ranitidine

出典: meddic

ラニチジン

WordNet   license wordnet

「a histamine blocker and antacid (trade name Zantac) used to treat peptic ulcers and gastritis and esophageal reflux」
Zantac

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/31 16:01:41」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

英文文献

  • [Off-label and unlicensed drug use: Results from a pilot study in a pediatric intensive care unit].
  • García-López I1, Fuentes-Ríos JE2, Manrique-Rodríguez S2, M Fernández-Llamazares C2.
  • Anales de pediatria (Barcelona, Spain : 2003).An Pediatr (Barc).2017 Jan;86(1):28-36. doi: 10.1016/j.anpedi.2016.01.026. Epub 2016 Apr 14.
  • PURPOSE: To analyze the prevalence of use of off-label and unlicensed drugs in a pediatric intensive care unit of a University Hospital.METHOD: An observational, descriptive, prospective six week pilot study in a Pediatric Intensive Care Unit. Hospitalized patients aged between 0 and 18 years were i
  • PMID 27151379
  • Disposition of the anti-ulcer medications ranitidine, cimetidine, and omeprazole following administration of multiple doses to exercised Thoroughbred horses.
  • Knych HK1,2, Stanley SD1,2, Arthur RM3, McKemie DS1.
  • Journal of veterinary pharmacology and therapeutics.J Vet Pharmacol Ther.2017 Jan;40(1):92-96. doi: 10.1111/jvp.12328. Epub 2016 Jun 13.
  • The use of anti-ulcer medications, such as cimetidine, ranitidine, and omeprazole, is common in performance horses. The use of these drugs is regulated in performance horses, and as such a withdrawal time is necessary prior to competition to avoid a medication violation. To the authors' knowledge, t
  • PMID 27292271
  • Evaluation of recombinant human parathyroid hormone by CZE method and its correlation with in vitro bioassay and LC methods.
  • Maldaner FP1, Perobelli RF1, Xavier B1, Remuzzi GL2, Walter ME1, Dalmora SL3.
  • Talanta.Talanta.2017 Jan 1;162:567-573. doi: 10.1016/j.talanta.2016.10.053. Epub 2016 Oct 13.
  • A stability-indicating capillary zone electrophoresis (CZE) method was validated to assess the content/potency of the recombinant human parathyroid hormone (rhPTH 1-34), using ranitidine as internal standard (IS). A fused-silica capillary, (i.d. of 50µm; effective length of 40cm) was used at 25°C;
  • PMID 27837872

和文文献

  • Collagenous colitis を合併した血液透析患者の1例
  • 若杉 三奈子,市川 紘将,本間 照,若木 邦彦,本間 則行
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 43(12), 999-1003, 2010-12-28
  • 症例は83歳,女性.83歳から慢性腎不全のため,血液透析を導入.透析導入時の血液検査で,高ガンマグロブリン血症と抗核抗体320倍を認めたが,その他自己免疫疾患を示唆する所見は認めなかった.また,慢性腎不全の原疾患は不明であった.週3回の外来血液透析を継続中,平成20年6月末から水様性下痢(5〜6行/日)が出現.整腸剤,塩酸ロペラミド,バンコマイシンなどの内服を行ったが,下痢は慢性再発性に出現を繰り …
  • NAID 10027725144
  • Intestinal Metaplasia : The Effect of Acid on the Gastric Mucosa and Gastric Carcinogenesis
  • Watanabe Hiromitsu
  • Journal of Toxicologic Pathology 23(3), 115-123, 2010
  • … Alkaline phosphatase (ALP) positive metaplastic foci were increased by administration of ranitidine (H2 receptor antagonist), crude stomach antigens or subtotal resection of the fundus and decreased by cysteamine (gastric acid secretion stimulator), histamine or removal of the submandibular glands. …
  • NAID 130000450737

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元ヒスタミン受容体」「H2受容体拮抗薬」「ラニチジン
拡張検索ranitidine hydrochloride」「ranitidine bismuth citrate

ヒスタミン受容体」

  [★]

histamine receptor
ヒスタミン抗ヒスタミン薬受容体
  • 7回膜貫通型受容体。Gタンパク質共役型受容体。
  • H1R:平滑筋、血管内皮、神経→血管拡張、血管透過性↑、気管収縮、知覚神経刺激によるかゆみ・痛み
  • H2R:胃、心臓、中枢、リンパ→胃酸分泌促進
  • H3R:中枢、気道、消化管。ヒスタミン合成やNeuro transmitterの遊離抑制
  • H4R:リンパ球をはじめとする免疫炭層細胞、骨髄、脾臓。機能は不明
  • H1Rはα1受容体と似ている。Gαqと共役している
  • H2Rはβ1受容体と似ている。Gαsと共役している

ヒスタミン受容体 (GOO.630)

  Gタンパク セカンドメッセンジャー 分布 機能 作動薬 阻害薬
H1 Gq/11 Ca2+↑、cAMP↑ 平滑筋
内皮細胞
中枢神経系
血管拡張
血管透過性↑
気管収縮
知覚神経刺激
→かゆみ・痛み
2-CH3-histamine chlorpheniramine
H2 Gs cAMP↑ 壁細胞
心筋
肥満細胞
中枢神経系
胃酸分泌促進 dimaprit ranitidine
H3 Gi/o cAMP↓ 中枢神経シナプス前膜
筋層間神経叢
ヒスタミン合成
神経伝達物質遊離抑制
α-CH3-histamine thioperamide
clobenpropit
H4 Gi/o Ca2+↑、cAMP↓ 造血器官の細胞 clobenpropit thioperamide


H2受容体拮抗薬」

  [★]

H2 blocker H2-blockers
H2受容体ブロッカー H2 receptor blockerH2受容体拮抗薬 H2 receptor antagonist H2RA、ヒスタミンH2受容体遮断薬 ヒスタミンH2受容体拮抗薬 histamine H2-receptor antagonists histamine H2 receptor antagonist histamine H2 antagonistH2拮抗薬 H2 antagonist H2-antagonist、H2遮断薬H2ブロッカー
抗ヒスタミン薬
[show details]
GOO.chapter36 p.971
十二指腸潰瘍の治癒率を向上する (⇔プロトンポンプ阻害薬)

H2受容体拮抗薬

構造

  • イミダゾール環をもち、ヒスタミンに似る

作用機序

  • H1受容体にはほとんど作用しない
  • H2受容体に可逆的、競合的に結合してヒスタミンを阻害する。
  • 胃粘膜の局所の肥満細胞、ECL細胞
  • histamine→H2R→Csα→AC→cAMP↑→PKA→H+,K+-ATPase
  • histamine→H2R→[Ca2+]i↑→H+,K+-ATPase   ←補助的pathway
  • H2RとMRとGRは相互作用しており、胃酸を分泌する。

注意

  • 副作用5%↓
  • 薬剤耐性
  • リバウンド
  • 中止すると再発率が高い。そのため半年かけて漸減させゆっくり離脱
胃粘膜が減弱している
  • 薬物相互作用

副作用

  • 副作用5%↓
  • 汎血球減少症、無顆粒球症
  • 肝障害、抗アンドロゲン作用(女性化乳房、乳汁分泌)
  • 中止すると再発率が高い。そのため半年かけて漸減させゆっくり離脱
胃粘膜が減弱しているから

相互作用



ラニチジン」

  [★]

ranitidine
塩酸ラニチジン ranitidine hydrochloride
ザンタック Zantac、ツルデックブラウリベララデンラニザックラニタックラニチザン
  • 消化性潰瘍治療薬
  • 攻撃因子抑制剤
  • H2ブロッカー



ranitidine hydrochloride」

  [★]

ranitidine

ranitidine bismuth citrate」

  [★]

ラニチジンクエン酸ビスマス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡