pioglitazone

出典: meddic

ピオグリタゾン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/23 06:26:00」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Antidepressant-like effect of pioglitazone in the forced swimming test in mice: The role of PPAR-gamma receptor and nitric oxide pathway.
  • Sadaghiani MS, Javadi-Paydar M, Gharedaghi MH, Fard YY, Dehpour AR.SourceDepartment of Pharmacology, School of Medicine, Tehran University of Medical Sciences, Tehran, Iran; Brain and Spinal Injury Repair Research Center, Imam Khomeini Hospital, Tehran University of Medical Sciences, Tehran, Iran.
  • Behavioural brain research.Behav Brain Res.2011 Oct 31;224(2):336-43. Epub 2011 Jun 17.
  • In this study, the potential antidepressant-like effects of pioglitazone and the possible involvement of peroxisome proliferator-activated receptor gamma (PPARγ) and nitric oxide system in antidepressant effects of pioglitazone were determined using forced swimming test (FST) in mice.METHOD: After
  • PMID 21704657
  • The Monascus metabolite monascin against TNF-α-induced insulin resistance via suppressing PPAR-γ phosphorylation in C2C12 myotubes.
  • Lee BH, Hsu WH, Liao TH, Pan TM.SourceDepartment of Biochemical Science and Technology, College of Life Science, National Taiwan University, No. 1, Sec. 4, Roosevelt Road, Taipei 10617, Taiwan.
  • Food and chemical toxicology : an international journal published for the British Industrial Biological Research Association.Food Chem Toxicol.2011 Oct;49(10):2609-17. Epub 2011 Jul 12.
  • Chronic inflammation in muscle tissue causes insulin resistance and type-2 diabetes. Peroxisome proliferator-activated receptor (PPAR) ligands are reported to activate the phosphatidylinositol 3-kinase (PI3K)/Akt pathway, including pioglitazone, which belong to the thiazolidinedione (TZD). Monascin
  • PMID 21777645

和文文献

  • 脂肪細胞における時計遺伝子発現に及ぼすピオグリタゾンの影響
  • P2-3-4 インスリン抵抗性改善薬pioglitazone投与とダイエットが奏効したSertoli-Leydig cell tumor摘出後の2次性PCOS症例からの新知見(Group75 生殖医学(症例)3,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 清水 亜由美,遠藤 俊明,長澤 邦彦,馬場 剛,高田 さくら,高橋 円,石岡 伸一,斎藤 豪
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 715, 2011-02-01
  • NAID 110008509569

関連リンク

Pioglitazone is a prescription drug of the class thiazolidinedione (TZD) with hypoglycemic (antihyperglycemic, antidiabetic) action. Pioglitazone is marketed as trademarks Actos in the USA, the UK and Germany, Glustin in Europe,"Glizone " ...

関連画像

PioglitazonePioglitazone is used for the treatment of Pioglitazone: Indications, Side Effects Takeda Actos (pioglitazone)Actos (Pioglitazone Hydrochloride) - 30mg Pioglitazone 结构式


★リンクテーブル★
リンク元チアゾリジン薬」「ピオグリタゾン」「インスリン抵抗解除薬
拡張検索pioglitazone hydrochloride

チアゾリジン薬」

  [★]

インスリン抵抗解除薬
[show details]

分類

  • 糖尿病治療薬
  • インスリン抵抗解除薬
  • チアゾリジン薬

特徴

  • チアゾリジンジオン環を有する
  • 肥満者インスリン抵抗性が疑われる糖尿病において有効性が高い

作用機序

  • thiazolidinedionePPARγ(nuclear peroxisome proliferator-activated receptor-γ)の選択的アゴニスト。 (GOO.1639)
  • 炭化水素や脂質代謝を制御するインスリン応答遺伝子insulin-responsive genesを活性化する
  • 筋肉にはPPARγは欠いており、脂肪組織で発現している (GOO.1639)
  • 脂肪組織でのPPARγの活性化は筋肉への遊離脂肪酸への流れを止める (GOO.1639)
  • 脂肪組織が放出するadipocyte hormoneやadipokineの活性化、おそらくアディポネクチンによる (GOO.1639)

薬理作用

  • 末梢でのインスリン抵抗性を改善する、すなわちインスリンの感受性を上げる。 (GOO.1639)
  • 肝臓ではグルコースの産生を抑制する(かもしれない)。 (GOO.1639)
  • 肝臓や筋肉でグルコース輸送体の合成と膜上への発現を促す。末梢で脂質代謝を調節する遺伝子の発現を促進する (GOO.1639)
  • 前脂肪細胞は小型脂肪細胞なり、大型脂肪細胞はネクローシスを起こす。

DMR.112

  • 脂肪組織:炎症性サイトカインの発現低下、アディポネクチンの発現増強
  • 骨格筋:インスリン依存的なブドウ糖取り込み増強。
  • 肝臓:ブドウ糖産生抑制。 肝臓内脂肪酸量減少 → インスリン抵抗性解除
  • 末梢血:血糖↓、血中インスリン↓

適応

  • 2型糖尿病

禁忌

  • 心不全患者、心不全の既往がある患者 ← 循環血漿量を増加させるため

副作用

  • 循環血漿量の増加
  • 浮腫:循環血漿量の増加に伴う。ピオグリタゾン服用者の7-8%で報告されており、特に女性で発症頻度が高い。
  • 体重増加:循環血漿量の増加とは独立した要因
  • 肝機能障害:
  • 低血糖:稀

ピオグリタゾン」

  [★]

pioglitazone
塩酸ピオグリタゾン pioglitazone hydrochloride ピオグリタゾン塩酸塩
アクトスODアクトスソニアス配合メタクト配合リオベル配合
糖尿病
糖尿病用剤
  • 経口血糖下降薬

作用機序

アクトスOD錠15
  • 末梢組織におけるインスリン作用増強:
  • 肝におけるインスリン作用増強:モデル動物で、肝におけるグルコキナーゼの活性を亢進し、グルコース-6-ホスファターゼの活性を低下させ、糖産生を抑制
  • インスリン受容体作用増強:モデル動物骨格筋で、低下したインスリン受容体及びインスリン受容体基質のリン酸化を正常化し、ホスファチジルイノシトール-3-キナーゼの活性を亢進
  • TNF-α産生抑制作用:骨格筋TNF-α産生亢進を抑制し、これと並行して高血糖を軽減

薬理作用

アクトスOD錠15
  • インスリン受容体のインスリン結合部以降に作用してインスリン抵抗性を軽減し、肝における糖産生を抑制し、末梢組織における糖利用を高め血糖を低下させる。この作用は、インスリン抵抗性の主因である細胞内インスリン情報伝達機構を正常化することによると推測される。

添付文書



インスリン抵抗解除薬」

  [★]

insulin-resistant release agent
インスリン抵抗性解除薬
糖尿病治療薬薬理学インスリン抵抗性
[show details]

インスリン抵抗性解除薬

pioglitazone hydrochloride」

  [★]

pioglitazone



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡