γ-アミノ酪酸

出典: meddic

GABA γ-aminobutyrate

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/10/23 04:24:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • スターフルーツに含まれる特徴的な成分の熟度による変化
  • 沖 智之,松村 まさと,氏原 邦博,住 秀和,佐藤 麻紀,須田 郁夫
  • 日本作物学会九州支部会報 (77), 68-72, 2011-05-15
  • スターフルーツの摘果果実や過熟果実の利活用に資する基礎情報を得ることを目的として,スターフルーツを特徴付ける成分と熟度との関係について検討した.総ポリフェノールとプロアントシアニジンの含量は,熟度2以降,すなわち果皮が黄色に7分着色してからの変動は小さいこと,総シュウ酸量は未熟果実(果皮色が緑色)で最も多く,成熟(果皮色が緑色から黄〜橙色へ変化)するにつれて減少することが明らかとなった.また,スタ …
  • NAID 110008687291
  • もち麦粒を用いたγアミノ酪酸の高生産技術
  • 渡部 保夫,鳥居 枝里子,大野 一仁,前田 耕作
  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 58(4), 182-185, 2011-04-15
  • 本研究は,愛媛県が生産量1位である裸麦類に属するもち麦を食品原料としての利用を活性化するためにGABA機能付加を試みた.精麦した精麦もち麦粒とグルタミン酸溶液を混合して浸漬後,水切りして湿った精麦もち麦をもう一度保温することで,高含量のGABAを含むもち麦粒が製造できた.0.3%から1%グルタミン酸溶液(pH4から8)に浸漬するが,もち麦の表皮を剥いだ精麦もち麦粒を用いることが重要であった.
  • NAID 10028259878

関連リンク

GABA(γ-アミノ酪酸)は天然に存在するアミノ酸の一つで、無脊椎動物から脊椎動物、植物にいたるまで広く自然界に存在します。 現在、GABAは、血圧降下、精神安定などの作用で注目を浴びていますが、発見されたのは1950年。
詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 脳代謝促進剤

販売名

ガンマロン錠250mg

組成

  • 1錠中に次の成分を含有

有効成分

  • ガンマ−アミノ酪酸 250mg

添加物

  • トウモロコシデンプン、軽質無水ケイ酸、ポリビニルアルコール(部分けん化物)、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、マクロゴール6000、タルク、ジメチルポリシロキサン、二酸化ケイ素、カルナウバロウ

効能または効果

  • 下記疾患に伴う諸症状(頭痛、頭重、易疲労性、のぼせ感、耳鳴、記憶障害、睡眠障害、意欲低下)

  頭部外傷後遺症

  • ガンマ−アミノ酪酸として、通常成人1日3g(12錠)を3回に分割経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

薬効薬理

脳代謝促進作用1,2)

  • 脳では主として、血液からのグルコースをエネルギー源として機能が営まれている。ガンマ−アミノ酪酸は、TCAサイクルの導入部に必要なヘキソキナーゼ活性を高め糖質代謝を促進する。また、実験的脳損傷(イヌ)にガンマ−アミノ酪酸50mg/kgを静注した場合、脳血流量、脳酸素供給量などの増加が認められている。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ガンマ−アミノ酪酸(γ-Aminobutyric Acid)

略名

  • GABA

化学名

  • 4-aminobutanoic acid

分子式

  • C4H9NO2

分子量

  • 103.12

性状

  • 白色の結晶又は結晶性の粉末で、わずかに特異なにおいがあり、味はわずかに苦い。水又は氷酢酸に溶けやすく、メタノールに溶けにくく、エーテル又はクロロホルムにほとんど溶けない。水溶液(1→10)のpHは7.0〜8.0である。

融点

  • 約200℃(分解)


★リンクテーブル★
リンク元GABA」「γ-ヒドロキシ酪酸」「γアミノ酪酸」「ガンマ-アミノ酪酸」「4-ヒドロキシ酪酸尿症
拡張検索γ-アミノ酪酸トランスアミナーゼ
関連記事酪酸」「」「アミノ酪酸

GABA」

  [★]

butyl
γ-aminobutyric acid, γ-aminobutyrate, gamma aminobutyric acid
γ-アミノ酪酸4-アミノ酪酸γ-アミノ酪酸γアミノ酪酸ガンマアミノブチル酸
GABA受容体ブチル



  • アミノ酸からなる
  • 抑制性神経伝達物質

構造

  • 4炭素の炭化水素 butaneのカルボン酸 butyric acidをベースとして、γ位(カルボン酸の炭素につながっている炭素がα位)にアミノ基がついた構造

生合成

  • グルタミン酸にグルタミン脱炭酸酵素が作用しγ-アミノ酪酸が生成する(補酵素:PLP) (SPC.77)



γ-ヒドロキシ酪酸」

  [★]

γ-hydroxybutyric acid gamma hydroxybutyric acid gamma-hydroxybutyrate gamma hydroxybutyrate GHBA GHB
4-ヒドロキシ酪酸 4-hydroxybutyric acid
γ-アミノ酪酸 GABA



γアミノ酪酸」

  [★]

gamma-aminobutyric acidGABA
ガンマロン
ギャバγ-アミノ酪酸4-アミノ酪酸ガンマアミノ酪酸ガンマ-アミノ酪酸


ガンマ-アミノ酪酸」

  [★]

gamma-aminobutyric acid
γアミノ酪酸ギャバγ-アミノ酪酸ガンマアミノ酪酸


4-ヒドロキシ酪酸尿症」

  [★]

4-hydroxybutyric aciduria
γ-アミノ酪酸



γ-アミノ酪酸トランスアミナーゼ」

  [★]

gamma-aminobutyrate transaminase4-aminobutyrate transaminase
4-アミノブチル酸トランスアミナーゼ4-アミノ酪酸トランスアミナーゼγアミノ酪酸トランスアミナーゼ


酪酸」

  [★]

butyric acid, butanoic acid
ブチル酸ブタン酸
カルボン酸
  • CH3(CH2)2COOH

関連物質


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

アミノ酪酸」

  [★]

aminobutyric acidaminobutyrate
アミノ酪酸塩




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡