Eロゼット形成細胞

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 選択的IgM欠損症10例における細胞レベルの病態解析
  • 井上 孝利,石橋 大海,工藤 二郎,白浜 正文,仁保 喜之,大久保 英雄
  • 日本臨床免疫学会会誌 11(3), 236-243, 1988
  • … 10例の選択的IgM欠損症について,リンパ球表面の免疫グロブリン, Eロゼット形成細胞数,モノクローナル抗体による表面マーカーの検索と合わせて, in vitroにおける免疫グロブリン産生能を検索した,血清IgM濃度は全例25mg/dl以下であり,他の免疫グロブリン濃度は正常範囲であった.基礎疾患としては,これらの患者は呼吸器または尿路感染症を発症しており, 3例に全身性エリテマトーデス(SLE), 1例に慢性関節リウマチ(RA)がみら …
  • NAID 130000850820
  • 選択的IgA単独欠損症と全身性エリテマトーデスが合併した1例
  • 石山 泰二郎,阿部 総太郎,堀江 誠一,菅谷 直樹,若林 芳久,廣瀬 俊一
  • 日本臨床免疫学会会誌 9(3), 224-229, 1986
  • … ,白血球減少, LE細胞,抗核抗体高値よりSLEと診断した.患者IgAは, 9mg/dlでありプレドニンによる治療にても不変であった.一方患者IgG・IgMは増加していて治療に反応して低下した.患者末梢血リンパ球のうちEロゼット形成細胞は, 79%であった.また, Eロゼット非形成細胞のうちIgA保有細胞は, 20%存在していた.正常人と患者末梢血リンパ球をPWMを使用して, IgA産生能を測定したところ,患者では,正常人IgA産生の約1/4であった.正常人 …
  • NAID 130000848308

関連リンク

E-ロゼット形成 1.E-ロゼットの形成方法 T細胞や、NK細胞は、羊の赤血球(E)を、細胞表面に結合させ、E-ロゼット(E-rosette)を形成する。羊の赤血球(E)は、SRBC(sheep red blood cells)とも、略された。 E-ロゼットを ...
【ベストアンサー】E-ロゼット形成試験は、私は、昔、かなりの検体を扱いました。 E-ロゼット(E-rosette)は、ヒツジの赤血球(E)が、リンパ球の細胞表面に結合するか調べます。 E-ロゼットを ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事ロゼット」「形成」「Es」「E」「e

ロゼット」

  [★]

rosette
rosetta
花冠菊座神経膠ロゼット glial rosette
花紋板ロゼット形成細胞
  • 細胞が花弁のように放射状に配列した状態を指す


形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


Es」

  [★] アインスタイニウム

einsteinium

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「einsteiniumの化学記号」


E」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 5th letter of the Roman alphabet」
e


e」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the base of the natural system of logarithms; approximately equal to 2.718282...」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡