DNAジャイレース

出典: meddic

DNA gyrase
DNAトポイソメラーゼII型DNAトポイソメラーゼ

  • II型DNAトポイソメラーゼに分類される。
  • 原核生物が有する。
  • ATPの水解によるエネルギーを用いて、DNA二本鎖を両方切って、負のスーパーコイルを導入する働きを有する。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/22 20:20:08」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 新規キノロン系抗菌薬シタフロキサシンの薬理学的特性と臨床効果
  • 神田 裕子
  • 日本薬理学雑誌 133(1), 43-51, 2009-01-01
  • シタフロキサシン(STFX:グレースビット®錠50 mg,細粒10%)は,第一三共株式会社において創製され,2008年6月に発売されたキノリン骨格の1位にフルオロシクロプロピル基を,7位にスピロ型アミノピロリジン基を有するキノロン系抗菌薬である.本剤は,既存のキノロン系抗菌薬耐性菌を含むグラム陽性菌ならびにグラム陰性菌,さらにはマイコプラズマおよびクラミジアなどの非定型菌に対して,既存キ …
  • NAID 10024021319
  • スギナの葉緑体核様体に及ぼすシプロフロキサシンの影響
  • 泉 好弘,富松 美樹,イズミ ヨシヒロ,トミマツ ミキ,Izumi Yoshihiro,Tomimatsu Miki
  • 大分大学教育福祉科学部研究紀要 30(1), 21-27, 2008-04
  • 紅藻類や緑色植物の葉緑体は藍藻類が共生したものであるということは、一般に広く知られている。DNAの構造変化を触媒するDNAジャイレースは、原核生物のDNA複製に、重要な役割を果たしている。我々は、原核生物のDNAジャイレース活性を阻害する抗生物質がスギナの葉緑体核様体に及ぼす影響を明らかにするため、抗生物質で処理された前葉体の葉緑体核様体の数を測定した。抗生物質で処理されていない前葉体では、小さな …
  • NAID 120001698464

関連リンク

DNAジャイレース (DNA gyrase)、もしくは単にジャイレース、あるいはDNAギラーゼとは細菌が持つDNAトポイソメラーゼII型の1種である (EC 5.99.1.3) [1] 。 II型なのでDNAの二本鎖を両鎖の切断することにより鎖を回転させねじれをとる働きを ...
DNAジャイレース (DNA gyrase)、もしくは単に ジャイレース 、あるいは DNAギラーゼ とは細菌が持つDNAトポイソメラーゼII型の1種である (注1)。 II型なのでDNAの二本鎖を両鎖の切断することにより鎖を回転させねじれをとる働きをする ...
Ⅱ型トポイソメラーゼは二本鎖を切断し、再結合させる。なお、Ⅱ型トポイソメラーゼはDNAジャイレースとも呼ばれている。ちなみに、キノロン系抗生物質はこのDNAジャイレースをターゲットとしている。 この働きによってトポイソメラーゼ ...

関連画像

千鳥先生『DNAヘリカーゼ、ポリ 役に立つ薬の情報~専門薬学  DNAジャイレース とクラビット(レボフロキサシン DNA gyrase - DNAジャイレース DNA gyrase - DNAジャイレース


★リンクテーブル★
先読みII型DNAトポイソメラーゼ」「DNAトポイソメラーゼ
リンク元キノロン系抗菌薬
関連記事D」「DNA」「レース」「ジャイレース

II型DNAトポイソメラーゼ」

  [★]

type II DNA topoisomerase
DNAトポイソメラーゼIIトポイソメラーゼII


DNAトポイソメラーゼ」

  [★]

DNA topoisomerase
トポイソメラーゼ



キノロン系抗菌薬」

  [★]

quinolone antibacterial agent, quinolone
ピリドンカルボン酸系抗菌薬 pyridone carboxylic acid anti-microbials pyridone carboxylic acid antibacterial agent
抗菌薬ニューキノロン

キノロン系抗菌薬

概念

  • クロロキンを改良してつくられた抗菌薬をキノロン系抗菌薬と呼ぶ。
  • 超らせん構造の維持に関わる酵素とDNAの複合体を安定化し、DNA鎖を切断したままにしておくことにより、生存・細胞分裂を障害する。
  • キノロン系抗菌薬にフッ素を導入して改良した抗菌薬がニューキノロン系抗菌薬である。
  • ニューキノロン系抗菌薬はグラム陰性菌とグラム陽性菌に対して強い抗菌力を有する。

作用機序

副作用

  • 消化器症状:(5-10%)
  • 発疹:(1-2%)
  • 中枢神経症状:(5%)頭痛・浮動性眩暈
  • 軟骨毒性:幼弱な動物で軟骨に異常をきたす → 18歳未満は注意。妊婦には使用しない。 (ABM.106)
  • 日光過敏症
  • 低血糖

適応

第一選択となる適応(IRE.158)




D」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 4th letter of the Roman alphabet」
d

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「deuteriumの化学記号」


DNA」

  [★]

deoxyribonucleic acid
デオキシリボ核酸
リボ核酸 RNA


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸」


レース」

  [★]

race
競走人種品種民族


ジャイレース」

  [★]

gyrase
ギラーゼ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡