HRT

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/04 22:35:56」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Dydrogesterone does not reverse the cardiovascular benefits of percutaneous estradiol.
  • Kuba VM, Teixeira MA, Meirelles RM, Assumpção CR, Costa OS.SourceInstituto Estadual de Diabetes e Endocrinologia Luiz Capriglione - IEDE , Rio de Janeiro , Brazil.
  • Climacteric : the journal of the International Menopause Society.Climacteric.2013 Feb;16(1):54-61. doi: 10.3109/13697137.2012.672843. Epub 2012 May 28.
  • ABSTRACT Objective To evaluate the influence of dydrogesterone on estimated cardiovascular risk of users of hormone replacement therapy (HRT) (with percutaneous 17β-estradiol in monotherapy and in combination with dydrogesterone) and HRT non-users through the Framingham score tool for a period of
  • PMID 22640483
  • HRT decreases DNA and lipid oxidation in postmenopausal women.
  • Escalante Gómez C, Quesada Mora S.Source* Department of Gynecology, Hospital San Juan de Dios , San José
  • Climacteric : the journal of the International Menopause Society.Climacteric.2013 Feb;16(1):104-10. doi: 10.3109/13697137.2012.660711. Epub 2012 Apr 24.
  • ABSTRACT Background Postmenopausal women have increased oxidative stress and decreased antioxidant status. Estrogen has great antioxidant capacity both in vitro and in vivo. Few authors have studied the effect that hormone replacement therapy (HRT) has on the oxidant and antioxidant status and non
  • PMID 22530644

和文文献

  • 骨粗鬆症に対するホルモン補充療法 (特集 今,改めて骨粗鬆症の重要性を考える)
  • 五來 逸雄,堀 裕雅
  • 産科と婦人科 79(12), 1539-1543, 2012-12
  • NAID 40019497637
  • 経口避妊薬からHRTへ (特集 適正な避妊をめざして)

関連リンク

更年期をいきいき過ごすための情報サイト「エンジョイ エイジング」。更年期障害は治療できます。更年期は誰にでも訪れる、からだと心の転換期。ひとりで悩まず、お医者さんに相談を。ホルモン補充療法(HRT)の気になる副作用 ...
バーバリーブラックレーベル ブルーレーベル burberry ポールスミス サマンサタバサ 財布 長財布 ビジネス バッグ ベルト 日傘 新品 正規品 【店内商品2点以上お買上げで送料無料】ブランド の通販はHRT

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元ホルモン補充療法」「更年期障害」「ハイデルベルグ網膜トモグラフィ」「ヒスタミン遊離試験」「Heidelberg retina tomography
拡張検索FEMHRT
関連記事H」「HR

ホルモン補充療法」

  [★]

hormone replacement therapy, HRT
エストロゲン補充療法更年期障害

概念

  • 閉経や卵巣摘出後のエストロゲン欠乏を補う目的で外因性にエストロゲンとプロゲストーゲンを投与する療法のことで、子宮のある女性が対象となる(参考1)。 (⇔ エストロゲン補充療法 ERT)

薬剤

  • エストロゲン製剤
  • プロゲステロン製剤

エストロゲンの臨床的作用

参考1
  • 更年期症状緩和作用
  • 骨吸収抑制作用
  • 抗動脈硬化作用
  • 脂質代謝改善作用
  • 凝固・線溶亢進作用
  • 認知機能改善作用
  • 皮膚萎縮予防作用
  • 泌尿生殖器障害改善作用

適応

参考1

最もよい適応疾患

  • 更年期症状(顔面紅潮、発汗、睡眠障害および一部の精神神経症状)
  • 骨粗鬆症および骨量減少症
  • 泌尿生殖器系の障害

条件付きで適応となる疾患

  • 脂質代謝異常

現時点では適応とならない疾患

  • 動脈硬化性疾患
  • 皮膚の萎縮
  • アルツハイマー病

禁忌

参考1

  • 1) 絶対的禁忌
  • (1) 乳癌
  • (2) 原因不明の子宮出血
  • (3) 急性期の血栓性静脈炎,血栓症
  • (4) 重症肝機能障害
  • 2) 相対的禁忌
  • (1) 血栓性静脈炎の既往,静脈血栓症の既往
  • (2) 子宮内膜癌の既往
  • (3) 子宮筋腫の既往,子宮内膜症の既往
  • (4) 重症高血圧 → エストロゲンの水、電解質貯留作用に基づく。
  • (5) 糖尿病
  • 3) 注意して投与
  • (1) 胆石症
  • (2) 片頭痛
  • (3) 高度の肥満
  • (4) ヘビースモーカー

G9M.101

絶対禁忌

  • エストロゲン依存性の悪性腫瘍
  • 原因不明の不正性器出血 → 子宮内膜癌に対して投与することを防ぐ
  • 血栓性静脈炎、血栓炎
  • 重症肝機能障害 → 性ホルモンは肝臓で代謝されるため
  • 妊娠疑い
  • 冠動脈疾患、脳卒中既往

相対禁忌

  • 血栓症の既往
  • 子宮体癌の既往
  • 子宮筋腫の既往
  • 子宮内膜症の既往
  • 重症高血圧
  • 重症糖尿病
  • 卵巣癌の既往
  • 肥満
  • 高齢者

治療方法

G9M.101
  • 子宮を有する場合にはエストロゲンとプロゲステロンを併用する。
  • 周期的併用投与:閉経前、月経が不規則で機能性出血を繰り返す場合に適応。カウフマン療法と呼ばれる。
  • 持続併用投与:エストロゲンとプロゲステロンを持続的に同時投与すると、最初、破綻出血がみられるが、次第に子宮内膜が萎縮し、破綻出血がみられなくなる。

投与経路について

参考2
  • 経口結合型エストロゲン:CEEの投与量に依存して心筋梗塞や脳血管疾患のリスクが上昇する。また静脈血栓症、静脈塞栓症のリスクも上昇する
  • 経皮結合型エストロゲン:CEEの投与量を減らすことなく静脈血栓症、静脈塞栓症、胆嚢疾患、乳癌リスクを低減させうる。

参考

  • 1.
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/56/5607-158.pdf
  • 2. HRT - 日産婦誌61巻7 号
http://www.jsog.or.jp/PDF/61/6107-242.pdf


更年期障害」

  [★]

climacteric disturbance, climacteric disturbance disorder
更年期症候群 menopausal syndrome
閉経症候群

原因

  • 器質的要因、心理的要因
  • 閉経の2年前からエストロゲンの分泌低下、FSH・LHの分泌亢進

症状

  • 血管運動症状
  • のぼせ、熱感、発汗、寝汗、動悸、冷え性、肩凝り
  • 精神神経症状
  • 頭痛、めまい、不眠、記憶力減退、不安、抑うつ
  • 膣・尿道粘膜の萎縮
  • 性交障害、膣炎、膀胱炎、頻尿、尿失禁
  • 皮膚障害
  • 希薄化、乾燥、知覚障害、疼痛、しびれ

除外すべき疾患

  • 甲状腺機能低下症
  • 精神疾患:うつ病
  • 耳鼻科:メニエール病

検査

2. 自覚的評価法

治療

治療方針

  • a. ホルモン補充療法
  • b. ホルモン補充療法 + 漢方薬
  • c. 漢方薬:
  • d. 精神安定薬
  • e. 心理療法、カウンセリング、運動療法

1. 薬物療法

卵胞ホルモン:結合型エストロゲン17βエストラジオール(17β-E2)、エストリオール(E3)(萎縮性膣炎)
黄体ホルモン:酢酸メドロキシプロゲステロン(MPA)
絶対禁忌:エスロトゲン依存性悪性腫瘍(糸球体癌、乳癌)またその疑いのあるもの、重症肝機能障害、血栓疾患
相対禁忌:エスロトゲン依存性良性腫瘍(子宮筋腫、子宮内膜症、良性乳腺疾患)、下垂体腫瘍、高血圧、糖尿病、不正性器出血

2. 心理療法 カウンセリング

処方

  • 1. 子宮有り
  • 2. 子宮無し
  • 抗鬱症状に自律神経失調症状を伴う場合:SSRI, SNRI
  • 不安に自律神経失調症状を伴う場合
  • 漢方薬

予後

  • 通常1-2年程度継続
  • 長く続く場合でも4-5年

国試



ハイデルベルグ網膜トモグラフィ」

  [★]

Heidelberg retina tomography HRT
[show details]


ヒスタミン遊離試験」

  [★]

histamine releasing test, HRT

概念

  • 末梢血中の好塩基球に結合したIgE抗体にアレルゲンを結合させ、好塩基球から遊離するヒスタミンを定量的に測定する検査。(LAB.858)



Heidelberg retina tomography」

  [★] ハイデルベルグ網膜トモグラフィ HRT


FEMHRT」

  [★]

ethinyl estradiol-norethindrone


H」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 8th letter of the Roman alphabet」
h

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「hydrogenの化学記号」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「鉛筆の硬度 / 《俗》heroin」


HR」

  [★]



"http://meddic.jp/HRT" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡