NMDA型グルタミン酸受容体

出典: meddic

NMDA-type glutamate receptor
NMDA型受容体, NMDA receptor NMDA receptors
N-メチル-D-アスパラギン酸受容体 N-methyl-D-aspartate receptor
NMDAチャネル, NMDA channel
グルタミン酸AMPA型受容体


  • 休止時には細胞外にMg2+が結合しているので、アゴニストの結合のみではイオンの透過性を示さない
  • 膜の脱分極+アゴニストの結合でチャネルが開く
  • 透過させる物質:Na+, K+, Ca2+


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/11/18 14:35:37」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高グリシン血症(非ケトーシス型) (特集 小児疾患における臨床遺伝学の進歩) -- (日本人が発見に関わった疾患遺伝子)
  • 急性辺縁系脳炎・脳症とNMDA型グルタミン酸受容体
  • 高橋 幸利,山崎 悦子,西村 成子,角替 央野,丹羽 憲司,DALMAU Josep,今井 克美,藤原 建樹
  • 臨床神経学 48(11), 926-929, 2008-11-01
  • NAID 10024898616
  • 優秀ポスター発表 NMDA型グルタミン酸受容体に対するジペプチドの効果 (第2回[日本アミノ酸学会]学術大会(JSAAS2008))
  • 立溝 博也,黒下 主悠,山田 康枝
  • アミノ酸研究 2(2), 155-157, 2008
  • NAID 40016494314

関連リンク

NMDA型グルタミン酸受容体(エヌエムディーエーがたグルタミンさんじゅようたい)はグルタミン酸受容体の一種。記憶や学習、また脳虚血後の神経細胞死などに深く関わる受容体であると考えられている。他のグルタミン酸受容体サブタイプ ...
東京都医学総合研究所は未解明重要疾患の研究を総合的に行い都民の医療と福祉の向上を目指します。 ... グルタミン酸受容体(NMDA型)のMg2+イオンによる 学習・記憶のメカニズムを解明 ~アルツハイマー病や老化による記憶力低下の ...
NMDA(N-methyl-D-aspartate)型受容体はグルタミン酸受容体の一つです。NR1及びNR2サブユニットで構成されており、NMDAをアゴニストとして選択特異的に受容します。NMDA型受容体はMg 2+ により阻害を受けているため、通常の ...

関連画像

図1: 新規認知機能改善薬と NMDA型グルタミン酸受容体NMDA受容体は, 電位依存型 アデノシンによるDARPP-32リン NMDA型グルタミン酸受容体サブユニットを含むNMDA受容体


★リンクテーブル★
リンク元NMDA型受容体」「NMDAチャネル」「NMDA receptor」「NMDA receptors」「NMDAR
拡張検索NMDA型グルタミン酸受容体チャネル
関連記事受容体」「」「グルタミン」「グルタミン酸受容体」「NMD

NMDA型受容体」

  [★] NMDA型グルタミン酸受容体

17


NMDAチャネル」

  [★] NMDA型グルタミン酸受容体

169


NMDA receptor」

  [★] NMDA型グルタミン酸受容体

s


NMDA receptors」

  [★] NMDA型グルタミン酸受容体


NMDAR」

  [★] NMDA型グルタミン酸受容体


NMDA型グルタミン酸受容体チャネル」

  [★] NMDA型グルタミン酸受容体

148


受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

型」

  [★]

機序形式形成形態種類パターンパターン形成品種編成方法モード様式タイプ標本タイプフォーム成立形づくる
原型


グルタミン」

  [★]

glutamine, Gln, Q
2-アミノグルタルアミド酸 2-aminoglutaramicacid
アミノ酸グルタミン酸


  • 極性。無電荷。
  • グルタミン酸の側鎖上のカルボキシル基の代わりにアミド基が付いた形をしている。
  • 側鎖:
-CH2-CH2-CO-NH2



グルタミン酸受容体」

  [★]

glutamate receptor, glutamic acid receptor, Glu receptor, GluR
グルタミン酸レセプターグルタメートレセプター、Glu受容体
グルタミン酸excitatory amino acid receptor




NMD」

  [★]

nonsense-mediated decaynonsense-mediated mRNA decay



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡