endometrial cancer

出典: meddic

子宮体癌

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/07 10:41:23」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Positive skeletal effect of two ingredients of Psoralea corylifolia L. on estrogen deficiency-induced osteoporosis and the possible mechanisms of action.
  • Weng ZB1, Gao QQ2, Wang F3, Zhao GH2, Yin FZ2, Cai BC4, Chen ZP5, Li WD6.
  • Molecular and cellular endocrinology.Mol Cell Endocrinol.2015 Dec 5;417:103-13. doi: 10.1016/j.mce.2015.09.025. Epub 2015 Sep 28.
  • Estrogen replacement therapy (ERT) is utilized as a major regime for treatment of postmenopausal osteoporosis at present. However, long-term supplement of estrogen may cause uterine hyperplasia and hypertension leading to a high risk of endometrial cancer and breast cancer. Psoralea corylifolia L. h
  • PMID 26419930
  • Management of recurrent or metastatic endometrial cancer in Germany: results of the nationwide AGO pattern of care studies from the years 2013, 2009 and 2006.
  • Battista MJ1, Schmidt M2, Eichbaum M3,4, Almstedt K2, Heimes AS2, Mallmann P5,4, Hoffmann G2, Steiner E6,4.
  • Archives of gynecology and obstetrics.Arch Gynecol Obstet.2015 Dec;292(6):1355-60. doi: 10.1007/s00404-015-3786-y. Epub 2015 Jun 23.
  • PURPOSE: The available literature on the treatment options for recurrent or metastatic endometrial cancer (EC) is full of controversies. Therefore, we explore the results of the AGO pattern of care studies from the years 2013, 2009 and 2006.METHODS: A questionnaire was developed and sent to all 682
  • PMID 26099624
  • Systematic pelvic and paraaortic lymphadenectomy in early high-risk or advanced endometrial cancer.
  • Fotopoulou C1,2, El-Balat A3,4, du Bois A3,5, Sehouli J1, Harter P3,5, Muallem MZ1,3, Krätschell RW1, Traut A3,5, Heitz F6,7.
  • Archives of gynecology and obstetrics.Arch Gynecol Obstet.2015 Dec;292(6):1321-7. doi: 10.1007/s00404-015-3746-6. Epub 2015 May 20.
  • PURPOSE: Patients with high-risk early or advanced endometrial cancer (EC) are at high risk for lymph node (LN) metastases. However, both the anatomical pattern of the LN metastases and also the therapeutic value of systematic LN dissection remain a field of discussion and controversy.METHODS: We pe
  • PMID 25990476

和文文献

  • 性器出血を契機に発見された女性外陰部悪性腫瘍の3例
  • 西日本泌尿器科 = The Nishinihon journal of urology 77(9), 338-342, 2015-09
  • NAID 40020595132
  • Cancer-related fatigue and physical activity among premenopausal cervical and endometrial cancer survivors in Japan
  • 子宮体癌・卵巣明細胞腺癌における分子生物学的特性と治療標的経路の解明(学術奨励賞受賞講演,第67回日本産科婦人科学会学術講演会講演要旨)

関連リンク

If you have endometrial cancer or are close to someone who does, knowing what to expect can help you cope. Here you can find out all about endometrial cancer, including risk factors, symptoms, how it is found, and ...
Endometrial cancer starts in the endometrium, the inner lining of the uterus (womb). Learn more about endometrial cancer here.

関連画像

 Endometrial Cancer and the radical > Cancer > Endometrial cancer > Detail 1Endometrial stromal sarcomaendometrial cancer imagingEndometrial cancer:: > Cancer > Endometrial cancer > Detail 1


★リンクテーブル★
リンク元子宮体癌」「endometrial neoplasm」「cancer of the endometrium」「uterine body cancer」「corpus uteri cancer
関連記事Cancer」「cancer」「endometrial」「endometria

子宮体癌」

  [★]

uterine corpus cancer, carcinoma of uterine corpus, cancer of the uterine body
carcinoma corporis uteri
子宮内膜癌 endometrial carcinoma endometrial cancer
子宮腫瘍産婦人科学子宮内膜増殖症(前癌病変)
  • G9M.157(進行期分類)

定義

  • 子宮体部内膜に発生する上皮性悪性腫瘍。

疫学

  • 発生頻度は欧米に多く、日本では少ない(女性人口10万当たり4)→高齢化、生活習慣との関連
  • 発症年齢は50歳代が最も多く、閉経後が7割を占める。40歳以下の婦人は5%程度。
  • 妊娠中および分娩後5年以内に体癌が発見されることはほとんどない。
  • 日本では近年増加傾向。子宮癌全体の30%を占める(みえる9.150)

リスクファクター

プロゲステロンに拮抗されずに、エストロゲンに長期暴露されることによる
  • 典型像:60歳くらいの太った未産の女性
  • 未婚不妊、閉経後、高い初婚・初妊年齢、少ない妊娠・出産回数、卵胞ホルモン服用歴、肥満
  • 卵巣機能異常(無排卵周期症PCOSなどの既往) → 正常量のエストロゲンが存在するものの、これに拮抗するプロゲステロンが欠乏する
出典不明

症状

  • ほとんどの場合に症状がある。
  • 9割で不正性器出血がみられる。そのほか過多月経、異常帯下、下腹部痛など。

子宮体癌の組織的分類

()内の頻度はG9M.155
  • 子宮内膜癌
  • 腺癌:ほとんどが腺癌

G9M.155

  • 腺癌(95%以上)
  • 類内膜癌(80-90%) → 類内膜腺癌(60-70%)、扁平上皮への分化を伴う類内膜腺癌(20-30%)
細胞異型が強い場合にはGradeを上げる。
  • Grade1(高分化型)充実増殖の占める割合が腺癌成分の5%以下。プロゲステロン受容体陽性率高。予後良好
  • Grade2(中分化型)充実増殖の占める割合が腺癌成分の6-50%。プロゲステロン受容体陽性率中。予後中等度
  • Grade3(低分化型)充実増殖の占める割合が腺癌成分の50%超。プロゲステロン受容体陽性率低。予後不良
  • その他(扁平上皮癌など(5%以下))

発生機序による分類

  • type I:エストロゲン依存性。発症は遺伝子変異とエストロゲンの長期持続刺激による子宮内膜細胞の異常増殖
  • type II:エストロゲン非依存性。子宮内膜異型増殖症を介さないで癌化する
  I型子宮体癌 II型子宮体癌
発生機序 エストロゲンへの長期暴露 de novo癌
好発年齢 閉経前-閉経早期  
頻度 80-90% 10-20%
病巣周辺の
子宮内膜異型増殖症
あり なし
組織型 類内膜腺癌 漿液性腺癌
明細胞腺癌
分化度 高分化型 低分化型
筋層浸潤 軽度 高度
予後 比較的良好 不良
遺伝子変異 K-ras, PTEN p53

検査

超音波エコー(経膣超音波)

腫瘍マーカー

MRI

  • T2画像が有用。
  • junctional zoneの菲薄化・欠損
  • 子宮内膜>腫瘍>筋層>junctional zone

診断

  • スクリーニング:細胞診
  • 子宮腔内の吸引あるいは擦過細胞診による検出率:90%以上
  • 子宮頚・腟部からの細胞採取による検出率:50%以下
  • 確定診断:子宮内膜の試験掻爬組織診

手術進行期分類 (日産婦 1995,FIGO1998)

原則として手術進行期分類を用い、手術を行っていない例では臨床進行期分類を用いる
体 → 頚 → 骨盤内 → 骨盤外
0期: 子宮内膜異型増殖症
I期: 子宮体部に限局
Ia期: 子宮内膜に限局
Ib期: 浸潤が子宮筋層1/2以内
Ic期: 浸潤が子宮筋層1/2を越える
II期: 子宮頸部に及ぶ
IIa期: 頸管腺のみ
IIb期: 頸部間質浸潤
III期: 子宮外に広がるが小骨盤腔を越えない、または所属リンパ節転移
IIIa期: 漿膜浸潤、付属器浸潤、腹膜細胞診陽性
IIIb期: 膣転移
IIIc期: 所属リンパ節転移(骨盤リンパ節傍大動脈リンパ節)
IV期: 小骨盤腔を越える、または明らかな膀胱または腸粘膜を侵す
IVa期: 膀胱、腸粘膜へ浸潤
IVb期: 遠隔転移(腹腔内リンパ節、鼠径リンパ節転移を含む)


転移

  • 直接浸潤
  • リンパ行性転移

症状

  • 不正性器出血、腹痛

治療

  • 手術療法、放射線療法、薬物療法(抗ガン剤、ホルモン療法)
  • 治療法の基本は手術療法(単純子宮全摘術、準広汎子宮全摘術、広汎子宮全摘術)。
  • 補助的に摘出術を追加することがある:両側付属器切除術、リンパ節郭清、部分大網切除術
  • 薬物療法・放射線療法:手術不能例、再発例、術後の補助療法

薬物療法

抗悪性腫瘍薬

  • シスプラチン、アドリアマイシン、タキサン系の多剤併用療法
化学療法のレジメン
参考:http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/nmk/cr/report/200702/502818.htm

ガイドライン的には「アンスラサイクリン系とプラチナ製剤を含む薬剤の選択が薦められている(グレードB)。タキサン系製剤も併用さているが、その十分な根拠は得られていない(グレードC)。(子宮体癌の治療ガイドライン2006年)

一般的な抗腫瘍薬による副作用

ホルモン療法

  • ホルモン療法単体:挙児希望のGrade1のIa期:高用量MPA
  • 術後補助療法:再発リスクの低い場合、高用量黄体ホルモン療法は非推奨(グレードD)(参考2)

手術療法

  • 1. 子宮摘出術
  • 単純子宮全摘術
  • 子宮体部に限局しているとき
  • 準広汎子宮全摘術
  • 子宮体部に限局しているとき
  • 広汎子宮全摘術
  • MRIや肉眼で明らかな頸部間質浸潤が認められるとき。
  • 2. 両側付属器切除術
  • 3. リンパ節郭清
  • 骨盤リンパ節郭清:基本的に施行。省略するのは、類内膜癌Grade1で、画像診断で病変が子宮内膜に限局すると推定される場合のみ。
  • 傍大動脈リンパ節郭清
  • 鼠径リンパ節郭清
  • 4. 部分大網切除術

傍大動脈リンパ節郭清術と部分大網切除術の適応

転移リスクが高いため
  • 1. 骨盤リンパ節転移例
  • 2. 付属器転移例
  • 3. 筋層浸潤が1/2を超す例
  • 4. 予後不良例(組織型が類内膜癌Grade3、漿液性腺癌明細胞腺癌、癌肉腫など)。太字の物は特に大網転移率が高い。

放射線療法

  • 子宮頚癌(扁平上皮癌)より放射線は有効ではない。 → 放射線療法は腺癌に奏効しづらい!!!

子宮温存を希望する若年性子宮体癌

  • 根治治療ではなく、いずれは子宮全摘が必要。
  • 再発例では子宮全摘

適応

  • 画像診断上Ia期(内膜限局)
  • G1の類内膜腺癌

治療

  • 子宮内膜全面掻爬
  • 高用量黄体ホルモン療法

予後

予後規定因子

  • 筋層浸潤の深さ、頚部浸潤、子宮外進展、リンパ節転移、病理組織型、組織学的分化度、血管・リンパ管侵襲

5年生存率

臨床進行期 5年生存率(%)
出典不明(相対) NGY.229
I 86 79
II 68 66.8
III 42 37.5
IV 16 8.5

国試


症例

  • 55歳の女性。不正性器出血を主訴に来院した。未経妊、閉経51歳。不妊治療をした経験がある。子宮は鶏卵大で卵巣は両側とも触知しない。経膣超音波で子宮内膜の肥厚が見られる。

子宮体癌治療ガイドライン(2006年)

  • FIGOは子宮体癌の手術進行期分類を採用。
  • 1)進行期決定のために手術術式の選択が必要である。
  • 2)子宮体癌は放射線感受性が低く、抗ガン剤の標準治療の確立が遅れている。
  • このことから子宮体癌では手術療法が第一選択。高齢や内科的合併症などの理由で、放射線療法が選択される場合もある。

参考

  • 1.
[display]http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/2006/10/post_d2b6.html
  • 2. 子宮体がん治療ガイドライン2009年版:(金原出版)
http://www.jsgo.gr.jp/guideline/taigan.html
  • 3. ガイドライン
http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0050/1/0050_G0000135_GL.html



endometrial neoplasm」

  [★]

子宮内膜腫瘍子宮内膜新生物

cancer of the endometriumendometrial cancerendometrial carcinoma


cancer of the endometrium」

  [★]

子宮内膜癌、子宮内膜がん

endometrial cancerendometrial carcinomaendometrial neoplasm


uterine body cancer」

  [★]

子宮体癌、子宮体がん

corpus uteri cancerendometrial cancerendometrial carcinoma


corpus uteri cancer」

  [★]

子宮体癌、子宮体がん

endometrial cancerendometrial carcinomauterine body cancer


Cancer」

  [★]

WordNet   license wordnet

「type genus of the family Cancridae」
genus Cancer

WordNet   license wordnet

「the fourth sign of the zodiac; the sun is in this sign from about June 21 to July 22」
Cancer the Crab, Crab

WordNet   license wordnet

「(astrology) a person who is born while the sun is in Cancer」
Crab

WordNet   license wordnet

「a small zodiacal constellation in the northern hemisphere; between Leo and Gemini」


cancer」

  [★]

癌腫
tumor


WordNet   license wordnet

「any malignant growth or tumor caused by abnormal and uncontrolled cell division; it may spread to other parts of the body through the lymphatic system or the blood stream」
malignant neoplastic disease

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉〈C〉『がん』 / 〈U〉〈C〉害悪 / 《Cancer》(星座の)カニ座」


endometrial」

  [★]

  • adj.
  • 子宮内膜の
endometriaendometrium

WordNet   license wordnet

「of or relating to the endometrium」


endometria」

  [★]

子宮内膜

endometrialendometrium




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡