I型肺胞上皮細胞

出典: meddic

alveolar epithelial type I cell alveolar type I cellalveolar type I epithelial cell
I型肺胞細胞 type I pneumocyte小肺胞細胞 small alveolar cell、扁平肺胞細胞 squamous alveolar cell呼吸肺胞細胞 respiratory epithelial cell、肺上皮細胞 pulmonary epithelial cell
肺胞上皮細胞II型肺胞上皮細胞
[show details]


  • 肺胞の肺胞腔側を覆う小型かつ扁平な細胞。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/01/10 23:59:32」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • I型肺胞上皮細胞のアクチンフィラメントについて
  • 樋田 寿々子,安田 寛基
  • 日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌 = Journal of Japanese Medical Society for Lung Surfactant and Biological Interface 40, 151-152, 2009-09-25
  • NAID 10025615654
  • ニューモシスチスにおける薬物標的分子の変異と今後の展開
  • 高橋 孝
  • 日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology 50(2), 67-73, 2009-04-30
  • … Pneumocystis(Pc)jiroveciiは,生体内においてI型肺胞上皮細胞に接着寄生し,HIV感染症・自己免疫疾患 • …
  • NAID 10024793243
  • マウス肺におけるニューロトロフィンとその受容体Trkの発現
  • 樋川 志織,小林 弘祐,樋川 直司,日下部 辰三,川上 倫,冨田 友幸
  • 北里医学 30(5), 316-324, 2000-10-31
  • … その結果,1)肺胞マクロファージはNT-3とNT-4/5のmRNAを,2)間質マクロファージはBDNFとNT-4/5のmRNAを,さらにtruncated TrkBとTrkC分子を,3)I型肺胞上皮細胞はBDNFのmRNAを,4)肺胞毛細血管内皮細胞はTrkA分子を発現していた。 …
  • NAID 110004698314

関連リンク

I型肺胞上皮細胞(-がたはいほうじょうひさいぼう、英語: Type I pneumocyteとは、呼吸 上皮を構成する細胞の1つ。呼吸上皮細胞(respiratory epithelial cell)、扁平肺胞上皮 細胞とも呼ばれる。 非常に薄く扁平な細胞。隣り合う細胞質同士は密着結合により ...
肺胞はガスを溜める肺胞腔と、これを囲む肺胞上皮からなる。肺胞上皮はI型肺胞上皮 細胞とII型肺胞上皮細胞からなる。前者は、肺胞を取り囲む毛細血管内皮細胞と基底膜 を介して血液空気関門を形成し、肺胞内ガスと血液ガスの交換を行う。後者は層板小体 ...

関連画像

 型 肺胞 上皮 細胞 は 肺胞 の敗血症に伴う急性肺障害の発症 この記事にトラックバックする  は 肺胞 の 突起 が ある up 肺胞型 肺胞 上皮 細胞 扁平 肺胞 II型肺胞上皮細胞 - Type II 呼吸器系」ユニット講義録4 呼吸器に戻る


★リンクテーブル★
先読み肺胞上皮細胞」「squamous alveolar cell」「肺上皮細胞
国試過去問102B037」「103G014」「101B030
リンク元呼吸器の上皮の移行
拡張検索II型肺胞上皮細胞
関連記事肺胞」「上皮」「I」「Id」「上皮細胞

肺胞上皮細胞」

  [★]

alveolar epithelium
肺胞上皮
肺胞


  • 厚さ0.1-0.5μm
  • I型肺胞上皮細胞
  • 空気血管関門の形成
  • II型肺胞上皮細胞
  • 肺サーファクタントの分泌
  • 分裂する



squamous alveolar cell」

  [★] I型上皮細胞。扁平肺胞細胞


肺上皮細胞」

  [★]

lung epithelial cell


102B037」

  [★]

  • 肺の細胞と機能の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102B036]←[国試_102]→[102B038

103G014」

  [★]

  • a. 糖脂質が含まれる。
  • b. 表面張力を低下させる。
  • c. 不足時には静脈内投与される。
  • d. 妊娠32週ころから産生される。
  • e. I型肺胞上皮細胞から分泌される。
[正答]


※国試ナビ4※ 103G013]←[国試_103]→[103G015

101B030」

  [★]

  • 気道クリアランスに関与する細胞はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B029]←[国試_101]→[101B031

呼吸器の上皮の移行」

  [★]

気管支の分岐
区分 部位   構造を支持する組織 単層扁平上皮 単層立方上皮 単層円柱上皮 角化重層扁平上皮 非角化重層扁平上皮 呼吸上皮 嗅上皮   表皮 基底細胞 杯細胞 線毛細胞 刷子細胞 漿液細胞 DNES細胞 嗅細胞 支持細胞 クララ細胞 線毛立方細胞 I型肺胞上皮細胞 Ⅱ型肺胞上皮細胞   組織   そのほかの特徴
肺外気道 鼻前庭   硝子軟骨                                         - 脂腺と汗腺   鼻毛
鼻腔:呼吸部   硝子軟骨と骨                               鼻甲介と鼻中隔前部に動脈叢と静脈洞。リンパ小節、肥満細胞、形質細胞 粘漿混合腺    
鼻腔:嗅部   骨(篩骨)                                        ボウマン腺(漿液性)    
肺外気道 咽頭鼻部   骨格筋                               リンパ成分 粘漿混合腺   咽頭扁桃、耳管
咽頭口部   骨格筋         ○← ←○                     リンパ成分 粘漿混合腺   口蓋扁桃
咽頭喉頭部   硝子軟骨
弾性軟骨(喉頭蓋軟骨、楔状軟骨)
       
(喉頭蓋の上面,声帯ヒダ)
                    リンパ成分 粘液腺と粘漿混合腺   咽頭扁桃、咽頭蓋、声帯ヒダ、前庭ヒダ
器官と主気管支   硝子軟骨と密性結合組織                                 粘液腺と粘漿混合腺   外膜にC字型の器官軟骨と器官筋(平滑筋)
肺内気道 二次気管支   硝子軟骨と平滑筋                                 粘漿混合腺   硝子軟骨の板とラセン状の2層の平滑筋層
細気管支 bronchiole 平滑筋                                     なし   直径1mm以下。商用に空気を送る。ラセン状の2本の平滑筋束
終末細気管支 terminal bronchiole 平滑筋                                         なし   直径0.5mm以下。呼吸部に空気を送る。平滑筋少々。
呼吸部 呼吸細気管支 respiratory bronchiole 平滑筋と膠原繊維                                   なし   壁に肺胞あり。肺胞の入り口には平滑筋の括約筋あり。
肺胞管 alveolus duct 細網繊維(III型コラーゲン)と肺胞の平滑筋性括約筋                                         なし   それ自体の壁はなく肺胞が並ぶ
肺胞嚢 alveolar sac III型コラーゲンと弾性繊維                                         なし   肺胞の集合
肺胞 alveolus III型コラーゲンと弾性繊維                                         なし   直径200um。肺胞大食細胞あり

II型肺胞上皮細胞」

  [★]

type II alveolar cell, alveolar type II cell
大肺胞上皮細胞, 大肺胞細胞, great alveolar cellII型肺胞細胞
肺胞上皮細胞I型肺胞上皮細胞
  • I型肺胞上皮細胞よりも数が多いが、肺胞表面に占める割合は5% (HIS.305)
  • 肺界面活性物質(plumonary surfactant)を分泌する (HIS.305)


肺胞」

  [★]

alveolus (Z), alveoli, pulmonary alveoli, alveoli of the lung
alveoli pulmonis
肺胞中隔


解剖

  • 表面積:80m2。40-120m2。(およそテニスコートの広さ) 参考によると 縦23.77m横10.97mの長方形だけど?
  • 48畳くらいか(ワンルームマンション6畳x8部屋分くらい) = 80(m2) / 1.65(m2/畳)。 1畳 ≒ 0.9(m) x 1.8(m) = 1.62 (m2) ← コンパネの大きさですね

組織

呼吸生理

  • 肺胞を押しつぶす力P, 肺胞の半径r, 表面張力T
P = 2T / r



上皮」

  [★]

epithelium, (pl.)epithelia
上皮組織消化器系#上皮の移行呼吸器の上皮の移行


上皮の分類



I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」


Id」

  [★]


上皮細胞」

  [★]

epithelial cells
cellulae epitheliales





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3