LE因子

出典: meddic

LE factor
抗核抗体


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • LE細胞テスト (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・3)その数値をどう読むか) -- (免疫学的検査 自己抗体)
  • 中枢神経ループスの胸水中に出現したLE細胞の検討
  • 木口 英子,石川 由起雄,赤坂 喜清,石黒 芝輝,日下部 民美,岩上 正義,箕輪 久
  • 日本臨床細胞学会雑誌 38(5), 467-471, 1999-09-22
  • NAID 110001225188
  • 中枢神経ループスの胸水中に出現したLE細胞の検討
  • 木口 英子,石川 由起雄,赤坂 喜清,石黒 芝輝,日下部 民美,岩上 正義,箕輪 久
  • 日本臨床細胞学会雑誌 38(5), 467-471, 1999
  • … LE細胞試験は, 全身性エリテマトーデス (SLE) などの自己免疫疾患で抗核抗体であるLE因子を, 人為的方法で好中球の核と反応させ, 形成されたLE細胞を観察する方法である. …
  • NAID 130003926613

関連リンク

臨床的意義 細胞の核に存在する蛋白に対する自己抗体。全身性エリテマトーデスのスクリーニング検査として用いる。 LE因子は細胞の核に存在するデオキシリボ核酸蛋白(DNP)に対する自己抗体で、主に ...
SLEに見られるLE細胞現象は患者血清中のLE因子が,細胞膜を障害された細胞に侵入し,核成分と反応することにより始まる。LE因子は7S IgG型の抗核抗体であり,その抗原は核蛋白であるDNAとヒストンの結合物である。LEテストは ...

関連画像

一般にどちらが優れていると 2014/12/20~2015/3/15 LE)进行验证性因子分析(见表2Stabilisation par le facteur XIII de la 血液凝固カスケードで因子分析 | キャスレー

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
先読み抗核抗体
リンク元LE細胞
関連記事L」「」「因子」「LE

抗核抗体」

  [★]

antinuclear antibody ANA, anti nuclear antibodies ANAs
SLE自己抗体


  • 検査法:HEp-2細胞を器質に用いる。
  • 頻度についてはsee REU.14
  • 正常値:40倍以下(REU.13)
  • 高齢者では80,160倍と言った値が見られることがある。
  • 20-60歳の健常人を調べた検査で、40倍での陽性率30%、80倍は13%、160倍は3%。
参考1
染色型 主な関連検査 主な関連疾患
Homogeneous型 (均質型) 抗DNA抗体 全身性エリテマトーデス
抗ss-DNA IgG抗体
抗ss-DNA IgM抗体
抗ds-DNA IgG抗体
抗ds-DNA IgM抗体
抗ヒストン抗体 全身性エリテマトーデス薬剤性ループス
抗核抗体 全身性エリテマトーデス
Peripheral型 (辺縁型) 抗DNA抗体 全身性エリテマトーデス
抗ds-DNA IgG抗体
抗ds-DNA IgM抗体
Speckled型 (斑紋型) 抗RNP抗体 混合性結合組織病強皮症全身性エリテマトーデス
抗Sm抗体 全身性エリテマトーデス
抗SS-A/Ro抗体 シェーグレン症候群全身性エリテマトーデス関節リウマチ
抗SS-B/La抗体 シェーグレン症候群
抗Ki抗体 全身性エリテマトーデス
抗Ku抗体 筋炎・強皮症重複症候群
抗Scl-70抗体 強皮症
Nucleolar型 (核小体型) 抗U3RNP抗体 強皮症
抗7-2RNP抗体
抗RNAポリメラーゼIII抗体
抗PM-Scl抗体 筋炎・強皮症重複症候群
抗リボゾームP抗体 全身性エリテマトーデス(CNSループス)
Discrete-Speckled型 (セントロメア型) 抗セントロメア抗体 強皮症 (CREST症候群) 、原発性胆汁性肝硬変
Cytoplasmic型 (細胞質型) 抗ミトコンドリア抗体 原発性胆汁性肝硬変
抗ミトコンドリアM2抗体
抗Jo-1抗体 多発性筋炎・皮膚筋炎
抗SS-A/Ro抗体 シェーグレン症候群全身性エリテマトーデス関節リウマチ
抗リボゾームP抗体 全身性エリテマトーデス (CNSループス)
抗平滑筋抗体 自己免疫性肝炎
PCNA型 抗PCNA抗体 全身性エリテマトーデス
PCNA様型 抗Na抗体 全身性エリテマトーデスなど
核膜型 抗核膜ラミン抗体 原発性胆汁性肝硬変自己免疫性肝炎など
抗gp210抗体
Granular型 抗p80 coilin抗体 原発性胆汁性肝硬変シェーグレン症候群など
抗Sp-100抗体
紡錘体型 NuMa-1 抗NuMa-1抗体 シェーグレン症候群など
紡錘体型 NuMa-2 抗NuMa-2抗体 全身性エリテマトーデスなど
中心体型 抗中心体抗体 レイノー病強皮症など
ゴルジ体型 抗golgin-97抗体 シェーグレン症候群全身性エリテマトーデス関節リウマチなど

参考

  • 1.
[display]http://www.srl.info/srlinfo/kensa_ref_CD/otherdata/127-P77-0361.html




LE細胞」

  [★]

LE cell
SLELEテストLE因子
  • 核成分を貧食して血中にある好中球
  • ギムザ染色で赤紫に染まる無構造な封入体を持つ多形核白血球(=好中球?)。DNA-ヒストン複合体に対する抗体が作用した核(LE体)が貪食されてできる?



L」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 12th letter of the Roman alphabet」
l

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「lira(イタリアの貨幣単位リラ)」

子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用

因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター

LE」

  [★] エリテマトーデス lupus erythematosus



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡