WAS蛋白質

出典: meddic

ウィスコット・オールドリッチ症候群タンパク質

関連リンク

一般の人が簡単に使える、カロリーと栄養を計算するサイト。カロリーと栄養をコントロールする事で、健康的なダイエット、生活習慣病予防に役立ちます。 ユーザー登録で、食事履歴の保存ができます。
タンパク質は一定期間で分解・排泄・補充を繰り返している。 常に適量のタンパク質を摂取することが重要である。 食品には数種類のタンパク質が含まれている。したがって、いろんな食品から多くの種類のタンパク質を摂取する ...

関連画像

ミオグロビン の3D構造。 α タンパク質は生命を支える物質 本研究では、大規模計算機が 生命の神秘に迫るタンパク質 つまり、分子の大きさや構造の 加齢過程におけるタンパク質


★リンクテーブル★
リンク元ウィスコット・オールドリッチ症候群タンパク質
関連記事蛋白質」「W」「白質」「WA」「WAS

ウィスコット・オールドリッチ症候群タンパク質」

  [★]

Wiskott-Aldrich syndrome protein, WASP, CD43
WAS蛋白質ウィスコット-オールドリッチ症候群蛋白質
ウィスコット・オールドリッチ症候群



蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html








W」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 23rd letter of the Roman alphabet」
w, double-u

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Watt / West; Western」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「wolfram(=tungsten)の原子記号」

白質」

  [★]

white matter
substantia alba


  • 脳と脊髄の断面で、肉眼的に白色を呈する部分。


WA」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Washington」

WAS」

  [★] ウィスコット・アルドリッチ症候群 Wiskott-Aldrich syndrome




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡