102C024

出典: meddic

  • 28歳の女性。hMG-hCG療法による体外受精・胚移植施行後7日目に、著明な腹部膨満と腹痛とを主訴に来院した。身長160cm、体重56kg。体温36.6℃。脈拍88/分、整。血圧90/48mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部超音波検査で大量の腹水貯留と長径10cmに達する両側卵巣腫瘤とを認める。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。尿量:10ml/時。血液所見:赤血球590万、Hb16.9g/dl、Ht55%、白血球13,000、血小板34万。血液生化学所見:総蛋白5.1g/dl、アルブミン2.7g/dl、尿素窒素23.0mg/dl、クレアチニン1.3mg/dl、Na139mEq/l、K4.8mEq/l、Cl 109mEq/l。対応として適切なのはどれか。
  • a. 輸血
  • b. 経過観察
  • c. 電解質輸液
  • d. 昇圧薬投与
  • e. 高浸透圧利尿薬投与
[正答]


※国試ナビ4※ 102C023]←[国試_102]→[102C025

"http://meddic.jp/102C024" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡