095A090


  • (1) 黄疸による障害は血中ビリルビン最高値と生後日数とに依存する。
  • (2) ビリルビンの神経毒性は直接ビリルビン値に依存する。
  • (3) 光線療法に用いる波長は赤外線に近い。
  • (4) 光線療法中の1日水分投与量は少なめに維持する。
  • (5) 光線療法は皮膚のビリルビンを水溶性にする。


  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

[正答]


※国試ナビ4※ 095A089]←[国試_095]→[095A091



★リンクテーブル★
国試過去問095A089」「095A091

095A089」

  [★]

  • 精神分裂病に適用される検査はどれか。
  • (1) Minnesota多面人格検査(MMPI)
  • (2) Rorschachテスト
  • (3) 簡易精神症状評価尺度(BPRS)
  • (4) Wechsler成人知能検査(WAIS)
  • (5) Mini-Mental State Examination(MMSE)
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

[正答]


※国試ナビ4※ 095A088]←[国試_095]→[095A090

095A091」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 095A090]←[国試_095]→[095A092