P2プリン受容体

出典: meddic

P2 purinoceptorP2 purinergic receptorpurinergic P2 receptorP2 receptor
P2受容体P2レセプターATP受容体プリンP2受容体P2プリンレセプターADP受容体

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脊髄ミクログリアのP2プリン受容体と神経障害性疼痛 (伝達物質と受容体)
  • 井上 和秀,津田 誠,齊藤 秀俊
  • 生体の科学 60(5), 506-508, 2009-09
  • NAID 40016861464
  • 中枢性P2プリン受容体による痛みの調節 (生体機能と創薬シンポジウム2005--疾病に関わる生体分子と治療薬) -- (シンポジウム1 神経系疾患にかかわる機能分子--基礎から創薬の可能性まで)
  • 中川 貴之,金子 周司,佐藤 公道
  • 薬学雑誌 125(-), 24-27, 2005-09-08
  • NAID 40006906191

関連リンク

ATPは生体におけるエネルギー源として利用されるだけでなく、ATP受容体(P2プリン受容体)を介して、細胞間における情報伝達物質としての役割も果たしています。その生理的な役割には様々なものがありますが、特に痛みの発生 ...
この記事と関連する記事 レクチン受容体様キナーゼDORN1は植物における細胞外ATP受容体である - (2014年2月12日) ミトコンドリア遺伝病の生殖系列細胞の遺伝子治療へむけた紡錘体置換法 - (2012年11月13日) 電位依存性プロトンチャネルの ...


★リンクテーブル★
先読みP2受容体
リンク元purinergic P2 receptor」「P2 receptor」「P2 purinoceptor」「P2 purinergic receptor」「ADP受容体
関連記事受容体」「リン」「P」「プリン」「プリン受容体

P2受容体」

  [★]

P2 receptor
プリン受容体

種類

  • P2X1~P2X7:イオンチャネル連結型受容体:シナプス伝達:P2X3(痛み)、P2X4(神経痛)
  • P2Y1,P2Y2,P2Y4,P2Y6,P2Y11~P2Y12:イオンチャネル連結型受容体:シナプス伝達の修飾:チクロピジンはP2Y12(痛み)を遮断して血小板凝集抑制


purinergic P2 receptor」

  [★]

ADP receptorATP receptorP2 purinergic receptorP2 purinoceptorP2 receptor


P2 receptor」

  [★]

P2受容体P2レセプターP2プリン受容体

P2 purinergic receptorP2 purinoceptorpurinergic P2 receptor

P2 purinoceptor」

  [★]

  • P2プリン受容体
ADP receptorATP receptorP2 purinergic receptorP2 receptorpurinergic P2 receptor


P2 purinergic receptor」

  [★]

P2 purinoceptorP2 receptorpurinergic P2 receptor

ADP受容体」

  [★]

ADP receptor
ATP受容体プリンP2受容体P2プリン受容体ADPレセプター


受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





P」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 16th letter of the Roman alphabet」
p

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「parking」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「phosphorusの化学記号」


プリン」

  [★]

purine
[[7H-イミダゾ[4,5-d]ピリミジン]] [[7H-imidazo[4,5-d]pyrimidine]],プリン塩基 purine base
ピリミジンアデニングアニン


  • ピリミジン環とイミダゾール環との縮合環からなる複素環式化合物
  • プリン核を持つ塩基性化合物がプリン塩基



プリン受容体」

  [★]

purinergic receptor
  • アゴニスト:ATP, ADP, UTP, UDP

種類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡