アジスロマイシン

出典: meddic

azithromycin, AZM
アジスロマイシン水和物 azithromycin hydrate
ジスロマック
マクロライド系抗菌薬抗菌薬
  • 15員環マクロライド系抗菌薬

適応菌種

ジスロマック点滴静注用500mg

適応症

ジスロマック点滴静注用500mg

肺炎、骨盤内炎症性疾患



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/09/12 11:58:29」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P1-7-2 アジスロマイシン内服後に発症する下痢に対するトリメブチンマレイン酸塩の抑制効果(Group7 女性医学・感染症・他,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 野口 靖之,原田 龍介,大山 由里子,木下 伸吾,保科 眞二,若槻 明彦
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 481, 2011-02-01
  • NAID 110008508871
  • P1-7-1 淋菌およびクラミジア.トラコマティスの混合感染による子宮頸管炎に対するアジスロマイシンの治療効果(Group7 女性医学・感染症・他,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 猿渡 善治,舩渡 孝郎,星合 昊
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 481, 2011-02-01
  • NAID 110008508870

関連リンク

ジスロマックとは?アジスロマイシンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
アジー(アジスロマイシン)を格安でお取扱い!アジー(アジスロマイシン)のご購入なら、育毛剤・ED治療薬・ダイエット薬など信頼の格安個人輸入代行のオオサカ堂まで!【送料無料】【100%正規品保証】
アジスロマイシン (ジスロマック ジェネリック) 錠は深在性皮膚感染症,リンパ管・リンパ節炎,咽頭・喉頭炎,扁桃炎(扁桃周囲炎,扁桃周囲膿瘍を含む),急性気管支炎,肺炎,肺膿瘍,慢性呼吸器病変の二次感染,尿道炎 ...

関連画像

抗菌薬『アジスロマイシン』は アジスロマイシンアジスロマイシン錠250mg アジスロマイシン錠250mg アジスロマイシン錠500mg「日医 アジスロマイシンアジスロマイシン錠250mg「NP アジスロマイシン錠250mg「F」

添付文書

薬効分類名

  • 15員環マクロライド系抗生物質製剤

販売名

ジスロマック錠600mg

組成

1錠中:
有効成分

  • 日局 アジスロマイシン水和物 628.93mg
    (アジスロマイシンとして600mg(力価))

添加物

  • 部分アルファー化デンプン、無水リン酸水素カルシウム、クロスカルメロースナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、ラウリル硫酸ナトリウム、ヒプロメロース、乳糖水和物、酸化チタン、トリアセチン

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

適応菌種

  • マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)

適応症

  • 後天性免疫不全症候群(エイズ)に伴う播種性マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症の発症抑制及び治療


発症抑制:

  • 成人にはアジスロマイシンとして、1200mg(力価)を週1回経口投与する。

治療:

  • 成人にはアジスロマイシンとして、600mg(力価)を1日1回経口投与する。


  • 治療に関する海外臨床試験においてエタンブトールとの併用効果が示されているため、治療の際にはエタンブトール(1日15mg/kg)と併用すること1)
  • 治療に際してはエタンブトールに加え、医師の判断によりMACに対する抗菌活性(in vitro)を有する他の抗菌薬を併用することが望ましい。
  • 本剤を使用する際には、投与開始時期、投与期間、併用薬について国内外の学会のガイドライン等、最新の情報を参考にし、投与すること。


慎重投与

  • 他のマクロライド系又はケトライド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 高度な肝機能障害のある患者[肝機能を悪化させるおそれがあるので、慎重に投与すること。]
  • 心疾患のある患者[QT延長、心室性頻脈(Torsades de pointesを含む)をおこすことがある。]

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状(頻度不明)注)

  • ショック、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、喘鳴、血管浮腫等)をおこすことがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)(頻度不明)注)

  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。これらの副作用は本剤の投与中または投与終了後1週間以内に発現しているので、投与終了後も注意すること。

肝炎、肝機能障害、黄疸(頻度不明)注)

  • 肝炎、肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

急性腎不全(頻度不明)注)

  • 急性腎不全があらわれることがあるので、観察を十分に行い、乏尿等の症状や血中クレアチニン値上昇等の腎機能低下所見が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

偽膜性大腸炎(頻度不明)注)

  • 偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎があらわれることがあるので、腹痛、頻回の下痢があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

間質性肺炎、好酸球性肺炎(頻度不明)注)

  • 発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常、好酸球増多等を伴う間質性肺炎、好酸球性肺炎があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。

QT延長、心室性頻脈(Torsades de pointesを含む)(頻度不明)注)

  • QT延長、心室性頻脈(Torsades de pointesを含む)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。なお、QT延長等の心疾患のある患者には特に注意すること。

白血球減少、顆粒球減少、血小板減少(頻度不明)注)

  • 白血球減少、顆粒球減少、血小板減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

横紋筋融解症(頻度不明)注)

  • 横紋筋融解症があらわれることがあるので、観察を十分に行い、筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇等があらわれた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。また、横紋筋融解症による急性腎不全の発症に注意すること。

薬効薬理

抗菌作用27)

  • アジスロマイシンは、Mycobacterium avium及びMycobacterium intracellulareから構成されるMACに対してin vitroで抗菌活性を示し、ベージュマウス及びラットのMAC感染モデルにおいて、予防及び治療効果を発揮した。
  • アジスロマイシンは、マウス及びヒトのマクロファージ培養細胞及びベージュマウス感染モデルにおいて、貪食されたMACに対して抗菌活性を示した。

作用機序

  • 細菌の70Sリボソームの50Sサブユニットと結合し、蛋白合成を阻害する28)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • アジスロマイシン水和物(Azithromycin Hydrate)

化学名

  • (2R,3S,4S,5R,6R,8R,11R,12R,13S,14R)-5-(3,4,6-Trideoxy-3-dimethylamino-β-D-xylo-hexopyranosyloxy)-3-(2,6-dideoxy-3-C-methyl-3-O-methyl-α-L-ribo-hexopyranosyloxy)-10-aza-6,12,13-trihydroxy-2,4,6,8,10,11,13-heptamethylhexadecan-14-olide dihydrate

略号

  • AZM

分子式

  • C38H72N2O12・2H2O

分子量

  • 785.02

力価

  • アジスロマイシン水和物の力価は、アジスロマイシン(C38H72N2O12:748.98)としての量を質量(力価)で示す。

性状

  • アジスロマイシン水和物は、白色の結晶性の粉末である。メタノール又はエタノール(99.5)に溶けやすく、水にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
先読みazithromycin hydrate
国試過去問107D011
リンク元マクロライド系抗菌薬」「急性咽頭炎」「後天性QT延長症候群」「レジオネラ属」「Legionella pneumophila
拡張検索アジスロマイシン水和物

azithromycin hydrate」

  [★]

azithromycin


107D011」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107D010]←[国試_107]→[107D012

マクロライド系抗菌薬」

  [★]

macrolide antibiotic macrolide antibiotics, macrolides, MLs
マクロライド系抗生物質 ←厳密には違うが、多くの人が間違って使っている
抗菌薬

特徴

  • 抗菌スペクトルが広い
  • 静菌的に作用
  • 大きな環状構造を有する。14員環-16員環
  • タンパク質合成阻害薬
  • 抗生物質としての作用の他に、抗炎症作用を有するらしい
炎症の抑制 ex.びまん性汎細気管支炎

構造

  • http://www.sigmaaldrich.com/life-science/life-science-catalog/product-catalog.html?TablePage=14572877
  • Macrolide antibiotics contain a many-membered lactone ring (14-membered rings for erythromycin and clarithromycin and a 15-membered ring for azithromycin) to which are attached one or more deoxy sugars. Clarithromycin differs from erythromycin only by methylation of the hydroxyl group at the 6 position, and azithromycin differs by the addition of a methyl-substituted nitrogen atom into the lactone ring. These structural modifications improve acid stability and tissue penetration and broaden the spectrum of activity.(GOO. chapter 46)

作用機序

  • inhibit bacterial protein synthesis by reacting with the 50s ribosomal subunit and preventing the release of the uncharged tRNA.

薬理作用

動態

  • 経口で吸収される

抗菌スペクトル

  • ペニシリンより広い抗菌スペクトル
  • グラム陽性球菌、グラム陰性球菌、グラム陰性桿菌、スピロヘータ、一部のリケッチア、ウイルス

適応

  • マイコプラズマ肺炎、クラミジア感染症、カンピロバクター腸炎、レジオネラ症
  • びまん性汎細気管支炎:14員環マクロライドのみ
  • URIs, pneumonias, STD

注意

禁忌

副作用

悪心、嘔吐、消化器の蠕動を促進
  • 薬物相互作用
テオフィリン
喘息の治療薬。CYP3A4で代謝される。中毒域と治療域がちかいので注意する

マクロライド系抗菌薬

14員環

15員環

16員環

14員環 (ケトライド系抗菌薬)

有効性 (SMB.147)

○:殺菌的、△静菌的




急性咽頭炎」

  [★]

acute pharyngitis
カタル性咽頭炎 catarrhal pharyngitis
咽頭炎急性扁桃炎


病因の鑑別

IRE.475改変
  • 1. 非感染性
  • 2. 感染性
  • ウイルス
  • 細菌
  • 真菌

化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes A群β溶連菌による急性咽頭炎

治療

  • ペニシリン系抗菌薬:ペニシリンアレルギーがある場合には使えない。また病原体が不明であるときに投与すると、疾患が伝染単核球症の場合皮疹を生じさせてしまうので、これを否定できるまで投与しない。(IRE.999)
  • マクロライド系抗菌薬:クラリスロマイシンアジスロマイシン。日本ではマクロライド耐性溶連菌が多いらしい。(IRE.999)

国試


後天性QT延長症候群」

  [★]

acquired long-QT syndrome
QT延長症候群多形性心室頻拍トルサード・ド・ポアンツ

病因

参考1

治療

  • 発作:Mgの静注が有効

参考文献

  • 1. 不整脈薬物治療に関するガイドライン(2009年改訂版)
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf


レジオネラ属」

  [★]

Legionella
Legionellaレジオネラ
レジオネラ科 Legionellaceaeグラム陰性桿菌

特徴

レジオネラ症の代表的菌種 レジオネラ属菌

培養

レジオネラ属による感染症

治療


Legionella pneumophila」

  [★]

Legionella pneumophila
L. pneumophila在郷軍人病菌
レジオネラ属細菌

特徴

  • グラム陰性
  • 短桿菌

感染症

抗菌薬


アジスロマイシン水和物」

  [★] アジスロマイシン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡