103A026

出典: meddic

  • 30歳の女性。不妊と月経異常とを主訴に来院した。初経は13歳で、月経周期は60~90日と不順であった。身長158cm、体重70kg。両下肢に多毛を認める。基礎体温は低温一相性。子宮卵管造影と夫の精液検査とに異常を認めない。左右卵巣の経腟超音波写真を以下に示す。
  • 正しいのはどれか。2つ選べ。
  • a. 高FSH血症である。
  • b. 男性化徴候を認める。
  • c. クロミフェンは無効である。
  • d. 卵巣楔状切除術が第一選択である。
  • e. ゴナドトロピンで卵巣過剰刺激症候群を起こしやすい。



[正答]
※国試ナビ4※ 103A025]←[国試_103]→[103A027

"http://meddic.jp/103A026" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡