TGF-β

出典: meddic

トランスフォーミング増殖因子β

transforming growth factor β

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/07/24 14:11:39」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Evidence that gastropod torsion is driven by asymmetric cell proliferation activated by TGF-β signalling
  • Kurita Yoshihisa,Wada Hiroshi,和田 洋
  • Biology letters 7(5), 759-762, 2011-10
  • … Furthermore, we found that pharmacological inhibition of the transforming growth factor-β (TGF-β) signalling pathway, including that of Nodal, blocked torsion. … These results suggest that limpet torsion is driven by left–right asymmetric cell proliferation in the mantle epithelium, induced by the TGF-β pathway. …
  • NAID 120003439669
  • アレルギー疾患と母乳中のTGF-β : TGF-βはアレルギー予防の救世主か?
  • <原著>乳がんの病期に伴う末梢血CD14^<high>CD16^+単球の増加
  • 山元 奈穂,白川 愛子,塩﨑 均,綿谷 正弘,義江 修
  • 近畿大学医学雑誌 36(2), 81-90, 2011-6
  • … また,健常者由来末梢血単核球を数種のサイトカインやリポポリサッカライドで刺激した結果,TGF-β1のみがCD14^<high>CD16^+単球を増加させた. … さらに,末梢血単核球と乳がん細胞株との共培養でもCD14^<high>CD16^+単球は著明に増加し,その効果はTGF-βタイプ1レセプターキナーゼ選択的阻害剤で抑制された. …
  • NAID 120003222434

関連リンク

ベータ型変異増殖因子TGF-βは腎臓、骨髄、血小板などほぼすべての細胞で産生され 、5種類のサブタイプ(β1~β5)が存在する。骨基質中にはそのうちβ1~β3がいずれも 不活性型として蓄積され、骨吸収の際に破骨細胞が放出する酸によって活性化される。
TGF-βは上皮系細胞に対する強力な増殖抑制作用を示すことから、癌抑制因子として 注目されてきた。実際、遺伝性非ポリポージス性大腸癌や膵臓癌をはじめとした多くの癌 で、TGF-βの受容体やシグナル分子の遺伝子変異が見出され、TGF-βシグナルからの ...

関連画像

TGF-β signalling pathwaykeywords melanome tgf β hedgehog signal TGF-β的复杂细胞信号传导途径 figure 1未発注) 済Figure 2.


★リンクテーブル★
リンク元サイトカイン」「母乳」「トランスフォーミング増殖因子β」「シクロスポリン」「マクロファージ
拡張検索TGF-β受容体」「TGF-βレセプター
関連記事TGF」「T」「TG

サイトカイン」

  [★]

cyto=cell kin(e)=small substance
ex. manikine
細胞が分泌する糖タンパク質で、生物活性(増殖・分化・タンパク産生誘導などを)を有するもの
cytokine, cytokines
サイトカイン受容体インターロイキンリンホカイン

生態情報伝達方式

  • 傍分泌系、自己分泌系により情報を伝達する。局所ホルモンともいえる(ホルモンは血流を介して他臓器に働く)

産生細胞・機能による分類名

機能

機能 サブグループ サイトカイン 標的 機能
炎症性サイトカイン TNFファミリー TNF-α 白血球上皮細胞 活性化
インターロイキン IL-1 上皮細胞リンパ球 活性化
IL-6 種々の細胞 活性化
IL-8 白血球 炎症部位遊走
T細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 T細胞 活性化。増殖
IL-4 T細胞 増殖
Th2細胞 分化誘導
IL-12 Th1細胞 分化誘導
インターフェロン IFN-γ Th2細胞 分化抑制
B細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 B細胞 活性化
IL-4 B細胞 活性化、増殖、分化
IL-5 B細胞 活性化、増殖
IL-6 B細胞 増殖、分化
  TGF-β B細胞 分化(IgA分泌)
アレルギー調節サイトカイン インターロイキン IL-3 肥満細胞 増殖、分化促進
IL-4 B細胞 IgEクラススイッチ促進
IL-5 好酸球 増殖、分化促進
IL-13 B細胞 IgEクラススイッチ促進
インターフェロン IFN-γ B細胞 IgEクラススイッチ抑制
走化性サイトカイン(ケモカイン) CCケモカイン MIP-1 好中球 遊走
MIP-2
RANTES 単球
CXCケモカイン IL-8 好中球リンパ球好塩基球
SDF-1
造血系サイトカイン   SCF    
インターロイキン IL-7    
  erythropoietin    
コロニー刺激因子 GM-CSF    
G-CSF    
M-CSF    

サイトカインのシグナル伝達 JAK/STAT pathway (IMM.245-246)

組み換えサイトカインと臨床利用 first aid step1 2006 p.327

agent clinical uses
aldesleukin interleukin-2 renal cell carcinoma, metastatic melanoma
erythropoietin epoetin anemias (especially in renal failure)
filgrastim granulocyte colony-stimulating factor recovery of bone marrow
sargramostim granulocyte-macrophage colony stimulating factor recovery of bone marrow
α-interferon   hepatitis B and C, Kaposi's sarcoma, leukemias, malignant melanoma
β-interferon   multiple sclerosis
γ-interferon   chronic granulomatous disease
oprelvekin interleukin-11 thrombocytopenia
thrombopoietin   thrombocytopenia




母乳」

  [★]

breast milkbreastmilk
人乳母子感染

分類

母乳を介して感染しうるウイルス

成分

  • ミネラル:初乳 > 成乳
  • IgA:初乳 > 成乳
  • タンパク質:初乳 > 成乳
  • 熱量:成乳 > 初乳
  • 脂肪:成乳 > 初乳
  • 乳糖:成乳 > 初乳
  • 防御因子:ラクトフェリン、リゾチーム、分泌型IgA、マクロファージ、リンパ球
  • 成乳の浸透圧は血漿と同程度

アレルギー促進因子、防御因子

参考1
物質の種類 促進因子 防御因子
食物抗原 感作抗原 寛容誘導抗原
免疫グロブリン   IgA
サイトカインなど IL-4IL-5IL-13 TGF-βIL-10、sCD14
ケモカイン RANTESIL-8  
好酸球由来顆粒 ECP  
不飽和脂肪酸 n-6系 n-3系
ポリアミン   スペルミンスペルミジン


母乳と人工乳との比較

  • 母乳は消化されやすく、胃内停滞時間が長い。
  • 母乳はビタミンKが少ない。
  • 人工乳は蛋白顔奥、蛋白代謝負担が大きい
  • 児の成長に連れ母乳のみの栄養ではビタミンD、鉄が不足してくる。 → 母乳栄養のみでは水様便となってくる。離乳食開始を考慮。
  • 母乳栄養時では軟便傾向となる。

母乳と牛乳との比較

  • 母乳は乳糖のみ多い。
  • グロブリン、不飽和脂肪酸、糖質は牛乳より多い。 → ビフィズス菌の増殖に不可欠なオリゴ糖も母乳の方が多い。
  • エネルギーや脂質はほぼ同じ。
  • その他の成分は牛乳の方が多い。

参考

  • 1.
[display]http://www.aiiku.or.jp/aiiku/jigyo/contents/kaisetsu/ks0809/ks0809_3.pdf

国試



トランスフォーミング増殖因子β」

  [★]

transforming growth factor β, transforming growth factor-β、TGFβ, TGF-β
トランスフォーミング成長因子
TGF
  • stimulatory: cells of mesenchymal origin
  • inhibitory: cells of epithelial or neuroectodermal origin
  • important mediator of the formation of extracellular matrix
  • 細胞内のシグナル系にSmadが関与。セリン・スレオニンキナーゼ連結受容体型の受容体
  • EGF, IFN-γ, TNF-αの細胞内情報伝達経路とクロストークする

産生細胞

機能

  • 細胞の成長阻害、抗炎症作用、IgAへのクラススイッチ

受容体

  • TGFβR
  • type I受容体とtype II受容体が一つのサブユニットを作り、このサブユニットがホモ二量体を形成してTGFβの受容体を形成している
  • TGFβ毛結合した受容体は活性化してSmad2/Smad3をリン酸化する
  • リン酸化されたSmad2/Smad3はSmad4と結合して核移行しDNAに結合して転写を促進する


シクロスポリン」

  [★]

cyclosporine, CsA
アマドラサンディミュン Sandimmunシクポラールネオーラル Neoralパピロックミニ
免疫抑制薬シクロスポリンAサイクロスポリン


特徴

  • 骨髄でのリンパ球の新生や増殖には影響しない

作用機序

  • 活性化したT細胞のIL-2産生の抑制
(正常)  :カルモジュリン+Ca2+の存在下でカルシニューリンのphosphatase活性が上昇し、不活性型のNFAT(リン酸化状態)を活性型のNFAT(脱リン酸化)にする。活性型のNFATは核内に移行しIL-2の転写につなげる。
(CsA投与):シクロスポリンは細胞質でシクロフィリンと結合し、これがカルシニューリンに結合してphosphatase活性を抑制する。この結果IL-2の産生が低下する。

薬理作用

  • 免疫抑制

動態

副作用

  • 腎毒性
CsAによりTGF-β産生を亢進させ、TGF-βは細胞外マトリクスを増加させる→間質の線維化



マクロファージ」

  [★]

macrophage
大食細胞大食球貪食球
塵埃細胞組織球
Mononu clear phagocytes

活性化するためのサイトカイン

機能 (PT.248)

産生するサイトカイン (SMB.44)

NK細胞樹状細胞インターフェロンγを産生させるサイトカインを分泌



TGF-β受容体」

  [★]

TGF-beta receptor
TGFβ受容体トランスフォーミング増殖因子β受容体TGF-βレセプターTGFβレセプター

TGF-βレセプター」

  [★]

TGF-beta receptor
TGFβ受容体TGF-β受容体TGFβレセプター

TGF」

  [★]

transforming growth factor
トランスフォーミング成長因子トランスフォーミング増殖因子形質転換増殖因子形質転換成長因子
TGF-β, transforming growth factor β



TGF

  • TGF-β1、TGF-β2、TGF-β3、TGF-β4、TGF-β5

T」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 20th letter of the Roman alphabet」
t

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「tritiumの化学記号」

TG」

  [★]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡