102C016

出典: meddic

  • 36歳の初産婦。前置胎盤と診断され帝王切開分娩のため妊娠37週で入院した。インフォームドコンセントを得る際に、宗教上の理由から血液製剤の使用を拒否した。手術は、児の娩出までは順調に進行したが、子宮収縮が不良で出血量2,500mlを超えた。輸液を施行しているが脈拍132/分、整、血圧80/40mmHgであり、このままでは生命に危険が及ぶと判断した。意識は清明。対応として適切なのはどれか。
  • a. 血小板を投与する。
  • b. 新鮮凍結血菜を投与する。
  • c. 夫に通告して輸血を施行する。
  • d. 生命の危険があることを本人に伝える。
  • e. 本人にわからないように輸血を施行する。
[正答]


※国試ナビ4※ 102C015]←[国試_102]→[102C017

"http://meddic.jp/102C016" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡