105D040

出典: meddic

  • 52歳の男性。労作時の息切れを主訴に来院した。1か月前に歯科治療を受け、数日後に全身倦怠感と発熱とが出現した。その後、労作時の息切れが出現し、徐々に増悪したため来院した。既往歴に特記すべきことはない。意識は清明。体温38.5℃。脈拍104/分、整。血圧140/82mmHg。心尖部で3/6度の全収縮期雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。神経学的に異常を認めない。血液培養検査にてグラム陽性球菌が検出された。抗菌薬静注を開始したが、炎症所見の改善はみられなかった。心エコー図(別冊No.14)を別に示す。
  • この病態で出現すると考えにくいのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 105D039]←[国試_105]→[105D041

"http://meddic.jp/105D040" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡