αケト酸デヒドロゲナーゼ

出典: meddic

alpha-keto acid dehydrogenase
3-メチル-2-オキソブタン酸デヒドロゲナーゼαケト酸脱水素酵素α-ケト酸脱水素酵素α-ケト酸デヒドロゲナーゼ

和文文献

  • Pseudomonas putida のL-メチオニン分解系オペロンの解析
  • 井上 宏之,田村 隆,稲垣 賢二[他] [他],田中 英彦
  • 岡山大学農学部学術報告 87, 53-58, 1998-02-01
  • mdeオペロン及びその上流調節遺伝子(mdeR)がPseudomonas putida染色体DNAからクローニングされ、これらの遺伝子の塩基配列が決定された。mdeオペロンは、L-メチオニン分解代謝に伴われる2つの構造遺伝子mdeA (L-メチオニン γ-リアーゼ遺伝子)及び、mdeB(ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体のE1成分に相同性のあるタンパク質をコードする遺伝子)を含んでいた。ロー因子非依 …
  • NAID 110000130419
  • α-ケト酸デヒドロゲナーゼ複合体研究の新展開 : アミノ酸代謝に応答する複合体酵素の多様性
  • 井上 宏之
  • 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi 75(4), 281, 1997-07-25
  • NAID 110002951602

関連リンク

↓ ②CoAエステルの生成、分岐鎖α-ケト酸デヒドロゲナーゼ( 〃 デカルボキシラーゼ) CO 2 対応するアシル-CoA チオエステル ↓ ③不飽和化 対応するα,β-不飽和アシル-CoAチオエステル ↓Val ↓Leu ↓Ile スクシニル-CoA β-ヒドロキシ-β -メチル ...
... 基転移: アミノ酸のアミノ基をα-ケトグルタル酸などのアミノ基受容体に転移し,α-ケト酸 を生じる。アミノ基は最終的に全てグルタミン酸に集められる。 酸化的脱アミノ: グルタミン酸はミトコンドリア中で酸化的に脱アミノされ ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みα-ケト酸デヒドロゲナーゼ」「α-ケト酸脱水素酵素」「alpha-keto acid dehydrogenase」「αケト酸脱水素酵素
リンク元3-メチル-2-オキソブタン酸デヒドロゲナーゼ
関連記事ケト酸」「」「ヒドロ

α-ケト酸デヒドロゲナーゼ」

  [★]

alpha-keto acid dehydrogenase 3-methyl-2-oxobutanoate dehydrogenase
α-ケト酸脱水素酵素
[[]]

α-ケト酸脱水素酵素」

  [★] α-ケト酸デヒドロゲナーゼ

alpha-keto acid dehydrogenase」

  [★] α-ケト酸デヒドロゲナーゼ

αケト酸脱水素酵素」

  [★] α-ケト酸デヒドロゲナーゼ

3-メチル-2-オキソブタン酸デヒドロゲナーゼ」

  [★]

3-methyl-2-oxobutanoate dehydrogenase
3-メチル-2-オキソブタン酸脱水素酵素αケト酸デヒドロゲナーゼ

ケト酸」

  [★]

ketoacid, keto acid
ケトン酸、オキソ酸 oxoacid oxo acid
アミノ基転移
[show details]
ケトンカルボニル基COとカルボキシル基のCOOHを含む有機化合物

  • アミノ基転移反応の際に、αケト酸はカルボニル基の炭素原子でアミノ酸からのアミノ基-NH3を受け取る

ケト酸(ケトさん、Keto acid)は、ケトン基カルボキシル基を含む有機酸である。

ケト酸のタイプには次のようなものがある。

  • α-ケト酸(2-オキソ酸):ピルビン酸のようにケトン基がα炭素にあるもの。
ピルビン酸 CH3COCOOH
  • β-ケト酸(3-オキソ酸):アセト酢酸のようにケトン基がβ炭素にあるもの。
アセト酢酸 CH3COCH2COOH
  • γ-ケト酸(4-オキソ酸):レブリン酸のようにケトン基がγ炭素にあるもの。
レブリン酸 CH3COCH2CH2COOH


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

ヒドロ」

  [★]

hydro
ハイドロ



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡