098D045

出典: meddic

  • 6歳の男児。腫脹と左大腿部の運動痛とを主訴に、母親に連れられて来院した。
  • 3日前に母親が跛行に気付き聞いたところ、1か月前から運動をしたとき左大腿部に軽い痛みがあったとのことである。既往歴に特記することはない。左股関節の可動域制限と軽度の腫脹とがある。血液検査所見に異常はない。両股関節エックス線単純写真を以下に示す。
  • この疾患で正しいのはどれか。2つ選べ。
  • a. 両側発症が多い。
  • b. 発症頻度に性差はない。
  • c. 装具療法が有効である。
  • d. 軟骨代謝異常を伴う。
  • e. 年少児の方が年長児より予後が良い。



[正答]
※国試ナビ4※ 098D044]←[国試_098]→[098D046

"http://meddic.jp/098D045" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡