γアミノ酪酸

出典: meddic

gamma-aminobutyric acidGABA
ガンマロン
ギャバγ-アミノ酪酸4-アミノ酪酸ガンマアミノ酪酸ガンマ-アミノ酪酸


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/21 16:03:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • ブラウン系統エノキタケによるγ-アミノ酪酸含有素材の作出と血圧降下作用
  • 原田 陽,永井 武,山本 美保
  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 58(9), 446-450, 2011-09-15
  • きのこの子実体を原料として,11種類のきのこによるGABA生成能を比較した上で,グルタミン酸を添加するGABA生成法を検討した.きのこの中でもエノキタケのGABA生成能が高く,ブラウン系エノキタケの子実体を原料とした場合20°C 6〜8時間の反応により原料の6〜7%に相当するGABA生成が可能であった.GABAを増やしたブラウン系統エノキタケを高血圧自然発症ラット(SHR)に強制経口投与した結果, …
  • NAID 10029722693
  • スターフルーツに含まれる特徴的な成分の熟度による変化
  • 沖 智之,松村 まさと,氏原 邦博,住 秀和,佐藤 麻紀,須田 郁夫
  • 日本作物学会九州支部会報 (77), 68-72, 2011-05-15
  • スターフルーツの摘果果実や過熟果実の利活用に資する基礎情報を得ることを目的として,スターフルーツを特徴付ける成分と熟度との関係について検討した.総ポリフェノールとプロアントシアニジンの含量は,熟度2以降,すなわち果皮が黄色に7分着色してからの変動は小さいこと,総シュウ酸量は未熟果実(果皮色が緑色)で最も多く,成熟(果皮色が緑色から黄〜橙色へ変化)するにつれて減少することが明らかとなった.また,スタ …
  • NAID 110008687291

関連リンク

関連画像

γ-アミノ酪酸Γ アミノ酪酸』の画像を検索 ギャバ(γ-アミノ酪酸)の Γ-アミノ酪酸 - Gamma-Aminobutyric Γ-アミノ酪酸γアミノ酪酸 - meddic γアミノ

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
先読みγ-アミノ酪酸
リンク元アミノ酸」「GABA」「ガンマ-アミノ酪酸
拡張検索γアミノ酪酸トランスアミナーゼ」「γアミノ酪酸受容体」「γアミノ酪酸GABAもみよ
関連記事酪酸」「」「アミノ酪酸

γ-アミノ酪酸」

  [★] GABA γ-aminobutyrate


アミノ酸」

  [★]

amino acid
ケト原性アミノ酸糖原性アミノ酸

定義

  • L-アミノ酸、D-アミノ酸がある。一般的に生合成されるポリペプチドはL-アミノ酸を材料としている。D-アミノ酸は細菌が産生し、ごく短いペプチドとして特に、細胞壁に存在する。これはペプチダーゼによる分解を免れるためと言われている。D-アミノ酸を含むポリペプチドは、通常の翻訳経路で生合成されない。(FB.58)
  • ケト原性:Leu, Lys
  • 糖原性/ケト原性:Ile, Phe, Trp
  • 糖原性:Met, Thr, Val, Arg, His
ArgとHisは成長期に必要
PriVaTe TIM HALL

一覧

分類 極性 電荷 名前 1 3 糖原性 ケトン原性 必須アミノ酸 分枝アミノ酸   pK1
α-COOH
pK2
α-NH2
pKR
側鎖
側鎖
疎水性アミノ酸 グリシン G Gly           2.35 9.78   ―H
アラニン A Ala           2.35 9.87   ―CH3
バリン V Val       2.29 9.74   ―CH(CH3)2
フェニルアラニン F Phe ○3     2.2 9.31   ―○C6H5
プロリン P Pro           1.95 10.64   αCとNH2の間に
―CH2CH2CH2-
メチオニン M Met     ○2     2.13 9.28   ―CH2CH2-S-CH3
イソロイシン I Ile   2.32 9.76   ―CH(CH3)CH2CH3
ロイシン L Leu     2.33 9.74   ―CH2CH(CH3)2
荷電アミノ酸 酸性 アスパラギン酸 D Asp           1.99 9.9 3.9
β-COOH
―CH2COOH
酸性 グルタミン酸 E Glu           2.1 9.47 4.07
γ-COOH
―CH2CH2COOH
塩基性 リシン K Lys       2.16 9.06 10.54
ε-NH2
側鎖のCH2は4つ
―-CH2CH2CH2CH2NH2
塩基性 アルギニン R Arg     ○1     1.82 8.99 12.48
グアニジウム基
側鎖のCH2は3つ
―CH2CH2CH2-NH-C-(NH2)NH
極性アミノ酸 セリン S Ser           2.19 9.21   ―CH2OH
スレオニン T Thr     2.09 9.1   ―CH(CH3)OH
チロシン Y Tyh       2.2 9.21 10.46
フェノール
―CH2-φ
塩基性 ヒスチジン H His         1.8 9.33 6.04
イミダゾール基
―CH2-C3H3N2
システイン C Cys           1.92 10.7 8.37
-SH基
―CH2-SH
アスパラギン N Asn           2.14 8.72   ―CH2-CO-NH2
グルタミン Q Gln           2.17 9.13   ―CH2-CH2-CO-NH2
トリプトファン W Trp     2.46 9.41   ―Indol ring
1 人体で合成できるが、不十分。
2 Cysが足らなければ、Metから合成することになる。
  名称 基となるアミノ酸  
修飾されたアミノ酸 シスチン システイン システイン2分子が酸化されて生成する。
ヒドロキシプロリン プロリン ゼラチン、コラーゲンに含まれる。
ヒドロキシリジン リジン
チロキシン チロシン 甲状腺タンパク質に含まれる。
O-ホスホセリン   カゼインなど、多くのリンタンパク質に含まれる。
デスモシン    
蛋白質の構成要素ではない オルニチン アルギニン ミトコンドリア中でカルバモイルリン酸と反応
シトルリン オルニチンカルバモイルリン酸  
クレアチン アルギニングリシン  
γアミノ酪酸 アルギニン  

必須アミノ酸

準必須 アルギニン
必須 メチオニン
フェニルアラニン
リジン
valine
スレオニン
トリプトファン
ロイシン
イソロイシン
準必須 ヒスチジン

参考

  • Wikipedia - アミノ酸




GABA」

  [★]

butyl
γ-aminobutyric acid, γ-aminobutyrate, gamma aminobutyric acid
γ-アミノ酪酸4-アミノ酪酸γ-アミノ酪酸γアミノ酪酸ガンマアミノブチル酸
GABA受容体ブチル



  • アミノ酸からなる
  • 抑制性神経伝達物質

構造

  • 4炭素の炭化水素 butaneのカルボン酸 butyric acidをベースとして、γ位(カルボン酸の炭素につながっている炭素がα位)にアミノ基がついた構造

生合成



ガンマ-アミノ酪酸」

  [★]

gamma-aminobutyric acid
γアミノ酪酸ギャバγ-アミノ酪酸ガンマアミノ酪酸


γアミノ酪酸トランスアミナーゼ」

  [★]

gamma-aminobutyrate transaminase4-aminobutyrate transaminase
4-アミノブチル酸トランスアミナーゼ4-アミノ酪酸トランスアミナーゼγ-アミノ酪酸トランスアミナーゼ


γアミノ酪酸受容体」

  [★]

gamma-aminobutyric acid receptor
GABA受容体


γアミノ酪酸GABAもみよ」

  [★]

154


酪酸」

  [★]

butyric acid, butanoic acid
ブチル酸ブタン酸
カルボン酸
  • CH3(CH2)2COOH

関連物質


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

アミノ酪酸」

  [★]

aminobutyric acidaminobutyrate
アミノ酪酸塩




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡