cholestyramine

コレスチラミン


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/04/20 00:52:47」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Recovery of graft steatosis and protein-losing enteropathy after biliary diversion in a PFIC 1 liver transplanted child.
  • Nicastro E, Stephenne X, Smets F, Fusaro F, de Magnée C, Reding R, Sokal EM.SourceDépartement de Pédiatrie, Cliniques Universitaires Saint Luc Unité de Chirurgie et Transplantation Pédiatrique, Cliniques Universitaires Saint Luc, Université Catholique de Louvain, Brussels, Belgium.
  • Pediatric transplantation.Pediatr Transplant.2012 Aug;16(5):E177-82. doi: 10.1111/j.1399-3046.2011.01514.x. Epub 2011 Jun 15.
  • Nicastro E, Stephenne X, Smets F, Fusaro F, de Magnée C, Reding R, Sokal EM. Recovery of graft steatosis and protein-losing enteropathy after biliary diversion in a PFIC 1 liver transplanted child. Abstract:  PFIC 1 is a genetic disorder characterized by hepatic and gastrointestinal disease, ofte
  • PMID 21672103
  • [Cholestatic pruritus : New insights into pathophysiology and current treatment].
  • Kremer AE, Oude Elferink RP, Beuers U.SourceMedizinische Klinik 1, Gastroenterologie, Hepatologie, Pneumologie und Endokrinologie, Friedrich-Alexander-Universität Erlangen-Nürnberg, Ulmenweg 18, 91054, Erlangen, Deutschland, andreas.kremer@uk-erlangen.de.
  • Der Hautarzt; Zeitschrift für Dermatologie, Venerologie, und verwandte Gebiete.Hautarzt.2012 Jul;63(7):532-8.
  • Pruritus is a common symptom of hepatobiliary disorders and may considerably diminish quality of life. Cholestatic pruritus exerts a circadian rhythm and is typically most severe in the evening hours and early at night. Itching is reported often to be most intense at the palms and the soles, but may
  • PMID 22733242

Japanese Journal

  • A case of pseudohomozygous type II hyperlipoproteinemia in early infancy
  • Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 53(1), 110-113, 2011-02-01
  • NAID 10029557390
  • コレスチラミンと植物ステロールが絶食-再摂食ラットのコレステロール代謝に及ぼす影響
  • 種々高リン血症治療薬のリン酸吸着能に関する基礎的検討

Related Links

Cholestyramine official prescribing information for healthcare professionals. Includes: indications, dosage, adverse reactions, pharmacology and more. ... Clinical Studies In a large, placebo-controlled, multi-clinic study, LRC-CPPT 1 ...
Find patient medical information for Cholestyramine Light oral on WebMD including its uses, side effects and safety, interactions, pictures, warnings and user ratings. ... Cholestyramine is used along with a proper diet to lower cholesterol ...



★リンクテーブル★
リンク元コレスチラミン」「colestyramine

コレスチラミン」

  [★]

cholestyramine
クエストラン
  • 吸着剤

概念

  • 高分子陰イオン交換樹脂。
  • 不溶性の4級アンモニウム型陰イオン交換樹脂 → negative chargeを持つ物質、胆汁酸の吸着を目的として用いる。

作用機序

「クエストラン粉末44.4% 」より引用
  • 腸管内において胆汁酸と結合してその糞中排泄量を増大させることにより、外因性のコレステロールの吸収が阻害される。また、排泄量の増大による胆汁酸の減少を補償するために、肝においてはコレステロールから胆汁酸への異化が亢進する。これらの作用により血中コレステロールを低下させると考えられている。
  • またコレスチラミンが、胆汁中に排泄されたレフルノミドの活性代謝物を吸着することにより消化管からの再吸収を抑制し、レフルノミドの活性代謝物の体外排泄を促進させると考えられている。

効能又は効果/用法及び用量

「クエストラン粉末44.4% 」より引用
  • 高コレステロール血症
  • レフルノミドの活性代謝物の体内からの除去

適応

  • 1)高コレステロール血症
  • 2)レフルノミドの活性代謝物の体内からの除去 保険適用の対象:他の薬剤の用量に比べ大量に投与され、かつ、微粉末の製剤であるため、服用時に患者の肉体的負担が大きいことから、一般に高コレステロール血症の治療薬の選択においては、他の薬剤が優先して使用される。ただし、家族性高コレステロール血症の重症例の治療においては、不可欠な製剤として使用されるものであること(昭和60年7月19日保険発第78号厚生省保険局医療課長通知)

添付文書

  • クエストラン粉末44.4%
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2189009R1032_1_01/2189009R1032_1_01?view=body

colestyramine」

  [★]

コレスチラミン

cholestyramine