CIN

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/04/23 10:59:18」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Comparison of bioactive phytochemical content and release of isothiocyanates in selected brassica sprouts.
  • De Nicola GR, Bagatta M, Pagnotta E, Angelino D, Gennari L, Ninfali P, Rollin P, Iori R.SourceConsiglio per la Ricerca e la sperimentazione in Agricoltura, Centro di Ricerca per le Colture Industriali (CRA-CIN), Via di Corticella, 133, 40128 Bologna, Italy. Electronic address: gina.denicola@cracin.it.
  • Food chemistry.Food Chem.2013 Nov 1;141(1):297-303. doi: 10.1016/j.foodchem.2013.02.102. Epub 2013 Mar 7.
  • The consumption of brassica sprouts as raw vegetables provides a fair amount of glucosinolates (GLs) and active plant myrosinase, which enables the breakdown of GLs into health-promoting isothiocyanates (ITCs). This study reports the determination of the main constituents related to human health fou
  • PMID 23768361
  • Tetraspanin 1 promotes invasiveness of cervical cancer cells.
  • Hölters S, Anacker J, Jansen L, Beer-Grondke K, Dürst M, Rubio I.SourceDepartment of Gynecology and Obstretrics, Jena University Hospital, Jena, Germany.
  • International journal of oncology.Int J Oncol.2013 Aug;43(2):503-12. doi: 10.3892/ijo.2013.1980. Epub 2013 Jun 10.
  • Tetraspanins are a heterogeneous group of 4-transmembrane proteins that segregate into so-called tetraspanin-enriched microdomains (TEMs) along with other cell surface proteins such as integrins. TEMs of various types are reportedly involved in the regulation of cell growth, migration and invasion o
  • PMID 23754316
  • Association of Cervical Biopsy with HIV Type 1 Genital Shedding Among Women on Highly Active Antiretroviral Therapy.
  • Woo VG, Liegler T, Cohen CR, Sawaya GF, Smith-McCune K, Bukusi EA, Huchko MJ.Source1 Department of Obstetrics, Gynecology and Reproductive Sciences, University of California , San Francisco, San Francisco, California.
  • AIDS research and human retroviruses.AIDS Res Hum Retroviruses.2013 Jul;29(7):1000-5. doi: 10.1089/AID.2012.0341. Epub 2013 May 15.
  • Abstract HIV-1 genital shedding is associated with increased HIV-1 transmission risk. Inflammation and ulceration are associated with increased shedding, while highly active antiretroviral therapy (HAART) has been shown to have a protective effect. We sought to examine the impact of cervical biopsie
  • PMID 23594240

和文文献

  • 当院におけるCIN1およびCIN2症例のHPVジェノタイプ判定検査結果
  • 市川 さおり,杉山 晶子,須藤 円 [他]
  • 山形県立病院医学雑誌 48(2), 91-95, 2014-07
  • NAID 40020236783
  • 症例報告 当院における子宮頸部異形成に対するレーザー円錐切除症例の検討
  • 飯野 孝一,井上 丈彦,北見 尚之 [他]
  • 東京産科婦人科学会会誌 63(3), 546-549, 2014-07
  • NAID 40020186380
  • 子宮頸部上皮内腫瘍(CIN)に対する治療はどう変わったか? (特集 手術機器と材料のupdate)
  • 坂本 優,黒田 高史,森本 恵爾 [他]
  • 産婦人科の実際 63(6), 833-841, 2014-06
  • NAID 40020129816

関連リンク

株式会社 CIN GROUPは日本、そして世界の経済発展に貢献するために日本を代表する一流のグローバル企業をつくることを経営理念に掲げ、WEB事業や求人広告事業、リラクゼーション事業、まつげエクステ事業など多岐に渡って事業展開 ...
全国商工会議所名簿

関連画像

cin-cinCin CinCIN&CIN_cherryv2Flat.jpgcín ( stannum ), Sn, 50Cin resmicin


★リンクテーブル★
先読みchronic tubulointerstitial nephritis
国試過去問102I041
リンク元子宮頚癌」「慢性間質性腎炎」「イヌリンクリアランス」「cervical intraepithelial neoplasia」「子宮頚部上皮内腫瘍
拡張検索CIN分類」「ERYTHROCIN LACTOBIONATE-l.V
関連記事C」「CI

chronic tubulointerstitial nephritis」

  [★] 慢性尿細管間質性腎炎


102I041」

  [★]

  • 27歳の女性。1回経妊、未経産。子宮頸癌検診での細胞診の結果がクラスIIIbのため来院した。特に症状はなく、既往歴にも特記すべきことはない。喫煙は15本/日を5年間。母が子宮頸癌で、58歳時に手術を受けている。内診所見では膣鏡診で異常なく、双合診で子宮は鶏卵大に触れ、両側付属器は触知しない。直腸診で両側の子宮傍組織に抵抗を触れない。コルボスコピー所見を以下に示す。
  • 最も考えられる子宮頸部疾患はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 102I040]←[国試_102]→[102I042

子宮頚癌」

  [★]

cervical cancer, cancer of the cervix, cancer of the uterine cervix, uterine cervical cancer, endocervical carcinoma
carcinoma colli uteri
子宮頸癌
子宮頚部子宮腫瘍


概念

  • 子宮頚部に発生した癌

疫学

  • 95%扁平上皮癌、5%腺癌。腺癌の割合は年々増えてきている。
  • 腺癌は若年者で多く、高分化型腺癌である。原因は不明
  • 子宮頚癌:子宮体癌=90:10 ← とにかく子宮頚癌が多い
  • 50歳前後

病因

HPV遺伝子型の16,18型で7割を占める。他のハイリスク型は31,33,35,45,52,58である。
  • 感染者の90%が治癒するが、10%は持続感染する。
  • 持続感染者の一部が5-10年を経て異形成から子宮頚癌に進展する。

病理

扁平上皮癌

腺癌

  • 腺上皮類似の細胞より構成され、腺管形成傾向を示す。表層では乳頭状に、深部では腺管形成を示して増殖する。粘液を産生している細胞が認められる。
  • 腺癌は手術で根治治療できない場合、放射線や化学療法が奏効しづらく予後不良である。

リスクファクター

  • 発展途上国在住、活発な性行動、低所得階級、多産婦、喫煙、ピル、ステロイド、HIV、眼瞼親身受診、他のSTD

症状

  • 初期:上皮内癌(臨床進行期では0期)および微小浸潤癌(Ia期)のほとんどが無症状(⇔子宮体癌では不正出血) ← 検診が重要となる 
  • 浸潤癌:不正性器出血、接触出血あるいは帯下など
  • 周辺臓器浸潤:骨盤痛、血尿、下血

検査

細胞診

  • スクリーニング検査として行われる
ベセスダシステム 推定病変 用語説明 日母分類
NILM 非腫瘍性病変, 炎症 陰性 I/II
ASC-US 軽度扁平上皮内病変(LSIL)疑い 意義不明異型扁平上皮 II/IIIa
ASC-H 高度扁平上皮内病変(HSIL)疑い 高度病変を除外できない異型扁平上皮 III/IIIb
LSIL HPV感染, 軽度異形成 軽度扁平上皮内病変 IIIa
HSIL 中等度異形成, 高度異形成, 上皮内癌 高度扁平上皮内病変 IIIa, IIIb, IV
SCC 扁平上皮癌(微小浸潤含む) 扁平上皮癌 V
AGC 腺異形成, 腺系病変疑い 異型腺細胞 III
AIS 上皮内腺癌 上皮内腺癌 IV
adenocarcinoma 腺癌 腺癌 V
other その他のがん その他の悪性腫瘍 V

HPV検査

  • スクリーニング検査押して行われる
  • 癌または前癌病変の発見率95%。細胞診と組み合わせると発見率は100%。

コルポ診

  • コルポスコープと呼ばれる拡大鏡を用いて子宮頚部粘膜表面を拡大し、観察。
  • 3-5%の酢酸を子宮頚部に接触させ、それによる変化も所見とする。

画像検査

  • MRI
  • T2:淡い高信号(中~高信号)。子宮頚部間質は低信号。このコントラスト差を利用して浸潤の程度を把握する。水平断ではstromal ring(子宮内腔を取り囲む低信号)の消失がみられる
  • T1Gd造影:腫瘍は低信号となる。周囲組織浸潤を見積もるために使用される


臨床進行期

  • 治療前に決定される

出典不明

子宮頸癌 0期(上皮内癌) 上皮内癌 ・円錐切除(挙児希望)
・円錐切除or単純子宮全摘術(挙児希望なし)
I期
子宮頚部に限局
Ia期
微小浸潤癌
Ia1期 (微小浸潤癌)
病理組織
間質浸潤
深さ3mm以内
幅7mmを超えない
・円錐切除(挙児希望)
単純子宮全摘術(挙児希望なし)
Ia2期 (微小浸潤癌)
病理組織
間質浸潤
深さ3-5mm以内
幅7mmを超えない
・(準)広汎子宮全摘術+骨盤リンパ節郭清術
広汎子宮全摘術
Ib期 Ib1期 4cm以下 広汎子宮全摘術
Ib2期 4cmを超える 広汎子宮全摘術
・放射線療法
・同時科学放射線療法
II期
頸部を超えて進展かつ
骨盤壁or膣壁下1/3に達しない
IIa期 膣壁浸潤のみ 広汎子宮全摘術
・放射線療法
・同時科学放射線療法
IIb期 子宮傍組織浸潤のみ 広汎子宮全摘術
・放射線療法
・同時科学放射線療法
III期
骨盤壁に達するor
膣壁浸潤下1/3
IIIa期 膣壁浸潤下1/3 ・放射線療法
・同時科学放射線療法
IIIb期 骨盤壁に達する ・放射線療法
・同時科学放射線療法
IV期
膀胱,直腸の粘膜へ浸潤or
小骨盤を超えて進展
IVa期 膀胱,直腸の粘膜へ浸潤 ・放射線療法
・同時科学放射線療法
IVb期 小骨盤を超えて進展 ・放射線療法
・化学療法

妊娠と治療

  • 0期(CIN), Ia期:分娩まで経過観察し、分娩後治療(円錐切除もしくは単純子宮全摘術)
  • Ib期:原則的に広汎子宮全摘出術  ←  妊娠継続は母体へのリスクが大きすぎるため(周辺臓器浸潤、転移など?)。

診断

  • 診察+検査で診断する。
  • 視診、内診、直腸診、細胞診、コルポスコピー、組織診、尿路系検査、単純X線撮影、超音波検査、CT、MRI、腫瘍マーカー、リンパ管造影、ガリウムシンチグラム。
  • 新臨床進行期分類(日産婦1997, FIGO 1994)(参考4)により治療前に病期を決定する。決定の根拠とできる診察&検査は以下の通りである。触診、視診、コルポスコピー、診査切除、頸管内掻爬、子宮鏡、膀胱鏡、直腸鏡、排泄性尿路造影、肺及び骨のX線検査。なお、子宮頸部円錐切除術は臨床検査とみなす。

治療

手術療法

化学療法

放射線療法

  • 適応:(1)腫瘍切除後に顕微鏡的に癌の残存が疑われる、(2)リンパ節転移あり、(3)骨盤近くまで浸潤、(4)脈管内浸潤有り、(5)膣摘出不十分 (NGY.223)
QB Q-288
  • 外部照射:(Ib1?~II)広汎子宮全摘術後に膣断端陰性
  • 外部照射+腔内照射(遠隔操作式後装填法 RALS):(Ib1?~II)広汎子宮全摘術後に膣断端陰性、あるいはIII,IV期
ガイドライン2
進行期 外部照射(Gy) 腔内照射(Gy/
回,A点線量)
全骨盤 中央遮蔽
0 45~50 '29/5
0 45~50 '29/5
20 30 '23/4
小~中 20~30 20~30 '23/4
30~40 20~25 '15/3~20/4
ⅣA 30~50 10~20 '15/3~20/4
総照射線量は進行期によって変わる。ガイドライン2によれば、外部照射は45-70Gyまでありうる。施設ごとに放射線治療のプロトコールは異なる。例えば、参考7を参照すると、外部照射は最大54Gyである。

合併症

ガイドライン2
  • 急性期:悪心(放射線宿酔)、下痢、膀胱炎、皮膚炎(特に下方へ延長した照射野を設定した場合の会陰部)、白血球減少症
  • 晩発性(grade3以上の頻度):直腸炎(出血)(5?10%)、膀胱炎(出血)(5%以下)、小腸障害(腸閉塞)(5%以下)皮下組織繊維化・浮腫(下腹部)、腟粘膜の癒着・潰瘍、膀胱腟瘻、直腸腟瘻、骨折、下肢浮腫

予後

参考3
病期 症例数 5年相対生存率
I期 1137 92.1%
II期 447 69.8%
III期 428 48.9%
IV期 151 17.2%

ガイドライン

  • 1. 子宮頸癌治療ガイドライン2007年版:
[display]http://www.jsgo.gr.jp/guideline/keigan.html
  • 2. 放射線治療計画ガイドライン・2008 - 日本放射線専門医会・医会,日本放射線腫瘍学会,日本医学放射線学会編集
[display]http://www.kkr-smc.com/rad/guideline/2008

参考

  • 1. 癌ブロジェクト
[display]http://www.gan-pro.com/public/cancer/cervical.html
  • 3. がん情報サービス
[display]http://ganjoho.jp/public/cancer/data/cervix_uteri.html
  • 4. 臨床進行期分類(日産婦1997年、FIGO1994年)
http://plaza.umin.ac.jp/~jsog-go/CC/CC_youkou_main9.htm
  • 5. ベセスダシステム
http://www.kawasaki-m.ac.jp/pathology2/pdf/Bethesda-moriya.pdf
  • 6. [charged] Invasive cervical adenocarcinoma - uptodate [1]
  • 7. 子宮頸癌の進行期別線量配分
[display]http://web.sapmed.ac.jp/radiol/uterus.html

国試

  • 105E059:治療。放射線治療を行う際、貧血を改善しないと効果が低下するから輸血すべし、らしい。
  • 102I041:コルポスコピー所見で高度の白色上皮を呈する子宮頚部癌上皮内腫瘍(CIN)。細胞診ではクラスIIIb


慢性間質性腎炎」

  [★]

chronic interstitial nephritis, CIN
慢性尿細管間質性腎炎 chronic tubulointerstitial nephritis
間質性腎炎
  • 腎・泌尿器 081208I

原因

  • hereditary renal diseases
  • exogenous toxins
  • metabolic toxins
  • autoimmune disorders
  • neoplastic disorders
  • miscellaneous disorders



イヌリンクリアランス」

  [★]

inulin clearance CIN
糸球体濾過値クレアチニンクリアランスクリアランスイヌリン



cervical intraepithelial neoplasia」

  [★] 子宮頚部上皮内腫瘍

CIN
CIN
CIN
CIN


子宮頚部上皮内腫瘍」

  [★]

cervical intraepithelial neoplasia, CIN
CIN
CIN


CIN分類」

  [★]

cervical intraepithelial neoplasia classification


ERYTHROCIN LACTOBIONATE-l.V」

  [★]

erythro- mycin lactobionate


C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」


CI」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Channel Islands」


"http://meddic.jp/CIN" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3