LFA-1

出典: meddic

lymphocyte function-associated antigen-1, leukocyte function-associated antigen 1
リンパ球機能関連抗原1
リンパ球機能関連抗原 LFAインテグリン
CDlla
first aid step1 2006 p.190


臨床関連

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/04/21 07:34:50」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Integrin LFA-1 regulates cell adhesion via transient clutch formation.
  • Ishibashi M1, Miyanaga Y1, Matsuoka S1, Kozuka J1, Togashi Y2, Kinashi T3, Ueda M4.
  • Biochemical and biophysical research communications.Biochem Biophys Res Commun.2015 Aug 21;464(2):459-66. doi: 10.1016/j.bbrc.2015.06.155. Epub 2015 Jul 2.
  • Integrin LFA-1 regulates immune cell adhesion and trafficking by binding to ICAM-1 upon chemokine stimulation. Integrin-mediated clutch formation between extracellular ICAM-1 and the intracellular actin cytoskeleton is important for cell adhesion. We applied single-molecule tracking analysis to LFA-
  • PMID 26143530
  • Modulation of Adhesion Molecules by Cholesterol-Lowering Therapy in Mononuclear Cells from Hypercholesterolemic Patients.
  • Cerda A1,2, Rodrigues AC3, Alves C1, Genvigir FD1, Fajardo CM1, Dorea EL4, Gusukuma MC4, Pinto GA4, Hirata MH1, Hirata RD1.
  • Cardiovascular therapeutics.Cardiovasc Ther.2015 Aug;33(4):168-76. doi: 10.1111/1755-5922.12126.
  • INTRODUCTION: Cholesterol-lowering therapy has been related with several pleiotropic effects including anti-inflammatory action in vascular endothelium; however, their influence on monocyte adhesion molecules is poorly described.AIMS: To investigate the effect of inhibitors of synthesis (statins) an
  • PMID 25903419
  • ICAM-1 and VCAM-1 are differentially expressed on blood-retinal barrier cells during experimental autoimmune uveitis.
  • Dewispelaere R1, Lipski D2, Foucart V3, Bruyns C4, Frère A5, Caspers L5, Willermain F3.
  • Experimental eye research.Exp Eye Res.2015 Aug;137:94-102. doi: 10.1016/j.exer.2015.06.017. Epub 2015 Jun 17.
  • Adhesion molecules play a central role in leukocyte adhesion to the blood-retinal barrier (BRB) during uveitis. VCAM-1 expression on the BRB has been already described but although structurally similar, ICAM-1 has shown in various autoimmunity models to have distinct role and expression. Here, we in
  • PMID 26093277

和文文献

  • 〈原著〉AIDS関連中枢神経原発悪性リンパ腫の発生におけるリンパ球機能関連抗原-1LFA-1)の関与
  • 笹川 淳,前田 裕弘,頼 晋也,平瀬 主税,山口 晃史,森田 泰慶,松村 到
  • 近畿大学医学雑誌 37(1-2), 45-52, 2012-3
  • … リンパ球機能関連抗原-1(lymphocyte function-associated antigen-1, LFA-1)のβ鎖であるCD18の発現は, HIV感染者由来のB-LCL(B-LCL_HIV)と健常者由来のB-LCL(B-LCL_N)の何れにおいても, EBV感染前のB細胞と比較して増強していた.また, B-LCL_HIVはB-LCL_NよりCD18を強く発現していた.B-LCL_<HIV>はB-LCL_Nに比較し, LFA-1のリガンドである細胞 …
  • NAID 120004226572
  • Neutrophil-derived resistin release induced by Aggregatibacter actinomycetemcomitans.
  • Furugen Reiko,Hayashida Hideaki,Yoshii Yumiko,Saito Toshiyuki
  • FEMS Microbiology Letters 321(2), 175-182, 2011-08
  • … Pretreatment of neutrophils with a monoclonal antibody to CD18, β chain of lymphocyte function-associated molecule 1 (LFA-1), or an Src family tyrosine kinase inhibitor before incubation with the highly leukotoxic strain inhibited the release of resistin. …
  • NAID 120003751834

関連リンク

Lymphocyte function-associated antigen 1, also known as LFA-1 is found on all T -cells and also on B-cells, macrophages and neutrophils and is involved in recruitment to the site of infection. It binds to ICAM-1 on antigen-presenting cells and ...

関連画像

Lexus LFA 1.jpg2012-lexus-lfa-1lexus-lfa-_1.jpglexus lfa 壁紙 を ダウンロードLexus-LFA-1lexus lfa (1)


★リンクテーブル★
先読みリンパ球機能関連抗原
リンク元接着分子」「白血球」「T細胞」「キラーT細胞」「インテグリン
関連記事L」「LF」「LFA

リンパ球機能関連抗原」

  [★]

lymphocyte function-associated antigen, LFA
インテグリン


接着分子」

  [★]

adhesion molecule
接着因子

接着分子のファミリー

白血球の相互作用に関与している接着分子 (IMM.87)

グループ名 機能 名称 別名 組織分布 リガンド
セレクチン 炭化水素鎖に結合。
白血球-内皮細胞の反応を開始
P-selectin PADGEN CD62P 活性化した内皮細胞、活性化した血小板 PSGL-1, sialyl-Lewisx
E-selectin ELAM-1 CD62E 活性化した内皮細胞 sialyl-Lewisx
インテグリン CAMや細胞外マトリックスに結合。
強い結合
LFA-1 αL:β2 CD11a:CD18 単球、T細胞、マクロファージ、好中球、樹状細胞 ICAMs
CR3, Mac-1 αM:β2 CD11b:CD18 好中球、単球、マクロファージ ICAM-1, iC3b, fibrinogen
CR4, p150.95 αX:β2 CD11c:CD18 樹状細胞、マクロファージ、好中球 iC3b
VLA-5 α5:β1 CD49d:CD29 単球、マクロファージ fibronectin
免疫グロブリンスーパーファミリー 細胞結合で様々に働く。
インテグリンの基質
ICAM-1   CD54 活性化した内皮細胞 LFA-1, MAC1
ICAM-2   CD102 非活性化状態の内皮細胞、樹状細胞 LFA-1
VCAM-1   CD106 活性化した内皮細胞 VLA-4
PECAM   CD31 活性化した白血球、内皮細胞間の結合 CD31

白血球の相互作用に関与している免疫グロブリンスーパーファミリーの接着分子 (IMM.329)

名称 分布組織 リガンド
CD2 LFA-2 T細胞 LFA-1 CD53
ICAM-1 CD54 活性化した血管、リンパ球、樹状細胞 LFA-1, Mac-1  
ICAM-2 CD102 非活性化状態の血管 LFA-1  
ICAM-3 CD50 Naive T cells DC-SIGN, LFA-1  
LFA-3 CD58 リンパ球、APC CD2  
VCAM-1 CD106 活性化した内皮細胞 VLA-4  
-接着分子
-細胞接着分子
-カドヘリン


白血球」

  [★]

leukocyte, leucocyte (Z), white blood cell (Z), WBC, white corpuscle, white cell
赤血球血球血液

白血球

基準値

  • 4000-9000 (/μl) (2007前期解剖学授業プリント)
異常値の出るメカニズム第5版
  • 5000- 8400 (/μl) (健常者の2/3)
  • 4500-11000 (/μl) (95%範囲)

年齢との関連

生理的な変動

  • 精神的ストレス↑  → 交感神経の刺激により好中球の血管壁遊離が促進されるため
  • 午前↓、午後↑

基準値

  07解 異メ 流マ HIM.A-1
顆粒球 好中球 桿状核球 40~70 44~66 40~60 4~14 0~5
分葉核球 43~59 40~70
好酸球 2~4 0~ 4 2~4 0~6
好塩基球 0~2 0~0.5 0~2 0~2
無顆粒球 リンパ球 25~40 30~38 26~40 20~50
単球 3~6 0~ 5 3~6 4~8
  • 07解: 2007前期解剖学授業プリント
  • 異メ: 異常値の出るメカニズム第5版 p.91
  • 流マ: 流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.10

血管外滲出 extravasation (SMB.37 BPT.37)

(margination)

  • 1. 赤血球は軽く早く流れるので血管の中央をながれ、白血球は血管のへりを流れている

(rolling)

  • 2. IL-1, TNFで血管内皮細胞が活性化し、血管内腔にE-selectinを発現する
  • 3. P-selectinヒスタミントロンビンの働きにより、血管内腔に発現する
  • 4. 白血球と血管内皮細胞の接着分子で接着することで、白血球がrollingを始める
  • 3. 次第にselectinによる接着はdown regulateされる

(adheresion & arrested)

(transmigration)

  • 6. 白血球と血管内皮細胞に発現しているPECAM-1(CD31)がお互い接着し、白血球が血管内皮細胞の間隙を通って細胞外マトリックスに入る
血管内皮細胞   白血球
Rolling
E-selectin 糖鎖(SLex)
P-selectin 糖鎖
糖鎖(GlyCAM-1)(=CD34) L-selectin
Adhestion
ICAM-1 LFA-1 integlin(CD11a/CD18), Mac-1 integlin(CD11b/CD18)
VCAM-1 VLA-1 integlin
transmigration
PECAM-1(CD31) PECAM-1(CD31)

白血球の染色

  • 好酸性:赤く染まる→ヘモグロビン
  • 好塩基性:青く染まる→リボソーム、核内のヒストン蛋白
  • 好酸性でも好塩基性でもない:淡いピンクに染まる
  • MPOをもつ:顆粒球(前骨髄球~分葉核球)、単球(前単球~単球)
  • MPOをもたない:リンパ球系細胞
  • 好中球:長鎖エステルを分解
  • 単球:短鎖エステルを分解

関節液

  •   炎症 感染
  • 200 2000 20000
  • 500 5000 50000

臨床関連

白血球のインテグリンが欠損または減少する先天性疾患
反復性の細菌皮膚感染
  • SIRSの診断基準:<4,000/ul or >12,000/ul




T細胞」

  [★]

T cell
Tリンパ球T lymphocyte
TCRB細胞MHC
  • 図:IMM.315(T細胞の成熟)
  • 胸腺で成熟したT細胞は血流によって移動し、リンパ節の傍皮質白脾髄のリンパ性動脈周囲鞘、パイエル板の傍濾胞域に集まる(人間の正常構造と機能 VIIA血管・免疫 p.28)

種類

  1. ヘルパーT細胞(Th細胞)
  2. キラーT細胞(Tc細胞)
  3. サプレッサーT細胞(Treg細胞)

T細胞の抗原認識 (SP.248)

  CD TCRが抗原と共に認識する分子 認識する細胞
Tc細胞 CD8 MHCクラスI 感染細胞
Th細胞 CD4 MHCクラスII 抗原提示細胞

CD4+ T細胞のサイトカイン放出とその原因

DCが認識する外来異物 DCが分泌する物質 DCに反応する細胞 この細胞が分泌する
サイトカイン
NK系の細胞が放出した
サイトカインに反応するTh細胞
Th細胞が分泌するサイトカイン
ウイルス、一部の細菌 IL-12 NK細胞(IL-12による) INF-γ Th1 IL-2, IFN-γ, TNF-β
原虫など   NKT細胞 IL-4 Th2 IL-4, IL-13, IL-5

Th細胞活性化と接着分子

  抗原提示細胞 Th細胞
主シグナル MHC classII TCR, CD3
CD4
副シグナル B7{B7-1(CD80)/B7-2(CD86)} CD28
VCAM-1(CD106) VLA-4
ICAM-1 LFA-1
LFA-3(CD58) CD2



キラーT細胞」

  [★]

killer T cell
細胞傷害性T細胞 cytotoxic T cell 、細胞溶解性T細胞 cytolytic T cell、細胞傷害性Tリンパ球 cytotoxic T lymphocyte CTL、細胞溶解性Tリンパ球 cytolytic T lymphocyte CTL
ヘルパーT細胞T細胞ラック細胞 LAK細胞
KT


  • 偏性細胞内寄生体であるウイルス感染において特に誘導されやすい (SMB.47)

機能

  • キラーT細胞のTCRが、抗原を提示しているMHC class Iを認識し、キラーT細胞のCD8がMHC class Iとの結合を増強して、細胞傷害を行う (SP.250)
  • 攻撃の方法は2つあり、リソソームから酵素を注入する方法と、パーフォリン(perforin)を注入する方法とがある (SP.250)

抗原認識と細胞傷害 (SMB.48)

  • 1. キラーT細胞のTCRがが抗原を提示したMHC class Iを認識
  • 2. CD8がMHC class Iに結合
  • 3. キラーT細胞で発現しているLFA-1が標的細胞のICAM-1と結合
  • 4. キラーT細胞がFasリガンドを発現し、標的細胞のFasに結合
  • 5. パーフォリンが放出される
  • 6. グランザイムが注入される

新しいトピック

結核菌の殺傷に関与


-細胞傷害性T細胞


インテグリン」

  [★]

integrin, integrins

インテグリン IMM.87

name tissue distribution ligand
単球 T細胞 マクロファージ 好中球 樹状細胞
αL:β2 LFA-1 CD11a:CD18 ICAMs
αM:β2 CR3, Mac-1 CD11b:CD18     ICAM-1, iC3b, fibrinogen
αx:β2 CR4, p150.90 CD11c:CD18     iC3b
α5:β1 VLA-5 CD49d:CD29       fibronectin


L」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 12th letter of the Roman alphabet」
l

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「lira(イタリアの貨幣単位リラ)」


LF」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「low frequency」


LFA」

  [★] リンパ球機能関連抗原


"http://meddic.jp/LFA-1" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3