VP

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/17 16:36:42」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Virtual patients: Development in cancer nursing education.
  • Moule P1, Pollard K2, Armoogum J2, Messer S2.
  • Nurse education today.Nurse Educ Today.2015 Jul;35(7):875-80. doi: 10.1016/j.nedt.2015.02.009. Epub 2015 Feb 21.
  • BACKGROUND: The number of men diagnosed with prostate cancer is increasing and internationally there are high incidence rates. It is important that nurses and healthcare professionals are enabled to provide appropriate care to those men affected by prostate cancer and their families. Despite this ne
  • PMID 25735908
  • Preparation and application of molecularly imprinted polymer for isolation of chicoric acid from Chicorium intybus L. medicinal plant.
  • Saad EM1, Madbouly A2, Ayoub N3, Mohamed El Nashar R4.
  • Analytica chimica acta.Anal Chim Acta.2015 Jun 2;877:80-9. doi: 10.1016/j.aca.2015.03.047. Epub 2015 Mar 30.
  • Molecularly imprinted polymer (MIP) was synthesized and applied for the extraction of chicoric acid from Chicory herb (Chicorium intybus L.). A computational study was developed to find a suitable template to functional monomer molar ratio for MIP preparations. The molar ratio was chosen based on th
  • PMID 26002213
  • Dynamic contrast-enhanced MRI of oral squamous cell carcinoma: a preliminary study of the correlations between quantitative parameters and the clinical stage.
  • Chikui T1, Kitamoto E, Kami Y, Kawano S, Kobayashi K, Kamitani T, Obara M, Yoshiura K.
  • The British journal of radiology.Br J Radiol.2015 Jun;88(1050):20140814. doi: 10.1259/bjr.20140814. Epub 2015 Apr 23.
  • OBJECTIVE: To probe the utility of dynamic contrast-enhanced MRI (DCE-MRI) parameters in assessing the clinical characteristics of oral squamous cell carcinoma.METHODS: A total of 85 tumours were included. We applied the Tofts and Kermode model for the DCE-MRI data and obtained three dependent param
  • PMID 25906295

和文文献

  • VP16 fusion efficiently reveals the function of transcriptional repressors in Arabidopsis
  • Fujiwara Sumire,Kigoshi Keiko,Mitsuda Nobutaka [他]
  • Plant Biotechnology 31(2), 123-132, 2014-06
  • NAID 40020107844
  • Virology : Role of the C-Terminal Region of Vervet Monkey Polyomavirus 1 VP1 in Virion Formation
  • YAMAGUCHI Hiroki,KOBAYASHI Shintaro,MARUYAMA Junki [他]
  • The journal of veterinary medical science 76(5), 637-644, 2014-05
  • NAID 40020110603
  • 臨床経験 早期胃がんに対する腹腔鏡下幽門側胃切除術後早期に発症したVp3肝細胞がんの一例
  • 奥本 龍夫,横山 伸二,髙尾 智也 [他]
  • 治療 96(5), 899-902, 2014-05
  • NAID 40020045226

関連リンク

硬質塩化ビニル管(VP,VU)、直管寸法、水道用硬質塩化ビニル管と継手の規格、硬質ポリ塩化ビニル(PVC)、配管用炭素鋼鋼管SGP、SS材について、元素記号、金属記号、合成樹脂記号 説明します。
VPパイプ・VUパイプ・HIパイプを格安価格にて、東北6県限定にてお届けいたします。(山間奥地・離島は配送できません)。 商品は国内一流メーカーJIS規格品です。

関連画像

welcome to vp 10 home of the red lancers VPVP-72 ポータブルナビ用バイザー VP Racing Fuels, SuperFlow Dynamometer Description Vp-31.jpgMilitary Police | Ministry of Defence


★リンクテーブル★
先読みventral posterior nucleus」「variegate porphyria
リンク元バソプレシン」「ポルフィリン症」「脳深部刺激療法」「視床後腹側核」「異型ポルフィリン症
拡張検索VP16タンパク質」「VPTA」「MVPS」「CPVP」「VPMpc
関連記事V

ventral posterior nucleus」

  [★]

ventral anterior nucleusventral anterior thalamic nucleusventral lateral nucleusventral lateral thalamic nucleusventral posterior thalamic nucleusventral posterolateral nucleusventral posterolateral thalamic nucleusventral posteromedial nucleusventral posteromedial thalamic nucleusventral thalamic nucleiventrolateral thalamic nucleus


variegate porphyria」

  [★] 異型ポルフィリン症

バソプレシン」

  [★]

vasopressin VP
バゾプレッシン, arginine vasopressin AVP抗利尿ホルモン antidiuretic hormon ADH
ピトレシン Pitressin
デスモプレシン尿細管
[show details]

分類

性状

  • ペプチド

産生組織

標的組織

生理作用

  • 抗利尿
  • 集合管に作用し水の再吸収を促進(V2受容体)
  • 昇圧作用
  • 血管平滑筋の収縮(V1受容体)
  • V1受容体は抗利尿作用を示すより大用量で動作(SAN.189) ← 生理的な量では血管収縮による血圧上昇はない。
  • 尿素再吸収
  • 髄質内層集合管で尿素の再吸収を高める(SP.817)
  • ACTH分泌?

作用機序

抗利尿作用 集合管上皮細胞 V2R
血管平滑筋収縮(昇圧作用) 血管内皮 V1R

分泌調節

  • 血漿浸透圧↑、循環血漿量↓→分泌↑ ( 出血 )
  • 血漿浸透圧↓、循環血漿量↑→分泌↓ ( 水の大量摂取 )
  分泌促進 分泌抑制
血漿浸透圧・循環血液量 出血→血圧低下、循環血液量減少 水負荷→血漿浸透圧低下、循環血液量増加
水制限→循環血液量減少、血漿浸透圧上昇 等張液負荷→循環血液量増加
高張食塩水負荷→血漿浸透圧上昇  
薬物 プロスタグランジンE2 フェニトイン
モルフィン アルコール
ニコチン 心房性Na利尿ペプチド
β受容体作動薬 α受容体作動薬
アンジオテンシンII  
麻酔薬  
低酸素症  
高炭酸ガス血症  
ビンクリスチン  
シクロホスファミド  
クロフィブレート  
カルバマゼピン  
バルビツール酸系薬  
アセチルコリン  
ヒスタミン  
メトクロプラミド  
環境など 立位・失神、疼痛、陽圧呼吸、遠心力 寒冷、陰圧呼吸、水中、臥位

ADH分泌促進/作用増強する薬物

QB.D-331

ADHの作用を修飾する物質

  • 糖質コルチコイド:水代謝作用(水利尿):GFR↑させたりADHに拮抗することで細胞内への水移動を抑制する

癌患者とADH

日腎会誌 2012:54(7):1016-1022
Ellison DH, Berl T. Clinical practice. The syndrome of inappropriate antidiuresis. NEJM. 2007;356:2064-2072. PMID 17507705
  • 異所性ADH産生腫瘍、抗悪性腫瘍薬の副作用、手術侵襲、嘔気・嘔吐、疼痛

分子機構

ここまで、2007後期生理学授業プリント&想像 でまとめた

  • 集合管の上皮の基底側に発現していると思われるV(75%){2};Rを介して、アクアポリン2(AQP2)が発現して尿細管腔側に局在、アクアポリン2から水を細胞内に取り込み、アクアポリン3を介して細胞基底側(血管腔)に水が移動する (2007後期生理学授業プリント, SP.817 図12-63)
  • 以下の記述と矛盾する気がする・・・
    • 水輸送体apuaporin1(AQP1)に作用して集合管における水透過性を高める(SP.817)。




効能又は効果

ピトレシン注射液20

薬効薬理

ピトレシン注射液20
  • 1. 抗利尿作用
  • 遠位尿細管における水の再吸収を促進することにより、抗利尿作用を発揮する1)。
  • 2. 腸管平滑筋に対する作用
  • 腸管平滑筋に直接作用してこれを収縮させる
  • 3. 止血作用
  • 腹部内臓の細動脈を収縮させ、門脈血流を減少させるので、一時的に門脈圧が下降するため、門脈圧亢進による食道出血時に止血作用を発揮する。

副作用

ピトレシン注射液20
血管収縮による血圧上昇、狭心症、腹痛がありうる。(QB.D-357)
  • 重大な副作用:ショック、横紋筋融解症、心不全・心拍動停止、精神錯乱・昏睡、水中毒、中枢神経障害(中心性橋脱髄症)、無償、心室頻拍

禁忌

ピトレシン注射液20
  • 1. 本剤の成分に対しアナフィラキシー又は過敏症の既往歴のある患者
  • 2. 冠動脈硬化症 (心筋梗塞症、狭心症等) の患者[心筋虚血を延長させることがある。]
  • 3. 急速な細胞外水分の増加が危険となるような病態 (心不全、喘息、妊娠中毒症、片頭痛、てんかん等) のある患者[水中毒を起こすことにより、それらの病態を悪化させるおそれがある。]
  • 4. 血中窒素貯留のある慢性腎炎の患者[水分貯留を起こすことにより、血中窒素の排泄が抑制されるおそれがある。]

添付文書

  • ピトレシン注射液20
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2414402A1035_1_02/2414402A1035_1_02?view=body

臨床検査

基準値

  • 0.3-4.2pg/ml (RIA2抗体法) (検査の本)
  • 0.3-4.0pg/ml (RIA2抗体法) (LAB.695)




ポルフィリン症」

  [★]

porphyria, porphyrias
肝性ポルフィリン症急性ポルフィリン症


分類

NDE.283改変
ポルフィリン症 光線過敏症 ポルフィリン
蓄積部位
欠損酵素 遺伝形式
骨髄性 先天性骨髄性ポルフィリン症 CEP 尿,糞便,赤血球 ウロポルフィリノーゲンIIIシンターゼ 常染色体劣性
骨髄性プロトポルフィリン症 EPP    糞便,赤血球 フェロケターゼ 常染色体優性
肝性 急性間欠性ポルフィリン症 AIP ポルホビリノーゲンデアミナーゼ 常染色体優性
異型ポルフィリン症 VP 尿,糞便 プロトポルフィリノーゲンオキシダーゼ 常染色体優性
晩発性皮膚ポルフィリン症 PCT 尿,糞便 ウロポルフィリノーゲンデカルボキシラーゼ 常染色体優性
(家族内発症のものは)





脳深部刺激療法」

  [★]

deep brain stimulation DBS
脳深部刺激法脳深部電気刺激脳深部刺激深部脳刺激
  • 神経系 091116IV

概念

  • 定位脳手術により脳に刺激電極を留置し電気刺激を行う。

適応

  • 疼痛のコントロール:視床感覚中継核、同非特殊核、中脳水道周囲灰白質などの低頻度刺激(医学事典)。(痛覚の下行性抑制系)視床下部、中脳中心灰白質を刺激(SCN.305)。(視床の血管障害による視床痛)視床後腹側核(VP)の電気刺激(SCN.305)
  • パーキンソン病の振戦:視床VIM核の高頻度刺激 (医学事典)
  • パーキンソン病:淡蒼球内節視床下核の高頻度刺激 (医学事典)

出典不明

  • パーキンソン病:両側視床下核:振戦、固縮、無動、歩行障害の改善。オフ時間の短縮(ただしオン時間の効果を上わまることはない)。L-ドーパの減量。精神症状、自立神経障害、睡眠障害には効果がない。
  • 本態性振戦:視床
  • ジストニア:両側淡蒼球:オフ時間の短縮。L-ドーパ誘発性ジスキネジアの軽減。
  • 三叉神経痛:視床



視床後腹側核」

  [★]

ventral posterior thalamic nucleus, ventral posterior nucleus of thalamus VP
nucleus ventralis posterior thalami
後外側腹側核外側腹側核前腹側核視床腹側核後腹側核後内側腹側核視床前腹側核視床外側腹側核視床後外側腹側核視床腹外側核視床後内側腹側核


異型ポルフィリン症」

  [★]

variegate porphyria VP
多様性ポルフィリン症
ポルフィリン症
[show details]



VP16タンパク質」

  [★]

VP16 protein
単純ヘルペスウイルスタンパク質Vmw65


VPTA」

  [★] 標準高次視知覚検査 visual perception test for agnosia


MVPS」

  [★] 僧帽弁逸脱症mitral valve prolapse syndrome

CPVP」

  [★] 共通肺静脈腔 common pulmonary vein chamber

VPMpc」

  [★] 後内側腹側核小細胞部

V」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 22nd letter of the Roman alphabet」
v

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「vanadium の化学記号」


"http://meddic.jp/VP" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡