101D030

出典: meddic

  • 72歳の男性。3日前からの発熱湿性咳嗽とを主訴に来院した。10年前から高血圧と糖尿病とで内服治療中である。体温38.5℃。呼吸数24/分。右下肺野にcoarse cracklesを認める。喀痰は膿性で、Gram染色によりグラム陽性双球菌を認める。
  • 入院後の対応として必要なのはどれか。
  • a. 病室専用のスリッパに履き替える。
  • b. 診察する際にガウンを着用する。
  • c. 病室ではN95マスクを着用する。
  • d. 患者と接触する前後に手を洗う。
  • e. 陰圧個室に入院させる。
[正答]


※国試ナビ4※ 101D029]←[国試_101]→[101D031

"http://meddic.jp/101D030" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡