移酵素アスパラギン酸カルバモイルトランスフェラーゼ

aspartate transcarbamylase


アスパラギン酸カルバモイル基転移酵素」

  [★]

aspartate transcarbamylaseaspartate carbamoyltransferase
アスパラギン酸カルバモイルトランスフェラーゼ


アスパラギン酸」

  [★]

aspartate, aspartic acid, Asp, D
2-アミノコハク酸 2-aminosuccinic acid
アスパラギン酸カリウム potassium aspartateアスパラギン酸マグネシウム
アミノ酸L-アスパラギン酸


  • 極性。酸性。
  • カルボキシル基(carboxyl group)を有する。
  • アラニンの側鎖にカルボキシル基が付いた形をしている。
  • 側鎖:
-CH2-COOH



アスパラギン」

  [★]

asparagine, Asn, N
アミノ酸


  • 極性。無電荷。
  • アスパラギン酸のカルボキシル基(-COOH)とアンモニア(NH3)が反応してアミド基(-CONH2)を有した形。
  • アラニンの側鎖にアミド基が付いた形
  • 側鎖
-CH2-CO-NH2



アスパラ」

  [★] アスパラギン酸カリウムアスパラギン酸カルシウムアスパラギン酸マグネシウム


カルバモイルトランスフェラーゼ」

  [★]

carbamoyltransferase
カルバモイル基転移酵素カルバモイル転移酵素


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡