stupor

出典: meddic

昏迷

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「意識もうろうの状態,ぼうっとした状態」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/09/05 16:02:05」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Electroconvulsive therapy and/or plasmapheresis in autoimmune encephalitis?
  • Gough JL1, Coebergh J1, Chandra B1, Nilforooshan R1.
  • World journal of clinical cases.World J Clin Cases.2016 Aug 16;4(8):223-8. doi: 10.12998/wjcc.v4.i8.223.
  • Autoimmune encephalitis is a poorly understood condition that can present with a combination of neurological and psychiatric symptoms, either of which may predominate. There are many autoantibodies associated with a variety of clinical syndromes - anti-N-Methyl-D-Aspartate receptor (NMDAR) is the co
  • PMID 27574610
  • Acute mental change and hemiplegia after autologous fat injection.
  • Kang JH1, Park KH2, Park JS1.
  • Journal of cosmetic and laser therapy : official publication of the European Society for Laser Dermatology.J Cosmet Laser Ther.2016 Aug 5:1-4. [Epub ahead of print]
  • Autologous fat injection is a common procedure used for skin augmentation. It is known to be safe and simple, but severe complications have been reported at times. The authors observed a patient with acute large cerebral infarction including the territories of the anterior and middle cerebral arteri
  • PMID 27352047
  • Brainstem Monitoring in the Neurocritical Care Unit: A Rationale for Real-Time, Automated Neurophysiological Monitoring.
  • Stone JL1,2,3, Bailes JE4, Hassan AN5, Sindelar B4,6, Patel V4, Fino J5.
  • Neurocritical care.Neurocrit Care.2016 Aug 2. [Epub ahead of print]
  • Patients with severe traumatic brain injury or large intracranial space-occupying lesions (spontaneous cerebral hemorrhage, infarction, or tumor) commonly present to the neurocritical care unit with an altered mental status. Many experience progressive stupor and coma from mass effects and transtent
  • PMID 27484878

和文文献

  • 昏迷と緊張病 再考
  • 甲状腺機能亢進症に併発した脳静脈洞血栓症の1 例
  • 昏迷 (特集 精神科救急 : 明日への一歩) -- (エビデンスに基づく病態と評価,対処法)
  • 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine 39(13), 1787-1793, 2015-12
  • NAID 40020680038

関連リンク

Stupor is the lack of critical cognitive function and level of consciousness wherein a sufferer is almost entirely unresponsive and only responds to base stimuli such as pain. A person is also rigid and mute and only appears to be conscious as ...
Synonyms for stupor at Thesaurus.com with free online thesaurus, antonyms, and definitions. Dictionary and Word of the Day.

関連画像

Federico II, lo stupor mundi per Stuporphoto , and head injuries, can produce stuporStupor - objawyFile:InformationStuporHighway351.png


★リンクテーブル★
リンク元意識障害」「意識混濁」「昏迷」「ナルコーシス
拡張検索stuporous

意識障害」

  [★]

consciousness disturbance, disturbance of consciousness
意識


分類

時間による分類

急性/慢性, 持続性/一過性

PSY.38

  • 単純な意識障害
明識困難状態 < 昏蒙 < 傾眠 < 昏眠 < 昏睡
  • 複雑な意識障害
  • せん妄     意識混濁 + (高度)精神運動興奮
  • 夜間せん妄
  • 意識障害に関連した特殊な病態

意識レベルの分類 覚醒度

Mayo Clinicの分類

救急 意識障害をみたら

  • AIUEOTIPS (also see DIF.96)
  症候学プリント DIF.95
A alcohol アルコール関連 accidents, arterial occlusions, arteriosclerosis, aneurysms, autoimmune disorders
I insulin インスリン関連(低血糖、糖尿病性ケトアシドーシス非ケトン性高浸透圧性昏睡) inflammatory, intoxication (encephalitis, cerebral abcess, meningitis, alcoholism, opiates, barbiturates)
U uremia 尿毒症電解質異常、内分泌異常、肝性脳症 undefined disorders (narcolepsy, conversion hysteria)
E encephalopathy, endocrinopathy, electrolyte 脳症(脳炎、脳血管障害)、てんかん後 endocrine disorders(myxedema coma, hyperparathyroidism, diabetic coma, insulin shock), epileptic coma
O opiate, other overdose of O2 & CO2 薬物中毒 organ failure(hepatic coma, respiratory failure, uremia)
T trauma, tumor, temparature 頭部外傷、脳挫傷、硬膜外血腫、硬膜下血腫  
I infection 感染症、髄膜炎
P psychogenic 精神疾患
S syncope, seizure, stroke, shock, senile 失神クモ膜下出血

意識障害を来した患者が来た場合:どのような疾患を鑑別に挙げるべきか(IMD.237)

  • 1. 脳原発の疾患(一次性)
  • a. テント上病変(脳幹の圧迫性病変ないし脳ヘルニアをきたす疾患)
  • 1) 脳血管障害:脳出血、脳梗塞
  • 2) 硬膜下血腫
  • 3) 脳腫瘍:原発性、転移性
  • 4) 脳膿瘍
  • b. テント下病変(脳幹網様体の障害)
  • 1) 脳幹出血、脳幹梗塞、小脳出血、小脳梗塞、脳腫痛、多発性硬化症など
  • c. びまん性病変
  • 1) くも膜下出血、中枢神経感染症:髄膜炎、脳炎、 播種性血管内凝固症候群など
  • 2. 全身疾患に伴う病態(二次性)
  • a. 代謝性またはびまん性病変
  • 1) ショック:心筋梗塞、大出血など
  • 2) 薬物、毒物
  • 3) 無酸素ないし低酸素血症
  • 4) DIC、全身性感染症:敗血症など
  • 5) 肝不全、腎不全、糖尿病性高血糖、重症肝炎、内分泌疾患など
  • 6) 低血糖、ビタミンB1欠乏: Wernicke脳症
  • 7) 脳振盪、てんかん大発作後
  • 8) 酸塩基平衡および電解質異常
  • 9) 栄養障害
  • b. 心因性無反応
  • 1) ヒステリー、統合失調症


意識障害をきたす電解質異常

QB.D-345
カリウムは静止膜電位にかかわるが、ニューロンの活動にはそれほど関わらないから、意識障害はきたしにくいのかもしれない。
pHの異常も局所的に干渉されるため意識障害をきたしにくいのかもしれない。

意識障害の評価法

evaluation of consciousness disturbance



意識混濁」

  [★]

clouding of consciousness, consciousness clouding
意識意識障害、明識困難状態


意識混濁

BET 130改変
軽度な
意識混濁
意識不鮮明
錯乱
confusion 周囲に対する認識や理解は低下し、思考の清明さや、記憶の正確さが失われる
昏蒙 benumbness 軽い意識障害で、注意力低下、無関心、自発力低下の状態
 
中程度・高度の
意識混濁
昏睡 coma 外界からの強い刺激にも運動反応はない
半昏睡 semicoma 外界からの強い刺激に対する反応は残っている
昏迷 stupor 強い刺激に短時間は覚醒し運動反応がある
傾眠 somnolence 病的に名場合に用いられ、放置すれば意識が低下し、眠ったようになるが、刺激で覚醒する
 
昏眠 sopor comaより軽く、stuporに近い状態で用いられる。
嗜眠 lethargy somnolenceより意識低下傾向が強い場合に用いられる
傾眠 drowsiness 正常、病的の区別なく眠り込む場合に用いられる
過眠 hypersomnia 不眠症の対義語として用いられる


昏迷」

  [★]

stupor

精神医学での昏迷

  • 自発的な身体的・精神的表出を欠いた状態。感情や言語の表出や行動が全くなくなった状態
  • 意識障害なし  ⇔ 英語圏では軽い意識障害を意味する

昏迷が見られる疾患

精神医学以外での昏迷

  • 意識障害の分類の一つ。自発運動はしばしば認められる。強い刺激に反応して逃避反応がみられ、反復すると指示に従う(例えば、開眼)。
SPE.624



ナルコーシス」

  [★]

narcosis
ナルコシス
炭酸ガスナルコーシス。昏睡麻酔anaesthesiaanaesthetizeanesthesiaanesthetizecomacomatosestupor
  • 神経活動の一時的低下による昏睡状態


stuporous」

  [★]

  • adj.
  • 昏迷状態の、昏迷の
stupor


"http://meddic.jp/stupor" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡