IL-10

出典: meddic

cytokine synthesis inhibitory factor
サイトカインインターロイキン

産生細胞

機能

受容体

  • IL-10Rα, IL-10Rβc(CRF2-4, IL-10R2)


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/06 14:25:13」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • mda-7/IL-24 differentially regulates soluble and nuclear clusterin in prostate cancer.
  • Bhutia SK, Das SK, Kegelman TP, Azab B, Dash R, Su ZZ, Wang XY, Rizzi F, Bettuzzi S, Lee SG, Dent P, Grant S, Curiel DT, Sarkar D, Fisher PB.SourceDepartment of Human and Molecular Genetics, Virginia Commonwealth University, School of Medicine, Richmond, Virginia.
  • Journal of cellular physiology.J Cell Physiol.2012 May;227(5):1805-13. doi: 10.1002/jcp.22904.
  • Melanoma differentiation-associated gene-7/interleukin-24 (mda-7/IL-24), a unique member of the IL-10 gene family, displays a broad range of antitumor properties including cancer-specific induction of apoptosis, inhibition of tumor angiogenesis, and modulation of anti-tumor immune responses. Here, w
  • PMID 21732348
  • Co-stimulation with TLR3 and TLR21 ligands synergistically up-regulates Th1-cytokine IFN-γ and regulatory cytokine IL-10 expression in chicken monocytes.
  • He H, Genovese KJ, Swaggerty CL, Mackinnon KM, Kogut MH.SourceSouthern Plains Agricultural Research Center, USDA-ARS, College Station, TX 77845, USA.
  • Developmental and comparative immunology.Dev Comp Immunol.2012 Apr;36(4):756-60. Epub 2011 Nov 18.
  • Toll-like receptors (TLRs) are pattern recognition receptors of the innate immune system for various conserved pathogen-associated molecular motifs. Chicken TLR3 and TLR21 (avian equivalent to mammalian TLR9) recognize poly I:C (double-stranded RNA) and CpG-ODN (a CpG-motif containing oligodeoxydinu
  • PMID 22120532
  • Soybean glyceollins mitigate inducible nitric oxide synthase and cyclooxygenase-2 expression levels via suppression of the NF-κB signaling pathway in RAW 264.7 cells.
  • Yoon EK, Kim HK, Cui S, Kim YH, Lee SH.SourceDepartment of Food Science and Biotechnology, Kyungpook National University, Daegu 702-701, Republic of Korea.
  • International journal of molecular medicine.Int J Mol Med.2012 Apr;29(4):711-7. doi: 10.3892/ijmm.2012.887. Epub 2012 Jan 12.
  • Glyceollins, produced to induce disease resistance responses against specific species, such as an incompatible pathogen Phytophthora sojae in soybeans, have the potential to exhibit anti-inflammatory activity in RAW 264.7 cells. To investigate the anti-inflammato
  • PMID 22246209

和文文献

  • Local suppression of pro-inflammatory cytokines and the effects in BMP-2-induced bone regeneration.
  • Ratanavaraporn Juthamas,Furuya Hiroyuki,Tabata Yasuhiko
  • Biomaterials 33(1), 304-316, 2012-01
  • … When either J774.1 macrophage-like or MC3T3-E1 osteoblastic cells were cultured in the hydrogels incorporating mixed 2.5, 5 or 10 mg of triptolide-micelles and BMP-2, the expression level of pro- and anti-inflammatory cytokines including interleukin (IL)-6 and IL-10 was down-regulated, but the alkaline phosphatase (ALP) activity was promoted compared with those of hydrogels incorporating BMP-2 without triptolide-micelles. …
  • NAID 120003674150
  • Activation-Induced Cytidine Deaminase Expression in CD4(+)T Cells is Associated with a Unique IL-10-Producing Subset that Increases with Age.
  • Qin Hongyan,Suzuki Keiichiro,Nakata Mikiyo,Chikuma Shunsuke,Izumi Nakako,Thi Huong Le,Maruya Mikako,Fagarasan Sidonia,Busslinger Meinrad,Honjo Tasuku,Nagaoka Hitoshi
  • PloS one 6(12), 2011-12
  • … In T cells, AID was expressed in a subset that produced IFN-γ and IL-10 but little IL-4 or IL-17, and showed no evidence of genetic mutation. …
  • NAID 120003726138
  • Measurements of eicosanoid and inflammatory cytokines in rats with spontaneous periodontal disease
  • Takahashi Toshifumi,Shinohara Mitsuko
  • Journal of Osaka Dental University 45(2), 167-173, 2011-10
  • … Chemokines such as MCP-1 and IL-8, which are produced by gingival epithelial cells undergoing stimulation by bacterial cell components from plaque bacteria through the toll-like receptor-2, are involved in the migration of these immunocompetent cells to the lesion site. …
  • NAID 110008761439

関連リンク

インターロイキン-10(Interleukin-10:IL-10) インターロイキン-10(IL-10)は、主に2型ヘルパーT細胞(Th2)より産生されるサイトカインであり、活性化B細胞、単球、肥満細胞あるいは角化細胞からも産生される。その生物活性は多岐に ...
ポイント 炎症の慢性化がT細胞の抑制性サイトカイン産生を誘導する 時計遺伝子の転写因子E4BP4は、IL-10の産生を制御 E4BP4は、IL-10を介して免疫反応の沈静化に働く

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みサイトカイン
リンク元ヘルパーT細胞」「免疫」「母乳」「インターロイキン」「マクロファージ
拡張検索IL-10 receptor」「IL-10受容体」「IL-10レセプター
関連記事I」「IL

サイトカイン」

  [★]

cyto=cell kin(e)=small substance
ex. manikine
細胞が分泌する糖タンパク質で、生物活性(増殖・分化・タンパク産生誘導などを)を有するもの
cytokine, cytokines
サイトカイン受容体インターロイキンリンホカイン

生態情報伝達方式

  • 傍分泌系、自己分泌系により情報を伝達する。局所ホルモンともいえる(ホルモンは血流を介して他臓器に働く)

産生細胞・機能による分類名

機能

機能 サブグループ サイトカイン 標的 機能
炎症性サイトカイン TNFファミリー TNF-α 白血球上皮細胞 活性化
インターロイキン IL-1 上皮細胞リンパ球 活性化
IL-6 種々の細胞 活性化
IL-8 白血球 炎症部位遊走
T細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 T細胞 活性化。増殖
IL-4 T細胞 増殖
Th2細胞 分化誘導
IL-12 Th1細胞 分化誘導
インターフェロン IFN-γ Th2細胞 分化抑制
B細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 B細胞 活性化
IL-4 B細胞 活性化、増殖、分化
IL-5 B細胞 活性化、増殖
IL-6 B細胞 増殖、分化
  TGF-β B細胞 分化(IgA分泌)
アレルギー調節サイトカイン インターロイキン IL-3 肥満細胞 増殖、分化促進
IL-4 B細胞 IgEクラススイッチ促進
IL-5 好酸球 増殖、分化促進
IL-13 B細胞 IgEクラススイッチ促進
インターフェロン IFN-γ B細胞 IgEクラススイッチ抑制
走化性サイトカイン(ケモカイン) CCケモカイン MIP-1 好中球 遊走
MIP-2
RANTES 単球
CXCケモカイン IL-8 好中球リンパ球好塩基球
SDF-1
造血系サイトカイン   SCF    
インターロイキン IL-7    
  erythropoietin    
コロニー刺激因子 GM-CSF    
G-CSF    
M-CSF    

サイトカインのシグナル伝達 JAK/STAT pathway (IMM.245-246)

組み換えサイトカインと臨床利用 first aid step1 2006 p.327

agent clinical uses
aldesleukin interleukin-2 renal cell carcinoma, metastatic melanoma
erythropoietin epoetin anemias (especially in renal failure)
filgrastim granulocyte colony-stimulating factor recovery of bone marrow
sargramostim granulocyte-macrophage colony stimulating factor recovery of bone marrow
α-interferon   hepatitis B and C, Kaposi's sarcoma, leukemias, malignant melanoma
β-interferon   multiple sclerosis
γ-interferon   chronic granulomatous disease
oprelvekin interleukin-11 thrombocytopenia
thrombopoietin   thrombocytopenia




ヘルパーT細胞」

  [★]

helper T cellThTH
ヘルパーTリンパ球Th細胞
T細胞キラーT細胞抗原提示細胞Th1Th2



  • T細胞の中で最も多い
  • (CD4陽性T細胞)CD4 + T cellとも呼ばれる
  • Th17もあるらしい。IL-17を分泌しアレルギー反応、自己免疫疾患に関与する。

機能

  • B細胞の形質細胞への分化誘導
B細胞の項を参照

抗原認識

  • 抗原提示細胞のみがMHC class IIを持つが、異物を貪食すると抗原をここに提示する (PT.249)
  • ヘルパーT細胞のTCRが抗原とMHC class IIを認識する (PT.249)
  • このときヘルパーT細胞上に発現しているCD4MHC class IIとの結合を強める (PT.249)
  • ヘルパーT細胞はIL-2を放出し、キラーK細胞やB細胞の増殖をもたらす (PT.249)
  Th0からの分化誘導 機能
Th1 IL-12 細胞性免疫、液性免疫
Th2 IL-4 液性免疫

サイトカイン

  分化誘導 サイトカイン
Th1細胞 IL-12 IL-2,IFN-γTNF-β
Th2細胞 IL-4 IL-4,IL-5,IL-6,IL-10,IL-13

Th1とTh2 (SMB.46)

機能 Th1 Th2
サイトカインの産生 INF-γ +  - 
IL-2
IL-3
IL-4
IL-5
IL-6
B細胞のヘルパー機能 IgM,IgG,IgA ± ++
IgE
遅延性過敏反応発現能
感染防御免疫反応能

免疫」

  [★]

immunity, immune
免疫系

免疫の種類 (PT.246-251)

  主に関与するリンパ球 働き リンパ節での局在
細胞免疫 T細胞 (1)免疫の活性化 傍皮質
(2)抗原を有する細胞への攻撃
液性免疫 B細胞 抗体産生 皮質

T細胞の種類

細胞の種類 補レセプター 抗原を提示する細胞 MHC抗原
キラーT細胞(Tc) CD8 抗原提示細胞 MHCクラスI
ヘルパーT細胞(Th) CD4 全ての細胞 MHCクラスII

ヘルパーT細胞の種類

T細胞 関連する因子 産生する物質 機能
Th1 IL-12

 増殖

IL-2,IFN-γなど 細胞性免疫を促進'

 (1)キラーT細胞NK細胞マクロファージを活性化  (2)遅延型過敏反応により自己免疫疾患に関与

Th2 IL-4

 Th→Th2

IL-4,IL-5,IL-6,IL-10など 液性免疫を促進'

 (1)B細胞好酸球肥満細胞に作用。  (2)即時型アレルギーに関与



母乳」

  [★]

breast milkbreastmilk
人乳母子感染

分類

母乳を介して感染しうるウイルス

成分

  • ミネラル:初乳 > 成乳
  • IgA:初乳 > 成乳
  • タンパク質:初乳 > 成乳
  • 熱量:成乳 > 初乳
  • 脂肪:成乳 > 初乳
  • 乳糖:成乳 > 初乳
  • 防御因子:ラクトフェリン、リゾチーム、分泌型IgA、マクロファージ、リンパ球
  • 成乳の浸透圧は血漿と同程度

アレルギー促進因子、防御因子

参考1
物質の種類 促進因子 防御因子
食物抗原 感作抗原 寛容誘導抗原
免疫グロブリン   IgA
サイトカインなど IL-4IL-5IL-13 TGF-βIL-10、sCD14
ケモカイン RANTESIL-8  
好酸球由来顆粒 ECP  
不飽和脂肪酸 n-6系 n-3系
ポリアミン   スペルミンスペルミジン


母乳と人工乳との比較

  • 母乳は消化されやすく、胃内停滞時間が長い。
  • 母乳はビタミンKが少ない。
  • 人工乳は蛋白顔奥、蛋白代謝負担が大きい
  • 児の成長に連れ母乳のみの栄養ではビタミンD、鉄が不足してくる。 → 母乳栄養のみでは水様便となってくる。離乳食開始を考慮。
  • 母乳栄養時では軟便傾向となる。

母乳と牛乳との比較

  • 母乳は乳糖のみ多い。
  • グロブリン、不飽和脂肪酸、糖質は牛乳より多い。 → ビフィズス菌の増殖に不可欠なオリゴ糖も母乳の方が多い。
  • エネルギーや脂質はほぼ同じ。
  • その他の成分は牛乳の方が多い。

参考

  • 1.
[display]http://www.aiiku.or.jp/aiiku/jigyo/contents/kaisetsu/ks0809/ks0809_3.pdf

国試



インターロイキン」

  [★]

interleukin interleukins IL
サイトカイン


=知られているインターロイキン

IMM.799
  • IL-1:マクロファージ、上皮細胞が産生。視床下部に作用して発熱、T細胞やマクロファージを活性化させる。
  • IL-2:リンパ球(T細胞)が産生し、細胞性免疫(T細胞の増殖)にかかわる。
  • IL-3:活性化リンパ球などから産生される造血因子(骨髄系細胞の増殖因子)
  • IL-4:T細胞、肥満細胞により産生され、B細胞活性化、IgEスイッチ、Th2細胞への分化誘導などの機能を有する。
  • IL-5:好酸球の分化と活性化を誘導
  • IL-6:T細胞、マクロファージ、内皮細胞が産生。T細胞・B細胞の増殖と分化、急性期タンパク(CRPなど)の産生、発熱に関わる。
  • IL-7
  • IL-8
  • IL-9
  • IL-10
  • IL-11
  • IL-12
  • IL-13
  • IL-14
  • IL-15
  • IL-16
  • IL-17
  • IL-18
  • IL-19
  • IL-20
  • IL-21
  • IL-22
  • IL-23
  • IL-24
  • IL-25
  • IL-26
  • IL-27


マクロファージ」

  [★]

macrophage
大食細胞大食球貪食球
塵埃細胞組織球
Mononu clear phagocytes

活性化するためのサイトカイン

機能 (PT.248)

産生するサイトカイン (SMB.44)

NK細胞樹状細胞インターフェロンγを産生させるサイトカインを分泌



IL-10 receptor」

  [★]

interleukin-10 receptor


IL-10受容体」

  [★]

IL-10 receptor
インターロイキン10受容体IL-10レセプター

IL-10レセプター」

  [★]

IL-10 receptor
インターロイキン10受容体IL-10受容体

I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」

IL」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Illinois」


"http://meddic.jp/IL-10" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡