099H002

出典: meddic

  • 32歳の女性。0経妊0経産、妊娠28週の妊婦健康診査まで異常は認めなかった。妊娠30週の妊婦健康診査で血圧150/100mmHg。尿蛋白1+。下肢の浮腫1+であった。入院して、安静と食事療法とを行ったが、症状は改善しなかった。妊娠34週に血圧180/120mmHg。尿蛋白2+。下肢の浮腫2+となった。また、2~3分間隔の子宮収縮を自覚した。この時の内診所見では、先進部は後頭部で子宮ロは2cm開大、位置後方で、頸管は硬、展退30%、SP-2であった。超音波断層検査で児の推定体重は1,400gであった。
  • この時点での胎児心拍数陣痛図を以下に示す。


  • a. 高血圧は軽症に分類される。
  • b. 子宮頸管は熟化している。
  • c. 胎児発育は週数相当である。
  • d. 児頭が圧迫されている。
  • e. 急遂分娩が必要である。



[正答]
※国試ナビ4※ 099H001]←[国試_099]→[099H003

"http://meddic.jp/099H002" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡