E・P・ホルモンデポー

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 妊娠鑑別および切迫流早産におけるE.P.ホルモンデポーの使用経験
  • 兼子 和彦 [他]
  • 産婦人科の世界 15(10), ????, 1963-10
  • NAID 40017836968
  • E.P.ホルモンデポーによる性周期の人為的調節(移動)について

関連リンク

E・P・ホルモンデポー筋注,ヒドロキシプロゲステロンカプロン酸エステル・ エストラジオールプロ.
2010年8月6日 ... EPホルモンデポーという注射について(できるだけ多くの回答を お願いします) 先日無 排卵の可能性が高いので、生理を起こす目的で ビホープAを処方されましたが、服用2 日目にして、嘔吐がひどく 病院に行.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 持続性黄体・卵胞ホルモン混合製剤

販売名

E・P・ホルモンデポー筋注

組成

成分・含量

  • 1管1mL中 ヒドロキシプロゲステロンカプロン酸エステル50mg,エストラジオールプロピオン酸エステル1mg

添加物

  • 1管1mL中 安息香酸ベンジル0.2mL,ベンジルアルコール0.02mL,ゴマ油適量

禁忌

  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば,乳癌,子宮内膜癌)及びその疑いのある患者
    [腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すことがある.]
  • 血栓性静脈炎,肺塞栓症又はその既往歴のある患者
    [血液凝固能の亢進により,これらの症状が増悪することがある.]
  • 重篤な肝障害・肝疾患のある患者
    [代謝能が低下しており肝臓への負担が増加するため,症状が増悪することがある.]

効能または効果

  • 無月経,機能性子宮出血
  • 通常,1週間に1回1mL(1管)を筋肉内注射する.
    なお,症状により適宜増減する.

慎重投与

  • 子宮筋腫のある患者
    [子宮筋腫の発育を促進するおそれがある.]
  • 乳癌の既往歴のある患者
    [乳癌が再発するおそれがある.]
  • 乳癌家族素因が強い患者,乳房結節のある患者,乳腺症の患者又は乳房レントゲン像に異常がみられた患者
    [症状が増悪するおそれがある.]
  • 心疾患,腎疾患又はその既往歴のある患者
    [ナトリウムや体液の貯留により,これらの症状が増悪するおそれがある.]
  • てんかん患者
    [体液の貯留により,症状が増悪するおそれがある.]
  • 糖尿病患者
    [耐糖能が低下することがあるので,十分コントロールを行いながら投与すること.]
  • 骨成長が終了していない可能性がある患者(「小児等への投与」の項参照)

重大な副作用

血栓症(頻度不明)

  • 血栓症(四肢,肺,心筋,脳,網膜等)があらわれることがあるので,異常が認められた場合には投与を中止し適切な処置を行うこと.

薬効薬理

  • 増殖相の子宮内膜を分泌相に変化させる8)
  • 去勢女性に卵胞ホルモンと黄体・卵胞ホルモン混合製剤とを適宜の周期で交互に投与すると性周期を生理的に起こさせることができる9)
  • 基礎体温を上昇させる10)
  • 大量長期間投与すると性腺刺激ホルモンの分泌を抑制する11)
  • 1回の注射で約1週間にわたって効果が持続する.

有効成分に関する理化学的知見

分子量

  • 384.51

融 点

  • 104〜109℃

性 状

  • 白色〜微灰白色の結晶又は結晶性の粉末で,においはない.
    アセトン又は1,4-ジオキサンに溶けやすく,エタノール(95)にやや溶けにくく,メタノール又はゴマ油に溶けにくく,水にほとんど溶けない.


★リンクテーブル★
リンク元ヒドロキシプロゲステロン
関連記事ホルモン」「P」「Es」「Ping」「e

ヒドロキシプロゲステロン」

  [★]

hydroxyprogesterone
カプロン酸ヒドロキシプロゲステロン hydroxyprogesterone caproate
E・P・ホルモンデポーオオホルミンルテウムデポープロゲストンデポープロゲデポールテスデポー
[[]]
  • 持続性黄体ホルモン製剤


ホルモン」

  [★]

hormone

古典的な定義

  • 特定の内分泌腺から分泌され、血行によって運ばれ、遠隔部の特定の標的器官に作用して特異的効果を現す物質(PT.403)

例外

  • 腺構造を持たない組織から分泌されるホルモンがある
消化管ホルモン (PT.403)
視床下部ホルモン (PT.403)
甲状腺濾胞ホルモン?
カルシトニン?

ホルモンの一覧表

日本語 放出器官/細胞 作用器官/細胞 働き
メラトニン 松果体    
成長ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 GH放出
プロラクチン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 PRL放出
副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 ATCH放出
ゴナドトロピン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 FSH/LH放出
甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 TSH放出
ソマトスタチン 視床下部 下垂体前葉 GH放出抑制
ドーパミン 視床下部 下垂体前葉 PRL放出抑制
成長ホルモン 下垂体前葉 全身/肝細胞 タンパク質同化, 抗インスリン, 脂肪異化/IGF-I合成促進
プロラクチン 下垂体前葉 乳腺 乳汁分泌促進
副腎皮質刺激ホルモン 下垂体前葉 副腎皮質  
卵胞刺激ホルモン 下垂体前葉 卵胞  
黄体形成ホルモン 下垂体前葉 黄体  
間細胞刺激ホルモン 下垂体前葉 精巣の間細胞  
甲状腺刺激ホルモン 下垂体前葉 甲状腺  
オキシトシン 下垂体後葉 子宮平滑筋/乳腺 子宮収縮/射乳促進
バソプレシン 下垂体後葉 腎臓集合管 水の再吸
甲状腺ホルモン - トリヨードサイロニン 甲状腺   代謝亢進
甲状腺ホルモン - サイロキシン 甲状腺   代謝亢進
カルシトニン 甲状腺   Ca2+濃度低下
副甲状腺ホルモン 甲状腺 /腎臓 破骨細胞活性化/腎細尿管Ca2+取り込み↑/腎ビタミンD活性化/血清Ca2+↑
心房性ナトリウム利尿ペプチド 心臓   Na利尿
脳ナトリウム利尿ペプチド 心臓   Na利尿
Cタイプナトリウム利尿ペプチド     Na利尿
エンドセリン 血管   血管収縮
アンジオテンシンII 血管   血管収縮
ガストリン 酸分泌
セレクチン 十二指腸    
インスリン様成長因子 肝臓    
アンジオテンシノジェン 肝臓   昇圧
コルチゾール 副腎皮質    
アルドステロン 副腎皮質    
デヒドロイソアンドロステロン 副腎皮質    
アドレナリン 副腎髄質   軽微な昇圧、血糖上昇
ノルアドレナリン 副腎髄質   昇圧(寄与は20%程度)、血糖上昇
インスリン 膵臓 - β細胞 全身 グルコース取り込み亢進
グルカゴン 膵臓 - α細胞 全身 糖新生
ソマトスタチン 膵臓 - δ細胞   ホルモン分泌抑制(インスリングルカゴンガストリン)
レニン 腎臓 - 傍糸球体細胞   昇圧(angiotensin Iを産生, 血管内皮アンジオテンシン転換酵素によりangiotensin IIに転換)
エリスロポエチン 腎臓 造血器官 赤血球産生刺激
エストロゲン 卵巣    
プロゲステロン 卵巣    
インヒビン 卵巣    
テストステロン 精巣    
インヒビン 精巣    
レプチン 脂肪    
アディポネクチン 脂肪    



P」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 16th letter of the Roman alphabet」
p

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「parking」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「phosphorusの化学記号」

Es」

  [★] アインスタイニウム

einsteinium

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「einsteiniumの化学記号」

Ping」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a river in western Thailand; a major tributary of the Chao Phraya」
Ping River


e」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the base of the natural system of logarithms; approximately equal to 2.718282...」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡