IFN

出典: meddic

インターフェロン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/20 03:25:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Thalidomide with peginterferon alfa-2b and ribavirin in the treatment of non-responders genotype 1 chronic hepatitis C patients: proof of concept.
  • B Pardo-Yules, R Gallego-Durán, M Eslam, C García-Collado, L Grande, C Paradas, R Morillo, B Dorantes, M Romero-Gómez.AbstractBackground: fewer than half of patients infected with hepatitis C virus (HCV) achieve sustained viral clearance after peginterferon alfa/ribavirin (Peg-IFN/RBV) therapy.Aims: thalidomide posses anti-inflammatory and immunomodulatory properties through inhibition of tumor necrosis factor and costimulatory effect on human CD8+ T cells.Methods: we started a prospective, open label trial of retreatment of very-difficult-to-treat genotype 1 chronic hepatitis C patients (CHC) patients, who had failed to respond to the (Peg-IFN/RBV), with a triple therapy consisting in these same antivirals plus thalidomide 200 mg/day (the TRITAL study).Results: none of the eleven patients fulfilling the inclusion criteria and included in the trial reached complete early virological response or sustained virological response. Viral load decline after 12 weeks of triple therapy thalidomide-based retreatment did not differ from viral dynamics during the first course. The triple therapy was well tolerated and only one patient developed mild bilateral neuropathy.Conclusions: thalidomide addition to standard therapy is tolerated and did not increase the SVR rate in very-difficult-to-treat genotype 1 CHC patients. Different schedules are warranted to improve attempting retreatment of non responder CHC patients.
  • Revista espanola de enfermedades digestivas : organo oficial de la Sociedad Espanola de Patologia Digestiva.Rev Esp Enferm Dig.2012 Dec;103(12):619-625.
  • Background: fewer than half of patients infected with hepatitis C virus (HCV) achieve sustained viral clearance after peginterferon alfa/ribavirin (Peg-IFN/RBV) therapy.Aims: thalidomide posses anti-inflammatory and immunomodulatory properties through inhibition of tumor necrosis factor and costimul
  • PMID 22217345
  • A sulfated polysaccharide, fucoidan, enhances the immunomodulatory effects of lactic acid bacteria.
  • Kawashima T, Murakami K, Nishimura I, Nakano T, Obata A.SourceResearch and Development Division, Kikkoman Corporation, 399 Noda, Noda City, Chiba 278-0037, Japan.
  • International journal of molecular medicine.Int J Mol Med.2012 Mar;29(3):447-53. doi: 10.3892/ijmm.2011.854. Epub 2011 Dec 5.
  • Fucoidan, a sulfated polysaccharide contained in brown algae, has a variety of immunomodulatory effects, including antitumor and antiviral effects. On the other hand, lactic acid bacteria (LAB) also have immunomodulatory effects such as anti-allergic effects. In t
  • PMID 22160132
  • Newcastle disease virus induces pro-inflammatory conditions and type I interferon for counter-acting Treg activity.
  • Fournier P, Arnold A, Wilden H, Schirrmacher V.SourceGerman Cancer Research Center, Im Neuenheimer Feld 280, D-69120 Heidelberg, Germany.
  • International journal of oncology.Int J Oncol.2012 Mar;40(3):840-50. doi: 10.3892/ijo.2011.1265. Epub 2011 Nov 16.
  • Newcastle disease virus (NDV) is a negative sense RNA paramyxovirus of birds which in human tumor cells, in contrast to human non-tumor cells, has shown replication competence leading to tumor cell death (i.e., tumor selectivity and viral oncolysis). Our study dem
  • PMID 22102168

和文文献

  • B型肝炎に対する新薬開発の最新情報 (第1土曜特集 B型肝炎 : 最新治療コンセンサス2012) -- (治療の最新情報)
  • 大石 和佳,茶山 一彰
  • 医学のあゆみ 242(5), 460-464, 2012-08-04
  • NAID 40019355942
  • B型急性肝炎に対する抗ウイルス治療 (第1土曜特集 B型肝炎 : 最新治療コンセンサス2012) -- (治療の最新情報)

関連リンク

携帯電話でも更新情報、イベント情報を御確認いただけます。http://www.ifn.co.jp/i/ EZアドレス番号:##167784 ≪EZアドレス番号とは≫ au等、EZwebカンタンアクセスにてご利用頂ける番号です。機種別に以下の利用方法をご参照下さい。
2002年5月1日号 336 インターフェロン療法の落とし穴 {参考文献}日本病院薬剤師会雑誌 2001.8 ルイ・パスツール医学研究センター理事長 岸田網太郎 生物にとってIFNは自分自身で作り出すものであって ...

関連画像

Ⅰ型(IFN-α/β)およびⅡ型(IFN  IFN) system. Circled gene names haveInterferon IFN PathwayType I IFNs are responsibleIFN.pngFigure 1.


★リンクテーブル★
リンク元肝炎」「インターフェロン」「リポ多糖」「サイトカイン療法
拡張検索IFN-α-2b」「IFN-α-2a」「IFN-γ」「IFN-gamma production」「IFNβ
関連記事I」「IF

肝炎」

  [★]

hepatitis
肝炎ウイルス肝臓の病理

概念

  • 肝臓に炎症を生じた状態

疫学

  • B型肝炎:感染者数は約110~140万人、患者数は約7万人(慢性肝炎:約5万人、肝硬変・肝がん:約2万人) (参考1)
  • C型肝炎:感染者数は約190~230万人、患者数は約37万人(慢性肝炎:28万人、肝硬変・肝がん:約9万人) (参考1)  →  肝細胞癌の80%がC型肝炎ウイルスによる

病因

  • 薬物性
  • アルコール性
  • 細菌性
  • ウイルス性
  • 自己免疫性

病理

細菌

ウイルス

  • 形態・増殖などピコルナウイルス参考
  • 他のピコルナウイルスと異なり細胞培養では、 CPEを起こさない。
  • 感染経路:主に経口、糞便にウイルスを排世
  • 発熱を伴う。慢性化しない。
  • 予防:A型肝炎ワクチン(不活化ワクチン)
  • 逆転等酵素を有するDNAウイルス。エンベロープあり。
  • 抗HBs抗体一中和抗体・感染防止抗体  B型肝炎ワクチンによる予防  3TC
  • 感染経路:血液、体液、垂直感染 慢性化 約10%
  • Gianotti病(extrahepatic)
  • 感染経路:血液体液、
  • 慢性化:50-70%
  • インターフェロン療法HCV I FN昔効例全体で約30%
  • 日-t V型 f FN曹効例 2a60%、 2b45%、日本で多い1b15%)
  • HBVと同時に感染する。
  • Rib ozyme活性(RNAがRNAを切断)
  • 慢性化
  • E nterically-transmitted、 E ndemic
  • RNAウイルス
  • 妊婦での死亡率高い(10-20%)他   (HAV 約0-1%)
  • 人畜共通感染症(豚、イノシシ、鹿)
  • G型肝炎 肝炎との関連は当初考えられたほど高くない
  • TTV   1本鎖(-)DNA9歳以下8%、 10-20代50%、30代以降70%以上感染者
  • サイトメガロウイルス、アデノウイルス、EBウイルス、水痘・帯状疱疹ウイルス、単純ヘルペスウイルス、B19ウイルス など

肝炎ウイルスまとめ

肝炎ウイルス.xls

感染症 A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎 D型肝炎 E型肝炎
ウイルス HAV HBV HCV HDV HEV
ピコルナウイルス科 ヘパドナウイルス科 フラビウイルス科 未分類 ヘペウイルス科
ヘパトウイルス属 オルソヘパドナ属 ヘパシウイルス属 デルタウイルス属 ヘペウイルス属
ゲノム ssRNA+ dsDNA ssRNA+ ssRNA- ssRNA+
エンベロープ - + + + -
逆転写酵素 - + - - -
潜伏期 文献1 15-40days 50-180days 1-5months 21-90days 2-9weeks
文献2 約4週 1-6ヶ月 平均6-8週 平均7週 平均5-6週
           
type of onset 急性 潜行性 潜行性 急性 急性
前駆症状   関節炎、皮疹 関節炎、皮疹    
感染経路 経口・糞光
非腸管
その他 食物、水 性的接触、周産期感染。血液、体液、垂直感染 性的接触(稀)。血液、体液 性的接触(稀)
後遺症 キャリアー × ○(約10%) ○(約50-70%) ○(重複感染:2-20%) ×
慢性肝炎 × ×
肝硬変→肝細胞癌 × 2.5-3 %/年 5-7 %/年   ×
劇症肝炎 0.1% 0.2 % 0.2 %   0.3-5.0%
死亡率 0.1-0.2% 0.5-2.0%(健常者) 1-2%(健常者) 2-20% 2%(一般)。20%(妊婦)
発熱 ? ? ? ?
予防 A型肝炎ワクチン(不活化) B型肝炎ワクチン(成分, HBs抗原)、HBIG なし B型肝炎ワクチン(成分, HBs抗原) ワクチン
治療 なし IFN
ラミブジン
アデフォビル
エンテカビル
テルビブジン
INF+リバビリン

IFN(著効率:30%。2a 60%, 2b 45%, 1b 15%)
IFN? なし
その他 CPEなし Gianotti病   HBVと同時感染、Ribozyme活性 風土病。人獣共通感染症(豚、イノシシ、鹿)

参考

  • 1. 肝炎対策の経緯と今後 ―B 型肝炎訴訟・C 型肝炎訴訟を中心に― 国立国会図書館 ISSUE BRIEF NUMBER 702(2011. 2.22.)
2011年以前までの状況がサマリーしてあってよい
[display]http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/pdf/0702.pdf
  • 2. 肝炎総合対策の推進 - 健康局疾病対策課肝炎対策推進室
[display]http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou09/index.html





インターフェロン」

  [★]

interferon interferons IFN
オーアイエフIFNβモチダアドバフェロンアボネックスイムノマックス-γ、イントロンA、スミフェロンフエロンベタフェロンペガシスペグイントロン

概念

  • サイトカインの一種で抗ウイルス作用、免疫修飾作用、抗増殖活性を有する。(GOO.1261)

種類

  • I型インターフェロン
ウイルスに感染して誘導され、強い抗ウイルス作用を有する
  • II型インターフェロン
非ウイルス誘導性

表(SMB.426)

    産生細胞 種類 誘発因子 作用
I型インターフェロン IFN-α 好中球マクロファージなど 14種類以上 ウイルス細菌内毒素 抗ウイルス効果、抗腫瘍効果
IFN-β 線維芽細胞、上皮細胞など 1種類 ウイルス、2本鎖RNA 抗ウイルス効果、抗腫瘍効果
II型インターフェロン IFN-γ T細胞NK細胞など 1種類 抗原刺激、サイトカイン 免疫細胞の活性化、免疫系の制御

各インターフェロンについて

GOO.1261
  • ウイルス感染に対する非特異的な初期防御に関わる
  • 意義:ウイルス感染に対する非特異的な初期防御に関わる
  • 産生細胞:ほとんど全ての細胞
  • 産生のトリガー:二本鎖RNA、ある種のサイトカイン(IL-1, IL-2, TNF)
  • 作用:抗ウイルス作用、抗増殖作用:(1) リンパ球、NK細胞、およびマクロファージの細胞障害作用の亢進、(2) MHC class Iの発現の亢進作用  ← 抗ウイルス活性
  • 意義:マクロファージの活性化
  • 産生細胞:T細胞、NK細胞、マクロファージのみ!
  • 産生のトリガー:抗原刺激、mitogen、特定のサイトカイン
  • 作用:抗ウイルス作用は弱い。強力な免疫調整作用:(1) マクロファージの強力な活性化、(2) MHC class IIの発現の亢進、(3) 局所炎症反応の仲介(madiation)

インターフェロンの抗ウイルス作用

  • インターフェロンをシグナルとして受け取った細胞は以下の物質を産生して抗ウイルス作用を発揮する。

適応

副作用

発熱 ほぼ必発
甲状腺機能異常 約10%
間質性肺炎 非常に稀
精神症状 約10%
白血球減少 ほぼ必発
血小板減少 ほぼ必発
蛋白尿 約10%
糖尿病 0.1-5%
口腔内病変 約20%
脱毛 約5%
眼底出血 約20%



リポ多糖」

  [★]

lipopolysaccharide, LPS
リポ多糖類リポポリサッカライド
  • エンドトキシン endotoxinである
主にマクロファージを刺激して多彩な生理作用を表す

LPSの生物活性 (SMB.115-117)

  • 1. B細胞マイトジェン活性:B細胞の分裂を誘導
  • DNA合成の促進
  • 2. ポリクローナルB細胞活性化:B細胞を刺激し、抗原非特異的に抗体産生細胞へと分化誘導。IgMクラスの抗体を産生させる。
  • 3. マクロファージの活性化:サイトカイン(IL-1、TNF-α、IFN、コロニー刺激因子(CSF)など)、フリーラジカルを放出させる。
  • 4. 補体の古典的経路、別経路を活性化
  • 5. アラキドン酸代謝経路の刺激:ロイコトリエン、プロスタグランジンの産生亢進
  • 6. 白血球との結合:生体ではLPS投与後1時間目に顆粒球減少(白血球凝集や末梢血管への貯留による)。2-4時間後、急激に白血球増加(骨髄の顆粒球の放出や顆粒球産

生の増加による)

  • 7. 血小板の活性化と破壊:セロトニン、核酸、血小板因子3などを放出。LPSにより破壊されやすい
  • 8. NK細胞やNKT細胞によるIFN-γの産生亢進

リポ多糖の受容体

リポ多糖受容体=CD14

リポ多糖のクリアランス(SMB.117)

  • 血流に入ったLPSは、LPS結合タンパク質(LBP)や遊離CD14と結合し、ついで血清タンパク質(特に高比重リポタンパク質(HDL)と結合し、速やかに主に肝臓に取り込まれる。肝臓、脾臓などのマクロファージ系の貪食細胞がLPSを捕獲し、比較的長い時間かかって分解するらしい。

リポ多糖の臨床的意義 (SMB.117-118)

エンドトキシンショック

  • 1. マクロファージ、単球、好中球、NK細胞、血管内皮細胞、線維芽細胞などに作用し、TNFIFNIL-1IL-6IL-8などのサイトカインを誘導
  • 2. 1.のサイトカインは、標的細胞に作用し、血小板活性化因子(PAF)、ロイコトリエンプロスタグランジン活性酸素NO、プロテアーゼなどを放出させる。
  • 3. 発熱、悪寒、白血球減少、DIC、出血、低血圧、頻脈、アシドーシス、多臓器障害、多臓器不全をもたらす。

抗生物質誘発内毒素遊離

  • 内毒素は菌が増殖するときに、外膜より遊離。
  • ある種の抗生物質は菌を殺す際、大量の内毒素の遊離を招く

検査



サイトカイン療法」

  [★]

cytokine therapy, cytokine-based therapy
免疫療法サイトカイン
  • 免疫担当細胞産生するサイトカインにより抗悪性腫瘍作用を期待する治療。
  • IL-2
  • IFN

参考

  • 1.
[display]http://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/immunotherapy.html%23prg5_1


IFN-α-2b」

  [★] インターフェロンα-2binterferon-α-2b


IFN-α-2a」

  [★] インターフェロンα-2ainterferon-α-2a


IFN-γ」

  [★] インターフェロンγ, interferon-γ


IFN-gamma production」

  [★]


IFNβ」

  [★] インターフェロンベータ


I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」


IF」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「intermediate frequency (無電の)中間周波」


"http://meddic.jp/IFN" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1CATTLE BLEEDING LINE mail25
2CATTLE SKIN DEHIDER mail14
3SHEEP BLEEDING PULLEY mail11
4SHEEP BLEEDING LINE mail10
5SHEEP BLEEDING PAN mail9
6CATTLE BLEEDING PAN mail9
7MONOSODIUM GLUTAMAT mail9
8+spian calcium fluoride manufactures Co. ltd mail6
9右室梗塞4
10ソーセージ様手指とは4
11+Angola mesh white herbal body talcum powder manufactures Co. ltd mail4
12裂脳症close4
13クモ膜嚢胞4
14Squilla mantis a species of mantis shrimp mail4
15右PICA後閉塞 s/o4
16虫垂いんかんさいぼうがん4
17chilaicliti+s症候群4
18Medusozoa mail3
19CATTLE BLEEDING HOOK mail3
20レンズ核線条体動脈3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1疑核3
2Anthranilic acid its esters and its salts (Methaqualone and analogues) mail3
3急性出血性白質脳炎3
4Dry Cell and Storage Battery JSC (PINACO) mail2
5Shellfish mail2
6BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail2
7上顎結節2
8サブプロピュレーション2
9マーフィー徴候2
10心臓+繊維三角2
113 4-Methylenedioxyphenyl-2-propanone (MDMA MDA MDEA MDOH) mail2
12不橈性2
13レンズ核線条体動脈2
14OVINE 6 WAYS CUT mail2
15き山特ロミー2
162
17Medusozoa mail1
18不整形陰影とは1
19身体障害者福祉司+配置義務1
20びっくり眼+脊髄小脳変性症1