benign prostatic hyperplasia

出典: meddic

前立腺肥大症 BPH

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/04/01 22:06:38」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Adult body size, sexual history and adolescent sexual development, may predict risk of developing prostate cancer: Results from the New South Wales Lifestyle and Evaluation of Risk Study (CLEAR).
  • Nair-Shalliker V1,2,3, Yap S1, Nunez C1, Egger S1, Rodger J1, Patel MI2,4, O'Connell DL1,2,5, Sitas F2,6,7, Armstrong BK2,8, Smith DP1,2,9.
  • International journal of cancer.Int J Cancer.2017 Feb 1;140(3):565-574. doi: 10.1002/ijc.30471. Epub 2016 Oct 26.
  • Prostate cancer (PC) is the most common non-cutaneous cancer in men worldwide. The relationships between PC and possible risk factors for PC cases (n = 1,181) and male controls (n = 875) from the New South Wales (NSW) Cancer, Lifestyle and Evaluation of Risk Study (CLEAR) were examined in th
  • PMID 27741552
  • Poor and enantioselective bioavailability of naftopidil enantiomers is due to extensive and stereoselective metabolism in rat liver.
  • Liu X1, Zhu L2, Huang B3, Huang J3, Cai Y3, Zhu L3, Wu B3, Fu X3, Zhang X3, Rong Y3, Xiao Q3, Guo J4, Li A4, Guo Y5, Yuan M6.
  • Journal of pharmaceutical and biomedical analysis.J Pharm Biomed Anal.2017 Jan 5;132:165-172. doi: 10.1016/j.jpba.2016.09.038. Epub 2016 Sep 27.
  • Racemic naftopidil (NAF) is used to treat benign prostatic hyperplasia (BPH) and prostatic cancer (PCa). It exhibits greater efficacy but requires higher dose than other ɑ1-adrenoceptor blockers because of its poor bioavailability. It was previously shown that bioavailability of S(-)-NAF (14.5%) wa
  • PMID 27744175
  • Relationship between serum testosterone and nocturia in men without benign prostate enlargement.
  • Jeh SU1, Yoon S1, Seo DH2, Lee SW1, Lee C2, Choi SM1, Kam SC2, Hwa JS1, Chung KH2, Hyun JS1.
  • Andrology.Andrology.2017 Jan;5(1):58-62. doi: 10.1111/andr.12270. Epub 2016 Sep 16.
  • Recent studies have focused on the relationship between nocturia and serum testosterone because testosterone is thought to be an important factor of prostate growth. However, it remains unclear whether altered serum concentrations of testosterone is associated with an increased risk of nocturia beca
  • PMID 27636882

関連リンク

Benign Prostatic Hyperplasia Treatment: Which Prostate Supplement Works The Best! ... Dear friends, Getting older is just a part of life but as we age so do our internal organs. Because we are all getting older, our body parts start to ...
^http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22792684 ^ Bostwick, D. G. (2002). "The Pathology of Benign Prostatic Hyperplasia". In Kirby, Roger S.; McConnell, John D.; Fitzpatrick, John M.; Roehrborn, Claus G.; Boyle, Peter. Textbook of ...

関連画像

Benign Prostatic HyperplasiaBenign Prostatic Hyperplasia - Benign Prostatic Hyperplasia ExampleBenign Prostatic Hyperplasia PhotographBenign Prostatic Hyperplasia of benign prostatic hyperplasia, 2004


★リンクテーブル★
先読みBPH
リンク元前立腺肥大症
関連記事benign」「hyperplasia」「prostatic

BPH」

  [★]

benign prostatic hupertrophy, 良性前立腺肥大症
redirect 前立腺肥大症
前立腺肥大症
benign prostatic hypertrophy


前立腺肥大症」

  [★]

benign prostatic hyperplasia BPH, benign prostatic hypertrophy, prostatic hyperplasia
前立腺肥大
前立腺

定義

  • 加齢に従い、前立腺の内腺が腫大し、尿路を圧迫して排尿障害を呈する疾患。

疫学

  • 前立腺の肥大(内腺)は30-40歳代から始まり、50歳代には顕著となり、70歳代以降ではほぼ全例に認められるが、臨床症状を呈するのはこの一部である(10-20%)。

病因

前立腺肥大症 前立腺の内腺
前立腺癌 前立腺の外腺

病態

  • 肥大した前立腺により尿路を刺激し、さらには閉塞して、ついには完全尿閉に至る。

重症分類

  • 前立腺体積が20ml以下では軽症、前立腺体積が20-50ml以下では中等症、前立腺体積が50ml以上では重症

症状

YN.E-86 SURO.258
病期は3つに分けられる:(1)第1病期 刺激期、(2)第2病期 残尿発生期、(3)第3病期 慢性尿閉期
病期 病態 症状
第1病期 刺激期 腫大した前立腺による後部尿道(膀胱頚部、前立腺尿道)の刺激 軽度の排尿困難、夜間頻尿、排尿時不快感
第2病期 残尿発生期 残尿(50-150ml)の発生 排尿困難(いきみながらの排尿)。残尿。急性尿閉(飲酒、抗コリン薬、長時間の乗り物の乗車)
第3病期 慢性尿閉期 さらなる残尿(300ml以上)、膀胱の過伸展(排尿筋だけでは排尿できない) 奇異性尿失禁、腎機能低下による尿毒症症状

検査

  • 腹部超音波検査
[show details]

診断

参考1
  • 病歴、理学的検査、尿検査、血清クレアチニン測定、PSA測定、尿流測定、残尿測定、排尿時における排尿筋圧、尿流率同時測定法、内視鏡検査、画像診断(超音波検査法、静脈性腎盂造影法、排尿時膀胱尿道造影法、逆行性尿道造影法など)などにより行う。
診断のステップ
  • 1. 病歴、理学的検査(直腸診)、尿検査、血清クレアチニン測定、PSA測定 → 排尿障害の症状が前立腺肥大症によるものと考えられるか判断
  • 2. 国際前立腺症状スコアの評価:(≦7点)経過観察。(≧8点)尿流測定、残尿測定、PFSを施行 → 尿道閉塞の程度を把握し治療
  • 3. (治療する場合)QOLスコアを考慮して治療方法を選択。
  • 4. (追加検査)内視鏡検査、画像診断法:ルーチン検査法ではない。外科的治療の準備や合併疾患の疑診例に対して実施する。

治療

SURO.258 参考1 参考3
  • 治療のmodality
  • 薬物療法
  • α1ブロッカー:プラゾシン(副:起立性低血圧)、タムスロシン(副:血圧を下げないが、射精障害がある)  ←  肥大した前立腺の圧迫の他に膀胱頚部、尿道、前立腺の平滑筋(α1受容体)の過剰収縮によっても排尿困難が起きているため、尿道内圧を下げ症状緩和しうる。
  • 抗アンドロゲン薬:クロルマジノンアリルエストレノール。前立腺の縮小作用。(副:性器脳障害、肝機能障害)
  • 5α還元酵素阻害薬:前立腺の縮小作用。
  • その他:漢方製剤(猪苓湯、八味地黄丸)、花粉製剤、アミノ酸製剤  ←  自覚症状の改善にとどまる
  • 加熱療法:ハイパーサーミア(前立腺内加熱温度45℃以下)と高温度療法(前立腺内加熱温度45℃以上)がある。熱源はマイクロ波、RF波、レーザー波などがある。レーザー療法、温熱療法の長期成績は未確立。
  • 手術療法
出典不明
  • 第1期:薬物療法:α遮断薬、抗アンドロゲン薬、漢方薬
  • 第2期:手術療法:経尿道的前立腺切除術、前立腺被膜下摘出術

参考

  • 1. 2001年 前立腺肥大症 ガイドライン
  • 2. 日本Endourology・ESWL学会によるBPHガイドライン
[display]http://jsee.umin.ac.jp/images/guideline.pdf
  • 3. [信頼度不明]前立腺肥大症の漢方治療【百花園漢方薬局】
[display]http://www.est.hi-ho.ne.jp/abes/hyakkaen21/tokusiyu26.htm

国試




benign」

  [★]

  • adj.
  • 良性の、穏和な
benignantmildmildly

WordNet   license wordnet

「not dangerous to health; not recurrent or progressive (especially of a tumor)」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(心・表情などが)親切な,優しい / (事情・環境・気候などが)好適な,好都合な / 悪性でない」

WordNet   license wordnet

「pleasant and beneficial in nature or influence; "a benign smile"; "the benign sky"; "the benign influence of pure air"」
benignant

WordNet   license wordnet

「kindness of disposition or manner; "the benign ruler of millions"; "benign intentions"」


hyperplasia」

  [★] 過形成


WordNet   license wordnet

「abnormal increase in number of cells」


prostatic」

  [★]

  • adj.
  • 前立腺の
prostateprostate gland




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡