099C002

出典: meddic

  • 28歳の男性。歩行障害を主訴に来院した。兄も歩行障害があり、脊髄小脳変性症と診断されている。自分の症状がよく似ており、その病気ではないかと心配している。診察で、小脳性運動失調が認められ、遺伝性小脳変性症と診断された。
  • 医師の対応として適切なのはどれか。


  • a. 遺伝子診断を受けるように強く勧める。
  • b. 疾患について患者が理解するまでよく説明する。
  • c. 職場の上司に診断名を知らせる。
  • d. 看護師ソーシャルワーカーの支援を求めない。
  • e. 同意を得ずに家系調査を行う。
[正答]


※国試ナビ4※ 099C001]←[国試_099]→[099C003

"http://meddic.jp/099C002" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡