F因子

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 異所性静脈瘤  十二指腸静脈瘤の臨床的特徴と診断,治療
  • 松井 繁長,工藤 正俊
  • 日本門脈圧亢進症学会雑誌 15(2), 190-194, 2009
  • … 善され,十二指腸静脈瘤の頻度が増加傾向にある.十二指腸静脈瘤自験例12例をもとに検討を行った.十二指腸静脈瘤の臨床的特徴は,食道静脈瘤治療歴を有することが多く,出血因子はRCサインではなく,F因子である.画像診断としては,ヘリカルCT,MRAが有用である.出血例に対する治療法は,EOを使用したEISL,α-cyanoacrylateを使用したEIS,EVLなどの内視鏡的治療が有用である.予後は,肝機能不良な肝硬変,肝細 …
  • NAID 130001922329
  • 1L1415 F因子分配遺伝子産物SopAタンパク質のドメイン構造と機能
  • 柴田 理恵,本藤 隆亨,花井 亮
  • 生物物理 40(SUPPLEMENT1), S93, 2000-08-05
  • NAID 110001154291
  • 孤立性胃静脈瘤に対する予防的内視鏡的硬化療法の適応:-出血と再発の予知-
  • 入澤 篤志,小原 勝敏,斎藤 文子,宍戸 英夫,滝口 藤夫,坂本 弘明,西間木 友衛,粕川 禮司
  • 日門食会誌 4(3), 229-234, 1998
  • … 当科で経験した孤立性胃静脈瘤 (Lg) 89例の内視鏡的特徴から, Lg症例に対する予防的硬化療法の適応についてretrospectiveに検討した.さらに, 超音波内視鏡 (EUS) から再発予知因子についても検討した.出血例は, F因子はF<SUB>2</SUB>以上と大きい傾向にあり, RC sign陽性例とerosion陽性例で出血の頻度が高かった.Lgの存在部位別ではLg-fの出血率が高い傾向にあった.再発例のEUS的検討では, 治療後の胃壁内に, 貫通血管を伴う …
  • NAID 130001929940

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元F factor」「抵抗性伝達因子」「Fプラスミド」「fertility factor」「稔性因子
関連記事F」「f」「」「因子

F factor」

  [★]

F因子

F plasmidfertility factorresistance transfer factor

抵抗性伝達因子」

  [★]

resistance transfer factorRTF
F因子Fプラスミド


Fプラスミド」

  [★]

F plasmid
F因子抵抗性伝達因子


fertility factor」

  [★]

F factor


稔性因子」

  [★]

fertility factor
F因子


F」

  [★] フェニルアラニン phenylalanine

WordNet   license wordnet

「the 6th letter of the Roman alphabet」
f


f」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「farad / forte」


子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用


因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡